日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「江田憲司 代表」に関する記事

「党のカネ」を私物化疑惑も/(C)日刊ゲンダイ

疑惑噴出前から囁かれた みんな渡辺代表の「怪しい金遣い」

■党運営費は「ブラックボックス」 結いの党の江田憲司代表は昨年8月にみんなの党の幹事長を更迭された際、「年間17億円にも上る政党助成金、さらには2億円を超える立法事務費の運用をブラックボックス化し、私を含む役員や所属議員がチェックできない状況」と会見で怒りをブチまけていた。 同じ頃、永田町では「渡辺喜美 立法事務費、公金の私物化」と題する怪文書が出回った。 「真偽…

小林節氏

安倍政権は倒せる!

野党は人材不足という判断は間違っている

加えて、維新の党の江田憲司前代表は、自民党内閣の首相秘書官(キャリア官僚)から政界に転じながらも自民党と一線を画してきた、筋金入りの論客である。さらに、社民党の福島瑞穂前党首(弁護士)も、自分(たち)の意見を分かりやすく他者(主権者国民)に伝える高い能力を持っている。 代表たちだけを寸評してもこれだけの人材があふれている野党が「人材不足」と揶揄されてしまうのは、単…

手を組めるのか/(C)日刊ゲンダイ

「みんな」は新代表、「維新」「結い」会談も 野党再編は障害だらけ

もうひとつは、日本維新の会の石原慎太郎共同代表と、結いの党の江田憲司代表の会談だ。両党は政策協議を進めている。合流までいくかは、初めて顔を合わせる2人の“相性”が重要だが、現状は統一会派も組めるか微妙なところだ。維新の若手議員がこう言う。 「結いとの統一会派は執行役員会で勝手に決めたことで、党内の8割は反対しています。あまりに政策が違いすぎるからです。これまでも、…

維新の党の江田代表(左)と橋下大阪市長

“大阪ショック”安倍官邸を直撃 それでもやるか改憲国民投票

維新の党の江田憲司氏も代表辞任を表明した。大阪の民意が国政レベルにまで衝撃を与えたわけだが、この顛末に真っ青なのが安倍官邸だろう。この先、悲願の憲法改正に向けた国民投票に打って出られるのか。やれるものなら、やってみろだ。 ■これが民主主義、住民投票の重み 都構想が否決されれば「政治家を辞める」と公言してきた橋下市長は、17日の敗戦会見でサバサバと「政治家は僕の人生か…

鈴木貴子、枝野幸男、浅尾慶一郎各議員/(C)日刊ゲンダイ

落としたら総崩れ 野党壊滅情報流れる「天王山7選挙区」

安倍首相も応援に入るので山本議員はかなり躍進しそうなのです」(地元関係者) ■安倍首相も応援演説にしゃかりき 8区は前回同様、維新の共同代表・江田憲司氏に自民の福田峰之氏が挑む。 「前回、自民は“江田氏にはかなわない”と最初から諦めていましたが、この1年ほど福田陣営がまめに地回りを続けている。自民が本腰を入れた証拠です」(関係者) 無党派層が多い選挙区だけにシラケ選…

お酒はほどほどに/(C)日刊ゲンダイ

“全員野球”には程遠い みんなの党・浅尾代表の「泣きどころ」

結いの党の江田憲司代表を、みんなの党の幹事長から追い落として除籍にまで持っていったのは、浅尾さんともいわれます。官僚のように粛々と根回しするタイプで、気づいた時には外堀どころか内堀まで埋まっている。会議が始まる時にはすでに結論が出ていて、浅尾さんが描いたストーリー通りに話が進んでしまうそうです」(みんなの党事情通) ■写真誌にでも撮られたら… 今回のお家騒動でも、「…

小沢一郎氏(左)と小林節氏

対談:小沢一郎×小林節 こうすれば安倍政権は倒せる!

そして維新の江田憲司さん(前代表)。橋本龍太郎首相の秘書官を務めたのに自民党と一線を画している。この頑固さと頭の良さは別格です。それから、社民党の福島瑞穂さん(前党首)もチームの中に置けば、表現力と訴える力が出ます。このドリームチームをいまの安倍内閣と比べてみて下さいと言うと、みんな納得するんです。 小沢 いまの野党には、政権を取って自分たちの政策を実行するんだ、と…

上西(左)は当選圏外/(C)日刊ゲンダイ

小選挙区1勝76敗 独り負け「橋下維新」大阪でも全滅危機

前職41人のうち、現時点で優勢なのは神奈川8区の江田憲司・共同代表だけ。2年前に東京15区を制した柿沢未途も、党国会議員団会長で熊本1区の松野頼久も、現時点では劣勢です。小選挙区は最悪1勝76敗と、大惨敗となりそうです」(野党選対関係者) 比例区の予測も前回40議席からガタ落ちで、25~30議席がやっと。東京では1議席しか確保できない可能性もある。維新の激減分が自民…

