日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

フォロースルーの関連ニュース

イラスト・ビッグ隆

飛ばすコツ伝授します

左わきは体にピッタリつける

用語辞典には「バックスイングからフォロースルーまでクラブと体の動きが一体となったスイング」と出ている。 しかし、上半身と下半身の動きには微妙な時間差がある。トップからダウンスイングに切り替わるときは下半身でリードするのだから、「上半身はトップの位置に置いておくつもりで下半身から動き出さなければならない」とよくいわれる。 そういう意味では、全身が一体となって動いている…

イラスト・ビッグ隆

飛ばすコツ伝授します

足の裏から体を回し始める

ドライバーで飛距離を伸ばすにはバックスイングで右、フォワードスイング(ダウンスイングからフォロースルー)では左と体重移動が不可欠だと昔からいわれている。 しかしゴルフスイングをするときの体重移動はバックスイングで右、ダウンスイングで左と横に体重を動かしているわけではない。 バックスイングで右、ダウンスイングで左、体重を横に移動しようとすると体を捻転できないので、クラ…

日本ハムで2年目を迎える有原

ライバル007「大谷超えも」 日ハム有原はどう成長したのか

具体的に言えばフォロースルー。これまでは振り切った右腕が、体の左側面を叩くことが多かった。それだけ腕が振れているというより、明らかに力んでいます、といった感じだったのが、今はリリースの瞬間だけピュッと力が入る感じ。フォロースルーが小さくなった。それでいて、球威やスピードはさほど変わっていない。つまり、力まなくてもボールにパワーを伝えるコツを掴んだのだろう。となれば、…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

フォローする―は体の近くで左手を小さく使う

フォロースルーを真っすぐ」という言葉がレッスン書にはよく出てくる。目標方向に真っすぐ振ってやれば、ボールも真っすぐ飛んでいくと思って、フォロースルーを真っすぐ出そうとしている人が多いと思う。 正面から撮ったプロの連続写真を見ると、フォロースルーで両腕がよく伸びて、クラブを目標方向に真っすぐ振り抜いているように見えると思う。 しかし、目標線の後方から撮った連続写真を…

スイング理論ウソホント

アプローチでの高い球はフォローで距離を合わせる

フルショットをするときだけでなく、アプローチで距離を打ち分けるときも、9時から3時までとか、8時から4時までというように、バックスイングとフォロースルーは同じ大きさ(左右対称)になるのが基本とされている。 しかし、コースに出ると、特にアプローチをするときはいつでも左右対称のスイングをすることはできない。状況に応じてボールを上げたり転がしたり、いろいろ違ったことをやら…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

フォロースルーの“銃身”は飛球線の内側

フォロースルーは鉄砲の銃身によく例えられる。 といっても、ゴルフスイングのフォロースルーは銃身のように直線ではない。 「フォロースルーを真っすぐ」とよくいわれるけれど、首を中心にクラブヘッドを丸く振って円を描くのだから、鉄砲の銃身のように目標に向かって真っすぐ振ってやるわけではない。 首の付け根に軸を感じて体をひねってバックスイングすれば、クラブは当然目標線の内側に…

スイング理論ウソホント

フォローで左腕を伸ばしてもヘッドスピードは出ない

スイングアークを大きくしてヘッドスピードを加速させるには、「フォロースルーでもできるだけ左腕を伸ばしておいたほうがよい」とゴルフ雑誌にはよく書いてある。 松山英樹の連続写真を見て、「フォロースルーで左腕を伸ばして大きなアークを描いているところに、彼の飛距離の秘密がある」と解説しているプロもいる。身長155センチぐらいの小さな体で、ヘッドスピードもあまり出ない女子プロ…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

左腕は弓なりに使ってヘッドを走らせる

「バックスイングでもフォロースルーでも左腕を曲げてはいけない」と、うるさく言われていると思う。 そのため、バックスイングで左腕をピーンと伸ばそうとして力を入れ、振り上げたときに逆に左ひじがガクンと折れてしまっている人が一般アマチュアには多い。 プロのバックスイングを見ていると、左腕にはかなりの余裕がある。杉原輝雄の左ひじは明らかに曲がっていた。 バックスイングで一生…

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

中村寅吉 ロングパットはフォローで距離感をつかむ

パットをするときは「バックスイングとフォロースルーは同じ大きさだ」と教えるプロがいる。パットは振り子の要領だからボールを中心に左右の振り幅は同じ、つまり振り幅は左右対称だというのだ。 パターのグリップエンドを左手でつまんで固定し、右手でヘッドを持ち上げて離せばヘッドは重さで振り抜ける。これが振り子運動であるわけだが、人間のやることは振り子のようなわけにはいかない。 …

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

宮本留吉 フェースは返さず目標方向に振り抜いて飛ばす

フォロースルーでフェースを返すというプロもいれば、返さないというプロもいる。ドロー(フック)ボールを打っている人はフェースを返し、フェード(スライス)ボールの人はフェースを返さないと、球筋(持ち球)からくる違いなのだろうか? と思ったこともある。 しかし、宮本留吉はフックボールが持ち球であっても、「フェースを返さない」と言った。 「クラブを振り抜いたら、フェースの向…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

