日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中村俊輔特集

中村俊輔加入でチームに好影響

中村俊輔“移籍効果”で期待される 磐田MF松井大輔の再生

元日本代表司令塔のMF中村俊輔(38)が、移籍先の磐田で動員力の高さを見せつけた。初練習日(14日)の700人に続いて15日、磐田の練習場に600人のファンを集めたのだ。 この日、中村は笑顔を見せながら練習メニューを順調に消化。練習後には「去年もかかったインフルエンザに気をつけたいです。かかるなら(シーズン前よりも)今頃の方がいいかな」と報道陣を笑わせる余裕ぶり。 …

「あいつを取って良かったと思われたい」とコメント

“ピッチの王様”にこだわり 中村俊輔電撃磐田入りの真相

元日本代表のMF中村俊輔(38)が97年に入団以来、慣れ親しんだ横浜Mを離れてジュビロ磐田(静岡)に移籍した。 世界中でクラブ運営を手掛けるシティー・フットボール・グループ(CFG)が14年、横浜Mの株式20%強を取得すると編成面などにも口を挟むようになり、不満を覚えた中村は「純粋にボールを追いかけたい」と移籍を決断。13日の移籍会見でも「普通にサッカーをやりたい」…

日本代表での香川は「忙しすぎる」との指摘が

代表で香川が輝けないのはなぜ? 中村俊輔が“核心”を突く

日本代表で長らく背番号10の重責を担った横浜F・マリノスの司令塔MF中村俊輔(37)である。 希代の名司令塔は「代表での香川は、やらなきゃいけないことが多過ぎる」とタメ息交じりに核心を突き、こう続けた。 「ドルトムントでの香川は、前線3人とボランチの2人でボールをポンポンと回せるし、そのままシュートにも持っていける。その連動性はレベルが高過ぎる。一方で代表での香川は…

会見で語るザッケローニ監督/(C)日刊ゲンダイ

細貝、豊田が“サプライズ落選” W杯代表選出の魑魅魍魎

W杯代表選手選びというのは、それこそ魑魅魍魎が跳梁跋扈する世界というのか、いろいろな人物がさまざまな思惑から代表選びに“雑音”を入れてドタバタ劇を引き起こしてきた」 ■98年はカズ、02年は中村俊輔落選 98年フランス大会で最大のサプライズは、大会直前の「三浦カズの代表メンバー落選」である。 W杯の予選中にコーチから昇格した岡田監督は「W杯の選手起用のシミュレーショ…

去就はドイツでも注目されている

異端のFW 原口元気のルーツ

「『日本一? 世界一と言え』と元気に言いました」

中田英寿、中村俊輔(磐田)、本田圭佑(ACミラン)。日本サッカー界でトップに上り詰めた先人たちを見ても、自己主張の強い人間ばかりだ。ある意味「素直で良い子」というのは「出過ぎた杭」にはなれない。 原口は日本を背負う資質を持った数少ない選手の一人と言っていい。 「自分は身体能力の面で一般的な日本人と少し違うレベルがある。そこの部分を伸ばしてきた。世界には(フィジカル…

松友(前)はウィルソンのラケットを使用

バド松友も生涯契約 アスリート争奪戦激化の先の落とし穴

ウイルソン以外にも「生涯契約」という大型契約は珍しく、サッカーJリーグ・横浜F・マリノスの中村俊輔(アディダス)、プロ野球ソフトバンクホークスの王貞治会長(デサント)など限られた一流選手ばかり。松友もリオで日本勢初の金メダルを獲得したものの、錦織に比べれば知名度はまだまだ。それでも生涯契約を結べたのは、東京五輪での連覇が期待されているからだ。 ■黙って契約金を出す…

18日のCLスポルトィング戦に出場した香川

ドルトで冷や飯…香川真司に「横浜M移籍情報」の信憑性は

司令塔の元日本代表MF中村俊輔も38歳となり、チームも後継者を探している。中村の後釜として香川が横浜Mのユニホームをまとい、浦和や川崎、鹿島などと優勝争いに加われば、Jリーグは間違いなく盛り上がる」(サッカー記者) 香川のJリーグ復帰は待ったなし! というのだが、さて。…

運動量もまだまだ衰えず

ベテランJリーガー「代表」を語る

遠藤保仁代表入り見据えさらなる進化求めていく

現役を続けている限り、ちょっとでも成長できるようにプレーしていきたいです」 ──例えば横浜MのMF中村俊輔(37)は、ピッチ上で以前と同じような輝きを放っています。 「もともと技術がある上に経験も豊富。サッカーそのものをよく知っている選手ですからね。横浜Mでも欠かせない選手ですし、彼のような選手が頑張っている姿を見ると自分自身、もっと高いレベルを求めたいという気持ち…

2得点の東福岡MF中村

空洞化する高校サッカー 2冠の東福岡に「J内定ゼロ」の理由

有能な選手はユースからJリーグに進んでいく――という傾向は、今後も続いていくでしょうね」(前出の六川氏) もっともMF中村俊輔は横浜Mユースに、MF本田はG大阪ユースに昇格できず、それぞれ神奈川・桐光学園、石川・星稜に進んで卒業後にJリーグ入り。活躍して日本代表の主軸となった。 「彼らは例外中の例外。たとえば13日に開幕するリオ五輪最終予選に臨む23歳以下の五輪代表…

AKBグループの元祖“さげまん”か?