福島県相馬市で第一声を行う安倍首相/(C)日刊ゲンダイ

有権者は平気なのか 今のままでは「戦後最低の投票率」必至

同じ維新の党の江田憲司共同代表は、横浜で「政権の延命だけを狙った国民そっちのけ解散だ」と今回の解散を批判した。 ■世論調査で「大いに関心がある」は21% ズバリ、この選挙は歴史に刻まれるのではないか。考えられないくらいに投票率が低くなりそうだからだ。 その根拠の一つが朝日新聞の世論調査(11月末)だ。選挙への関心を問うたところ、「大いに関心がある」はたった21%だっ…

None

「江田新党」立ち上げ 雪崩打つ「維新」「民主」野党再編

みんなの党の江田憲司前幹事長が、ついに離党する。9日午後、離党届を提出し、記者会見を開く。 井出庸生衆院議員(比例北陸信越)らを含め、同調者が10人を超えるのは確実な情勢。寺田典城参院議員(比例)は9日午前、秋田県庁で会見し、離党の意向を表明。井坂信彦衆院議員(比例近畿)や小野次郎参院議員(比例)らも離党届を提出する。 江田の離党は遅すぎたぐらいだ。党運営を巡る渡辺…

維新と民主は“解党”への動きが表面化

野党再編の動き急加速も…反安倍「新党」結成に2つのネック

「新党」結成の動きが表面化したキッカケは、11日夜、民主党の細野豪志氏(44)と前原誠司氏(53)、さらに維新の党の江田憲司氏(59)が会談し、その場で「新党結成」で合意したことだ。 「会談は、江田さん、細野さん、前原さん、さらに、それぞれの側近議員も加わり、6人で行われたようです。メディアが会合を事前に知っていたのは、デモンストレーションの意味もあって、意図的に…

厳しい戦いを強いられる渡辺喜美、平沼赳夫、亀井静香3議員/(C)日刊ゲンダイ

自民300議席の異常 2閣僚ピンチ「大物落選危機リスト」

野党全体を弱体化させるために、小沢一郎、江田憲司、亀井静香といった力のある野党議員もターゲットにしています」(政界関係者) このまま安倍首相の思惑通りに進ませていいのか。…

None

猜疑心に憑りつかれ…みんなの党渡辺代表の「スパイ大作戦」

8日の会見で、江田憲司前幹事長に近い井坂信彦衆院議員を事情聴取したと明らかにした。7日に浅尾慶一郎幹事長を通じて実施。「新党設立の準備をしているという情報に接した」と説明している。 江田を更迭し、柿沢未途衆院議員を離党させたかと思えば、今度は所属議員の聴取だ。こんなことをやっていれば、人心が離れていくのは当たり前だ。裸の王様になってしまう。 それでも渡辺は“強権政治…

橋下最高顧問(左)と松野代表

「安保」採決めぐり二転三転…「維新の党」3つに割れて迷走中

「松野代表、柿沢幹事長、江田憲司といった主流派は、最後まで自民党と対決し、採決も拒否する方針です。ところが、安保特別委の理事として自民党と交渉している下地幹郎さんは、自民党に全面協力する構えです。下地さんは菅官房長官とツーカー。自民党出身の下地さんは、自民党に戻りたいのでしょう。だから、どんどん自民党寄りで話を進めている。さらに、党内を混乱させているのが、馬場国対…

None

内紛激化 みんなの党江田前幹事長に離党勧告!?

渡辺喜美代表に対して、江田憲司前幹事長が「党改革」や「党運営の見直し」を求め糾弾してきたのだが、この内紛のせいでみんなの党の支持率はドン底まで落ち込んでいる。そのため、いよいよ我慢しきれなくなった中間派の地方議員や支持者から、今月に入り、冒頭のような趣旨の意見書が党に対して次々に出された。意見書には、「党改革」などと言いながら、実は江田氏が裏で謀略を企てて動いていた…

カンウォンランドには質屋とマッサージ店が並ぶ

日本もこうなる カジノ現場報告

韓国の失敗例から得られる教訓

来夏の横浜市長選も、民進党の江田憲司代表代行が「横浜を守る」と反対候補擁立に意欲的。「菅官房長官支援の推進派現職・林文子市長VS反対派候補」という構図になりそうだ。 韓国の失敗例に学ぶのか否か――。住民が問われることになる。…

反省ゼロ (C)日刊ゲンダイ

やっぱりアウト 嘘重ねる西川前農相には「証人喚問」しかない

民主党は予算委への参考人招致を検討しているが、維新の党の江田憲司代表は「政倫審などの場に出席させることも必要だ」と追及を強めている。身内の石破地方創生担当相からも「政治とカネを審議するために政倫審ができた。与党の立場としても、そういう議論はしてほしい」という声が上がり始めた。 政治評論家の山口朝雄氏はこう言う。 「西川前農相が抱える数々の疑惑とウソを考えれば、大臣…

None

携帯いじる議員も…緊張感ゼロだった衆院「秘密保護法」採決

江田憲司が退席、井出庸生と林宙紀が法案に反対した。井出は修正協議の当事者だ。自分でまとめた修正案に反対するくらいなら、合意しなければよかったのだ。 他の野党も、本気で法案に反対するなら、ピケでも張ったらどうなのか。やれることは何でもやって、抗議の意を示すのが、国民の代表としての仕事なのに、おとなしいものだった。一般傍聴席から「恥を知れ」と怒鳴り声を上げた男性が警備員…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事