日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「武藤貴也 辞職」に関する記事

国民も「議員辞職」を望んでいる

今度は金銭トラブル…武藤貴也議員「スピード離党」の裏事情

反安保法案のデモ活動をしている「SEALDs」を「利己的」だとツイートし、大炎上した自民党の武藤貴也衆院議員(36)に、今度は金銭トラブルが発覚、19日、自ら離党届を提出した。「これ以上、党に迷惑を掛けるわけにはいかない」と殊勝な態度だったというが、実態は自民党によるクビ切りである。素早い“切り捨て”は、安倍官邸の焦りの裏返しだ。 未公開株に絡む金銭トラブルを報じた…

辞めさせたくても…

男性買春疑惑さらに判明も 武藤議員が辞職しない本当の理由

未公開株を巡る金銭トラブルに始まり、未成年男性の買春疑惑まで浮上した武藤貴也衆議院議員(36)。すでに報じられた未成年男性とは別に、さらに2人の男性を“買って”いたことが判明した。3日発売の「週刊文春」が報じている。 買春相手とのLINEでの生々しいやりとりや、権力をかさに着た不遜な態度が克明に描かれている。 この調子では、まだまだスキャンダルが出てきておかしくない…

国会にも姿を現さず雲隠れ

不倫ストーカー疑惑で自民離党 中川俊直議員に飛び交う噂

その間に中川の事務所から離党届が提出されたと聞いています」(清和会関係者) “ゲス不倫”で議員辞職した宮崎謙介前衆院議員も、未成年男性買春疑惑で離党した武藤貴也衆院議員も、一応は会見を開いたのに、この期に及んで逃げ回るとは情けない。こんな下劣な人間がよく国会議員になれたものだが、そこには“お家の事情”があったのだという。 中川氏の選挙区の広島4区は官房長官も務めた父…

武藤貴也議員

仕草で分かる本音と建前

「国会議員枠」という言葉に舌を出して唇をなめた武藤貴也議員

未公開株をめぐる金銭トラブルを報じられ、野党だけでなく、与党からも説明責任を果たせなければ辞職、という声が高まっていた武藤貴也衆院議員(36)。先週、自民党離党後、初めて公の場に姿を現し、釈明しました。その会見から、武藤議員の心の内を探ります。 週刊誌の記者を閉め出した会場で、こわばった表情の武藤議員は冒頭、謝罪し深々と頭を下げました。用意した文章を読み上げ、後輩の…

15日午前、登庁した舛添都知事

巻頭特集

ようやく辞表提出 “史上サイテー知事”が辞めた後を分析

例えば、“ゲス不倫”で議員辞職した宮崎謙介前衆院議員に、未成年男性買春疑惑が報じられた武藤貴也衆院議員。「巫女さんのくせに」と女性蔑視発言を放った大西英男衆院議員、JA関係者をぶん殴った山田俊男参院議員と、枚挙にいとまがない。 中でも究極のゲスは、“口利きワイロ”疑惑で揺れる甘利明前大臣だ。1月28日の辞任会見では、第三者委による調査を早期に報告すると約束したが、…

会見で頭を下げる宮崎議員

巻頭特集

ゲス議員の不倫より遥かに悪質 安倍政権の犯罪的情報隠し

自民党幹部は、宮崎議員が早期辞職したことで世論の批判は収まるだろう、と一安心しています」(自民党事情通) それにしても、ゲイの愛人を議員宿舎に連れ込んでいた武藤貴也議員といい、自民党にマトモな議員はいないのか。自民党議員は、全員ビョーキなのか。 ■これでは“口利き”はやりたい放題 しかし、呆れ返る話ではあるが、ゲス議員の不倫辞職は、しょせん、ゴミみたいな話だ。バカな…

