日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

板東英二特集

著者の板東英二氏

著者インタビュー

「板東英二の生前葬」板東英二氏

著書に「プロ野球 知らなきゃ損する」「天然 板東英二のゆでたまご伝説」など多数。…

健さんの素顔を語った板東英二/(C)日刊ゲンダイ

高倉健さん死去に板東英二「あの人は寡黙でもなんでもない」

高倉健の訃報を受け、板東英二(74)が報道陣の取材に応じた。「あ・うん」(89年)、「鉄道員(ぽっぽや)」(99年)などいくつもの映画で共演した2人は、プライベートでも親交が深く、手紙や中元をもらう仲。自宅が近所だったことから、高倉が夜に自らインターホンを押して贈り物を届けにくることも少なくなかったという。 板東が死を知ったのは、昼食を食べているときに偶然目をやった…

吉本入り効果/(C)日刊ゲンダイ

ライブ参加も…植毛ネタしか出てこない板東英二のトーク力

「カネもなくなってくるし仕事もないし、今までみたいに植毛できんやろうね」 舞台で淡々と話すのは、板東英二(74)。17日に神保町花月で開催された「ジャルジャルトークライブ~ジャルジャルくんVol9」にゲスト出演。所得隠し問題による活動自粛から約1年、今年1月に吉本興業に所属し、この日“芸人”として本格的に活動をスタートさせた。 後藤淳平(30)が「『おは朝』(板東と…

板東英二さん

オレのおふくろメシ

板東英二が少年時代の旧正月に食べた白味噌仕立ての雑煮

高校時代、徳島商業のエースとして全国に名を轟かせた板東英二さんは戦後、一家で中国から引き揚げてきた。少年時代はそれこそ、食うや食わず。著書「板東英二の生前葬」でも、「トウモロコシならいい方で、稗や粟とかを食べていた。一番嫌だったのがドングリの粉」と書いているが、本当にひもじかったようだ。有名なゆで卵好きも少年時代のそんな生活ゆえである。 両親と姉、兄の一家5人の正月…

同情を誘って…/(C)日刊ゲンダイ

謹慎したから仕事くれ…板東英二「お涙頂戴作戦」の吉凶

ここでちゃんといろんなことを書き残して、命絶ってもいいやと思いました」 13日放送の「お笑いワイドショー マルコポロリ!」(関西テレビ)にゲスト出演した板東英二(74)がこう言った。 12年12月に国税局から7500万円の申告漏れを指摘され、レギュラー全9本を降板して昨年2月に芸能活動を自粛。今年2月に本格復帰するまで1年間の謹慎生活の中では、自殺まで考えたことを告…

“失業中”は手話教室通い/(C)日刊ゲンダイ

「吉本」「東スポ映画大賞」…板東英二の次の狙いは「いいとも」

タモリやみのもんたが欠席し、ビデオレターが流される中、板東英二(73)は会場に駆けつけた。たけしに「植毛会見」に引っかけて「(副賞は)スーパーミリオンヘア1年分です」「お笑いの人は大変だ」などとイジられると、「一応、プロ……ピッチャーやっちゅうねん!」と“十八番”の野球ネタで応戦。「野球自体では表彰されたことが一度もありません。賞といえば、『日本放送演芸大賞』(8…

None

吉本入りの板東英二 復帰視野も“東京では出禁”状態の真相

吉本興業への所属が決まった板東英二(73)。一昨年末に発覚した悪質な所得隠し問題のミソギを終え、ようやく復帰の道筋が見えてきた。 先週には朝日放送(ABC)の社長が同局への番組出演にGOサイン。吉本をバックに関西から復活ののろしを上げるつもりのようだ。が、「以前のように東京のテレビ局で仕事をするのは相当に厳しい」というのは芸能プロ関係者だ。 「明石家さんまに泣きつい…

None

テレビマンと入籍 超売れっ子SHELLYが師と仰ぐのは板東英二

そんなSHELLYが師と仰いでいるのが板東英二(73)。先日、脱税問題による休業から吉本興業入りを決めたばかりのベテランタレントだ。かつて同じ事務所に所属しており、バラエティー番組に出ずっぱりだった板東から、トークについてアドバイスを受けたことがあるんだとか。 所得隠し問題で、すべての仕事を失った板東。今後は吉本芸人との“絡み”が予想されるが、SHELLYも心強い味…

