日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

南野拓実に関する記事

ザルツブルグFW南野(右)と握手する内田

ハリルJにも朗報 シャルケ内田が1年9カ月ぶり戦列復帰

88分には、ザルツブルクの元日本代表FW南野拓実(21)の至近距離からのシュートに冷静に対応。シュートコースを読み切り、右膝を折り曲げてブロックするなど復活をアピールした。 試合直後、テレビ用のインタビューに応じた内田は「(リードされた)難しい展開だったので(復帰について)考える暇はありませんでした」といつも通りのポーカーフェースで答えていたが、最後は「(日本代表…

格下相手の敗戦にガッカリの長友(左はインテルMFバネガ)

欧州リーグの洗礼…長友、武藤は見せ場なく“不完全燃焼”

ザルツブルク(オーストリア)のFW南野拓実(21)は、地元でのクラスノダール(ロシア)戦に先発したが、見せ場もないまま90分が終わり、チームは0─1で敗れた。 この南野と五輪代表の僚友だったスイス・ヤングボーイズ所属のFW久保裕也(22)が、オリンピアコス(ギリシャ)戦に先発出場。しかしゴールに絡めず、チームも0─1の完敗に終わった。 今季ELに日本人7人が参戦中…

久保は28日に代表合流予定

攻撃陣に心配の種…リオ五輪FW久保「右ヒザ痛」の深刻度

リオ五輪に出場する五輪代表は21日、ブラジル行きの経由地ロンドンでザルツブルク(オーストリア)所属のFW南野拓実、アーセナル(イングランド)に移籍したFW浅野拓磨と合流し、合宿地のブラジル北東部アラカジュに移動した。 当地で28日まで合宿を行うが、登録選手18人の中でヤングボーイズ(スイス)FW久保裕也は予定よりも合流が1週間遅れ、合宿最終日の28日にブラジルに到着…

オーストリア1部ザルツブルクFW南野拓実

日本代表欧州組 胸中ズバリ! 直撃

南野拓実 監督からは「攻撃は自由にやれ」と言われています

W杯2次予選(12日のシンガポール戦、17日のカンボジア戦)の招集メンバーで最年少だったのが、オーストリア1部ザルツブルクFW南野拓実である。欧州の最前線でタフな戦いを続ける南野にとっても、W杯予選の重みは格別だったようだ。後半41分に途中出場したカンボジア戦の後に「厳しい環境での戦いでした。本当にいい経験になりました」と前向きなコメントを口にする一方でシュート1本…

練習中にリラックスモードのMF南野(左)

“肉弾戦”上等! U-23日本はMF南野のタフネスでリオ決める

そこでカギを握るのが、オーストリア・ザルツブルク所属のMF南野拓実(21)だ。 「15年1月にオーストリアに渡り、欧州ならではのハードな当たりにも慣れ、センの細さやソフトなビジュアルとは裏腹に『肉弾戦も全然苦にならない。逆にブッ飛ばしてやりますよ』と言うようになった」(現地を取材する記者) 予選1次リーグ3試合すべてに出場しながら無得点に終わり、練習中などでナーバス…

久保と南野には期待が集まるが…

U-23日本 “欧州コンビ”久保&南野だけが波に乗れない理由

チームに2人しかいない欧州組のFW久保裕也(22=スイス・ヤングボーイズ)、MF南野拓実(21=オーストリア・ザルツブルク)の攻撃系二枚看板に期待が集まるが、2人とも「いまひとつ波に乗り切れていない」(現地取材記者)ともっぱらだ。 「思惑が外れてしまったから」とマスコミ関係者がこう続ける。 「スイス、オーストリアは欧州サッカー界の3番手グループ。1シーズンで結果を残…

見切りをつける時期かもしれない

周囲は“5戦連発”と大騒ぎ それでも消えない「本田不要論」

控えの攻撃系選手にはカンボジア戦に先発した原口元気(24)と宇佐美貴史(23)、後半41に交代出場した南野拓実(20)、それ以外にも清武弘嗣(26)、武藤嘉紀(23)とタレントが揃っている。いつまでも本田に頼らないで、そろそろ見切りをつける時期に来ている」(平野氏) 日本代表は、今年最後のW杯予選を白星で締めくくり、通算5勝1分け(得点17・失点0)とした。来年3月…

None

はや“救世主”の声 代表初選出FW南野に「過大評価」と異論

オーストリア1部ザルツブルクに所属し、8日のW杯2次予選シリア戦、13日の親善試合イラン戦の日本代表に初選出されたFW南野拓実(20)のことである。 確かにハリルホジッチ監督の南野評を聞かされると、ついベタボメしたくなるのもムリはない。「左右の(攻撃的)ポジションをこなせ、ゴール前でフリーになり、常に点を取る、(味方に)取らせる位置にいる。近代フットボールに適応して…

南野を「時間をかけて追跡している」というハリル監督

ハリル監督「彼が必要」とベタ褒めも…FW南野初抜擢の裏側

注目を集めたのが、初めて日本代表に招集されたFW南野拓実(20)。オーストリアのザルツブルクでプレーする新鋭である。 選考理由をハリルホジッチ監督は「近代サッカーに適応しているストライカー。日本代表は相手ゴール前での効率性がいまひとつなので彼が必要だ。数年後には日本代表にとって効果的な存在となる」とベタボメ。続けて「若い世代を信頼して使っていくことに躊躇はない」と言…

ベトナム戦はMF中島が2得点も“辛勝”

低迷する年代別代表 サッカー協会に漂う“暗黒時代”突入不安

ベトナム戦にFW久保裕也(21=ヤングボーイズ)、FW南野拓実(20=ザルツブルク)が公式戦で初の同時先発。しかし、ふたりとも欧州組の貫禄を見せられず、試合自体は格下相手に辛勝だった。 最終予選で「16分の3」に入れるか? 心もとないというしかない。…

参加23選手全員がプレー/(C)日刊ゲンダイ

FW川又とMF青山 ザックの「テーマ」に応えて昇格確実

得点を決めたのは新潟FW川又堅碁(24)と売り出し中のC大阪FW南野拓実(19)の2人。 試合は流経大が、急造チームの代表候補相手に大健闘。川又が「ただ単に点を取っただけ」と言えば、南野も「攻撃で形にならなかった場面もあった」と不満げだった。 ■残り1枠を争う南野と塩谷 「今回合宿でザッケローニ監督は<状況判断のスピード>をテーマに置いていた。その部分では広島MF青…

イケメン選手として人気急上昇/(C)日刊ゲンダイ

代表初参加のC大阪FW南野 「完成度」は当時の香川以上

C大阪所属の左サイドアタッカー、U─19代表FWの南野拓実(19)が、23歳以下の五輪代表を飛び越えて「2階級特進」を果たした。 7日に始まった日本代表候補合宿に唯一の10代選手として参加した南野は、前日のJ1柏戦で痛めた右足首に違和感が残り、ひとりだけ別メニュー調整に終始した。合宿2日目からは「大丈夫。練習に合流します」と話す南野。C大阪では、2列目の左サイドを主…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事