日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

熊野古道の関連ニュース

岩手県平泉の中尊寺本堂も観光客は減少傾向

軍艦島は大丈夫か お祭りムードも「世界遺産」はその後が悲惨

小笠原諸島、熊野古道なども同様の問題を抱えており、観光客の制限が検討され始めている。熊野古道に至っては今年、参道「大門坂」の石畳に落書きがいくつも見つかった。 ■観光客は年々減少 しかも、“世界遺産バブル”で観光客が増えても、一過性で終わることも多い。 たとえば07年に世界文化遺産に登録された島根県の石見銀山。08年の観光客数は80万人と倍増したが、今では約40万人…

安倍首相と橋下大阪市長

大阪都構想投票前日 安倍首相「関西1泊視察」に飛び交う憶測

和歌山では、高野山の真言宗総本山である金剛峯寺や熊野古道に行き、観光振興の取り組みや林業の現場、台風被害からの復旧現場を視察する予定だ。 阪神大震災から20年の節目という今年1月17日の式典より、イスラム国叩きの中東訪問を優先させた首相が、なぜいま神戸なのか。行き先も中身も「なぜ今?」としか言いようがないお気楽な日程に、大阪の都構想反対派からいぶかしむ声が上がってい…

ガイドの西浦さん

おでかけ出張コンシェルジュ

和歌山・熊野新宮 世界遺産の交差点でロマンを感じる

熊野古道とは、全国各地から「熊野三山(熊野速玉大社と熊野本宮大社・熊野那智大社・那智山青岸渡寺の三社一寺)」へと向かう参詣道の総称だ。 訪れたのは、和歌山県・新宮(熊野速玉大社)。今から400年以上前、熊野古道を歩く人々は、中辺路→本宮から新宮まで主に船で下る→熊野速玉大社にお参り→新宮の町中を通って阿須賀神社→王子神社→王子ケ浜→高野坂→三輪崎・佐野を通って那智山…

高さは48.5メートル(根元大塔)

おでかけ出張コンシェルジュ

高野山の不思議な空間

「お参りする順番は、主神である中央の家津美御子大神、向かって左手の夫須美大神と速玉大神、そして最後に右手の天照皇大神とされています」(熊野本宮館・鳥居泰治館長) 世界遺産に登録されて一躍脚光を浴びた熊野古道は、紀伊半島を縦横に走る参詣道。「熊野三山」と呼ばれる熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社へと続く“信仰の道”だ。 熊野古道には6つの主なルートがあるが、公…

None

新・お出かけ紀行

和歌山 田辺市・みなべ町

彼がいなければ、熊野古道が世界遺産になることもなかったと思います」(南方熊楠顕彰会事務局の西尾浩樹さん) 周辺を散歩すると、わずか5分の距離にレトロな建物を発見。1949年、警察署だった建物を改装したレストラン「ララロカレ」(上屋敷2―6―7)だ。人気は天然酵母の「くまぐすあんぱん」。熊楠は、徹夜をする際に、大好きなあんぱんを6つ食べていたそうで、「好きな女性に30…

この透明度!

新・お出かけ紀行

和歌山古座川でダッキー遊び

世界遺産の熊野古道や高野山を抱える和歌山は、子供連れで旅するのも楽しい場所だ。歴史的な観光地をめぐるだけでなく、海や川で大いに遊べる。本州最南端は家族にうれしいスポットだ。 熊野エリアを流れる古座川は、本州最南端の透明度が高い清流で、天然の鮎も生息。シーズン中は全国から太公望がやって来る。彼らと一緒に釣りを楽しむのもいいが、流れが穏やかで瀬も少ないのだから、もっとア…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事