None

板東英二の復帰は「0%」!? それでも老後は悠々自適

一昨年末、国税当局から約7500万円の申告漏れを指摘され、開店休業中のタレント・板東英二(73)の話。板東は昨年の謝罪会見で、約20年前から行っていた植毛費用が「カツラと同じで経費で落ちると思った」などと、“不毛”な釈明をしていた。 河内社長は板東から復帰の相談を持ちかけられていたことを明かしたうえで、「納得できる説明がないことには前進はない」とバッサリ。まあ、そ…

None

板東英二のバクロで話題 「植毛」の本当の値段

板東英二が謝罪会見で明かした頭髪をめぐる国税との「攻防」。ネットでは早速、“ヅラ疑惑”が指摘される芸能人や司会者の実名が挙げられ、「ヅラだから経費」「植毛だから実費」といった“場外論争”まで始まっている。 もっとも薄毛サラリーマンが気になるのは、板東が突然、カミングアウトした植毛のことだろう。 「現在は、後頭部や側頭部の自毛を皮膚ごと頭頂部に移植するケースと、コラー…

None

会見はメディアを制限…板東英二、涙の謝罪は“猿芝居”

<雲隠れ10カ月は「カミソリ後藤田」の教え?> 昨年12月に個人事務所が約7500万円の申告漏れを指摘され、芸能活動を休業していた板東英二(73)が10日、大阪市内のホテルで記者会見を開いた。「ごめんなさい」と頭を下げたが、脱税発覚から10カ月間にわたりマスコミの目を避け“雲隠れ”。「もっと早く謝罪できたのでは?」という報道陣の問いかけに対して、猿芝居を繰り広げた。…

「不器用」なイメージとはまるで逆な面も/(C)AP

“勝負”に負けてふくれ顔 板東英二が語る無邪気な高倉健さん

合掌…

吉田照美

斬り取り 報道・情報番組この1本

キレのある発言 「今夜は寝れ9!!」は吉田照美の独壇場

「1億総活躍社会、女性が輝く社会とか言ってますけどね」とMCの長谷川豊が吉田、板東英二や中島知子らに振ったところ、吉田の独壇場になってしまった。 「1億総火の玉みたいな雰囲気ですけどね。安保法制について、立憲主義から外れていると国民は感じた。(来年の参院選や次の総選挙では)立憲主義か非立憲主義かで判断しますよ。女性が活躍できるとかいっても、(安倍総理が)ヤジを飛ばし…

(C)AP

高倉健インタビュー秘録

主役を“食った”三木のり平演じる「屋台の客」

高倉健演じる主人公は戦友だった板東英二の妻、富司純子にひそかに心を寄せている。富司純子も、その気持ちをわかっているのだが、努めて知らないそぶりをする。 戦争が近づく社会情勢の中、昭和の庶民が懸命に生きる姿が描かれている映画だ。戦争前夜というと、殺風景なエピソードばかりが描かれることが多いけれど、この映画のいいところは戦前の庶民の豊かさやのんびりした雰囲気もちゃんと出…

師匠は板東英二/(C)日刊ゲンダイ

この人物のオモテとウラ

毒舌マツコが絶賛 SHELLYの“トーク術”裏付ける知性

あのトーク術は、同じ事務所の先輩だった板東英二から学んだそうで、『大師匠』なのだそうです」(スポーツ紙芸能デスク) 確かに、相手が中高年であっても、会話を弾ませ、とりこにしてしまうかも知れない。イケる口で、日本酒の利き酒師の資格を持っていたり、プロ野球にも詳しく、横浜DeNAベイスターズをひいきにしていたり、デートで庶民的な居酒屋を使っていたりして、おやじトークもお…

None

坂東英二をさんま後押し 復帰は吉本新喜劇で“植毛ギャグ”

板東英二(73)に一本の髪……もとい、一本の光が差し込んだ。吉本興業に所属することが決まったのだ。 12年12月、約5000万円の所得隠しを含む総額約7500万円の申告漏れが判明。出演する全番組を降板させられ、約1年間、無職状態が続いていた。昨年11月に謝罪会見を開き、「カツラは経費と聞いていた。(行っていた)植毛も経費で落ちると思っていた」などと釈明。「これでみそ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事