甘利

巻頭特集

この国は法治国家か “眠る巨悪”甘利元大臣を放置する異常

ゲス不倫で辞職した宮崎謙介前衆院議員や、ホモ買春疑惑の武藤貴也衆院議員をはじめ、政務活動費をちょろまかした前兵庫県議の野々村竜太郎被告などのスキャンダルは大々的に報じるのに、甘利についてはなぜかダンマリだ。元共同通信記者の浅野健一氏はこう言う。 「甘利前大臣は公人なのだから、メディアは『睡眠障害』の診断書は本当に正しいのか、どんな治療をしているのか、療養先はどこなの…

務台俊介議員も2回生

「東京を不便に」 自民議員が保育園問題でまた不適切発言

育休不倫で議員辞職した宮崎謙介氏に未公開株トラブルで離党した武藤貴也氏、不倫路チューの中川郁子氏と、自民党の2回生議員はとんだ“タレント”揃いだ。…

自民党の石崎徹衆議院議員

第二の“ゲス議員”か 自民・石崎議員にセクハラ&二股疑惑

「石崎議員も宮崎前議員も、(ホモ買春疑惑で)自民党を離党した武藤貴也議員も、みな“同じ体質”なのでしょう。高学歴でエリートだけど、国民を代表しているという責任感やモラルが欠如している。こうした議員をいつまでも放置している自民党も問題です」 女性票は自民党から確実に離れていく。…

左から宮崎謙介、上西小百合、武藤貴也の各3氏

ゲス不倫やエリカ様も議員になれた「公募制」の呆れた実態

ゲス不倫問題で議員辞職した自民党の宮崎謙介前衆院議員、国会をサボり男性秘書との旅行疑惑が報じられた“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員、同性買春疑惑と金銭スキャンダルで自民党を離党した武藤貴也衆院議員。共通点は「公募議員」であること。小泉チルドレンの杉村太蔵もそうだったが、こうもロクでもない人材が選ばれるのはなぜなのだろう。 公募は党によって基準が異なる(別表)…

佐藤ゆかり氏

“身内”の自民支部から告発される 佐藤ゆかり議員の嫌われ方

宮崎謙介氏、武藤貴也氏……。自民党はお騒がせ議員ばかりだ。…

これが「不許可」になった1枚

批判にピリピリ…自民が野党の質問パネルに「不許可」連発

そして16日、3度目の「不許可」になったのが、“ゲス不倫”で議員辞職した宮崎謙介前衆院議員と詐欺&ゲイ買春疑惑で自民党を離党した武藤貴也衆院議員のツーショット写真。自民党のインターネット番組に出演した時のもので、問題の2人がそろい踏みしていることから既にネット上でも話題になっていた。自民党若手議員の劣化を安倍首相に問いただすための資料として提出したが、予算委の理事…

恫喝だけは一丁前

二極化・格差社会の真相

小物の政治屋ばかり叩き、安倍内閣の閣僚は野放しか

ついこの前は金銭トラブルの武藤貴也議員を叩いていたかと思えば、今度は妻の出産中に不倫した宮崎謙介議員ときた。おっと、この間もカラ出張と号泣の野々村竜太郎兵庫県議はつけ回し続けていたのだったっけ。 彼らも権力の切れ端にあずかっていた口ではあるのだから、単純な“弱いものいじめ”とは違う。ではあるにせよ、どうせ政治屋連中を叩くなら、支配欲の塊みたいな安倍政権の面々をどう…

元秘書から給料ピンハネを告発されていた

また「自民2回生」…山田賢司議員の元秘書が練炭自殺か

育休不倫騒動で議員辞職した宮崎謙介(35=京都3区)や、未公開株トラブルの武藤貴也衆院議員(36=滋賀4区)、不倫路チューの中川郁子衆院議員(57=北海道11区)らと当選同期の山田賢司衆院議員(49=兵庫7区)の元秘書の遺体が、西宮市内に路駐された乗用車の中から発見された。 所持品などから、この男性は2014年9月まで山田議員の公設第1秘書を務めていた野田哲範氏(4…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事