出演予定の音楽祭が延期に…板野友美“さげまん伝説”復活?

この年のサッカーW杯直前、板野さんが背番号「10」の日本代表ユニフォームを着て雑誌グラビアに登場すると、代表で10番だった中村俊輔(37)には本番でほとんど出番が与えられなかったのです。板野さん周辺で不運・不祥事が重なったため、ネット上では『疫病神』と揶揄されたほどです」(前出のライター) もうこれ以上、元AKBメンバーに不運が続かなければいいが。…

36歳でチームを引っ張るMF中村俊輔

「世界的チームに」 外資の横浜FM買収説に意外な歓迎ムード

マリノスも2013年にリーグ2位と天皇杯優勝、2014年もゼロックス杯準優勝などどうにか結果は残してきたが、チームは中村俊輔(36)や中澤佑二(37)らベテラン頼み。 こうした“閉塞感”の打破を願うサッカーファンも多く、<閉鎖的なリーグなんて先が無いし、Jリーグクラブが強くなる一手段であり刺激になる。リーグ自体がこじんまりしてる現状を打破する良案!><昔のヴェルディ…

ハリルホジッチ(右)と話し込むオシム

オシムも疑問符 「日本人代表監督」が誕生しない本当の理由

今後、指導者として期待され「欧州で素晴らしい選手生活を送った元選手」は中田英寿(元ローマ)、現横浜Mの中村俊輔(元セルティック)くらいしかいないが、この2人は代表監督に必要なS級ライセンスを保持しておらず、ポスト・アギーレになり得ない。 スポーツライターの平野史氏がこう言う。 「広島でJ連覇を達成した森保一監督、G大阪で昨季3冠の長谷川健太監督、あとロンドン五輪4位…

もう香川の「10」は見納め? (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

香川真司にさらなる厄難 スポンサーが「背番号10」剥奪意向

「07年にアディダスが8年総額160億円のスポンサー契約を交わし、その大口スポンサー企業の意向をくむ格好で日本代表の背番号10は、アディダスと契約している中村俊輔(36)がつけることになり、4年前の11年アジア杯からは、やはりアディダス契約者の香川の番号になった。ミランの背番号10をつけている本田が『オレに(日本代表の背番号10を)つけさせてほしい』と何度もアピー…

ドログバをマークする本田と香川 (C)真野慎也/JMPA

日本代表を過大評価…メディアがサッカーW杯を歪めている

トルシエが日本代表監督時代に、『例えば中村俊輔のテクニックは世界最高レベルといってもいい。ジダンにも劣らない。ただ、残念ながらそれには、〈練習では〉〈敵がいなければ〉という注釈をつけなくてはいけない』と言っていた。中田英寿も『練習の技術なら日本代表は世界でもトップクラス』と同じようなことを言っていたが、そこが世界との決定的な差。当たり前ですが、練習でどんなに高度なテ…

“プロへの道”は同じだった(右が中村俊輔)/(C)日刊ゲンダイ

本田圭佑「虚像と実像」(11)中学時代に受けた“クビ通告”

「残念だけど圭佑はユースには昇格できない」 島田はそう告げた後、元日本代表MF中村俊輔(現横浜F・マリノス)の話を聞かせた。 中村俊は横浜F・マリノスのジュニアユースからユースに昇格できず、桐光学園高に進学。全国高校選手権で活躍して、横浜のトップとプロ契約を交わした。ユースに上がれなかった屈辱をバネに切磋琢磨(せつさたくま)、見事にリベンジを果たしていた。 「俊輔…

ザッケローニ監督/(C)日刊ゲンダイ、独代表レーブ監督/(C)AP)

監督は「規律」か「放任」か? W杯観戦は“マネジメント視点”で

ジーコ監督(61)は中田英寿や小野伸二、中村俊輔、稲本潤一らを擁しながら、チームが崩壊し3戦全敗。リーダーのはずの中田英が、チームから孤立していたことが明らかになった。 今大会の代表にも、本田圭佑(27)や大久保嘉人(31)という強烈な「個性」の面々がいる。規律重視の監督ならうまく御すだろうが、W杯初出場のザックに果たしてできるのか。 「放任主義のリーダーの場合、橋…

None

マー君は必読! 元大リーガー吉井理人の「英語アレルギー克服法」

海外でプレーしているのに語学が苦手といわれるのは、香川真司(24)と中村俊輔(35)くらいだ。 ■野球とサッカー、語学力の差異はいったい何なのか。 サッカー選手の多くはJリーグでプロになることと、世界のビッグクラブでプレーすることを同列に考えている。そこへいくと野球選手は、日本球界でのプレーを念頭に置く。サッカー選手の方が世界をより身近に感じていて、それが語学習得に…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事