フェースローテーションは体と腕を一緒に回す動き

体の回転に沿って腕とクラブを振れば、バックスイングで右、フォロースルーで左とクラブフェースの向きも変わる。 アドレスでは目標に向けているフェースは、体の回転に沿って腕を振ることによってバックスイングでは90度右を向く。そしてインパクトでアドレスの位置に戻り、フォロースルーで今度は90度左を向く。これがフェースローテーション(回転)だというわけ。 「フォロースルーを真…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

スイングはクラブヘッドを丸く振る

レッスン書では「真っすぐ上げて真っすぐ下ろす」「フォロースルーを真っすぐ」などと、「真っすぐ」という言葉がよく使われるけれど、スイングは円運動であることを確認しながら練習する必要がある。 飛球線に沿ってシャフト(クラブ)を置いてから、ドライバーを短く持ってグリップエンドをお腹につけたままスイングしてみると、円運動であることがよく分かる。 グリップエンドを体につけたま…

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

林由郎 ひじのたたみ方を習得すればスライスは出ない

インパクトで左ひじを引いて、フォロースルーで右腕(ひじ)が伸びていかない。 右手一本で振るときは素直に手を上げて下ろしているのに、どうしてこんなに違ってしまうのか。 「左ひじを曲げてはいけない。ゴルフをするときは左腕を伸ばしておかなければならないと、間違ったことを教えているから」 これがゴルフの上達を妨げている一番の原因だと、林はよく言っていた。右手一本で振れば、ボ…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

トップとフィニッシュは左右対称

「バックスイングで左腕を真っすぐ」「フォロースルーでは右腕を伸ばせ」とレッスン本にはよく書いてある。プロのスイングを見ると、確かにトップスイングでは左腕が真っすぐになり、フォロースルーでは右腕が伸びている。けれども、シニアツアーの取材に行ったとき、プロに聞いてみると、「見た目は真っすぐであっても、左腕も右腕も伸ばそうという意識はまったくない」という答えが返ってくる。…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

足でリズムをとり腕を振る素振りは効果絶大

そのとき一番大事なのは、バックスイングでは左腕が、フォロースルーでは右腕が目標線と平行になるように振ること。 そのことをチェックしながら連続して素振りを続ける。これが出来るようになったら、次は右肩から左肩までのスイング。 時計の針でいえば11時から1時ぐらいまで。ほとんどフルスイングの振り幅といってよい。 これも連続して素振りをする。一回一回アドレスに戻さないで、…

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

林由郎目標へ飛ばすにはクラブを体の回転に沿って振る

体の回転に沿ってスイングするには、飛球線の内側にバックスイングしたらフォロースルーも同じように飛球線の内側に向かって振ってやらないと、ボールは狙った方向に飛んでいかない」 だから、ゴルフスイングの軌道はインサイドアウトではなく、インサイドインが正しいと林はよく言った。 「体の回転に沿って目標線の内側にバックスイングしたら、同じように体の回転する方向に、目標線の内側(…

イラスト・渡辺隆司

いま役立つ名手の技

戸田藤一郎クラブを丸く振るには左ひじを少し曲げる

「左ひじが引けてカットするためにスライスするのだから、初めから左腕を伸ばしておいて、バックスイングでもフォロースルーでも曲げないように」と言われている人が多いと思う。 ところが戸田藤一郎は、「左腕を伸ばすな、右ひじと同じように左ひじにも余裕を持たせて、左わきを体につけておけ。手を左に構えないで体の真ん中」と言った。そして、「バックスイングでも左わきを体につけたまま…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

パットをするときは左耳でインパクト音を聞く

バックスイングで右肩が上がり、フォロースルーでは左肩が上がる。 首の付け根を中心に肩でストロークすれば、フォロースルーでも両肩をパッティングラインと平行に保っておける。だから、パターのヘッドもラインから外さずに真っすぐストローク出来る。 ロングパットをするときは、テークバックとフォロースルーでヘッドは多少ラインの内側に入ってくるけれど、ストロークするときの感覚は「…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

ロフトを生かしたアプローチは手を返さない

フルショットをするとき、バックスイングで正面(前)に向けた右手のひらは、フォロースルーでは完全に後ろ向きになる。 目標に向けて構えた右手のひらはバックスイングで90度右を向き、そこからフォロースルーでは180度左を向く。それでフォロースルーで体が回って目標を向けば、ボールは目標に向かって飛んでいく。 しかし、右腰から左腰のあたりまでスイングしてアプローチをするとき…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

グリップは常に体の正面

「バックスイングでもフォロースルーでも、手(グリップ)は終始体の正面」とよくいわれる。 バックスイングで体を目標の後方に向けたら、手も胸の正面からはずれないようにする。フォロースルーでも同じように体を目標に向けたら、手はやはり胸の正面に振り抜いていく。 これはすべてのショットにいえることだ。左肩から首に向かって振り切ったら、その反動で手が胸の正面に戻るように。 フォ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事