日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「林芳正 自民党」に関する記事

司会者がたしなめるほど気色ばんだ

菅官房長官が逆ギレ 仏記者が指摘した09年の「自民提言」

当時、PT座長として提言をまとめた林芳正農相の公式サイトには、当時の記事が残っており、<本来、「政治主導」の在り方は、政権交代が行われても健全な議会制民主主義が機能するためのものでなくてはなりません>と書かれている。よくもまぁ、解釈改憲の閣議決定に署名できたものだ。<詳細は自民党のwebサイトに>とリンクも貼ってあるが、現在は詳細が表示されない。 自民党本部に問い合…

None

森友問題で追い込まれ… 安倍首相 地元下関市長選にシャカリキ

現職のバックにいるのは地元選出参院議員の林芳正元農相で、父親の代からの「安倍派VS林派」のバトルが展開されている。 安倍は前々回と前回の市長選でも自分の系列の元県議や市議を擁立したが、いずれも敗北している。森友問題で追い詰められる中、3度目も負ければ、地元だけでなく国政での求心力低下は否めない。安倍が推す前田候補には、自民党県連が推薦を出しているだけになおさらだ。 …

None

永田町の裏を読む

オバマ訪日の「お土産」に差し出されるTPPの聖域

同首相はこの機会に、かねて交渉を重ねてきた日豪経済連携協定(EPA)を合意に持ち込みたいとの強い意向を持っており、その露払いとしてロブ貿易相が25日に来日、林芳正農相らと会談する。ところがこの交渉に臨む豪政府の態度は強硬で、「重要5分野のすべてで市場アクセスの改善を」と主張している。とりわけ牛肉については、現在は38.5%の牛肉関税を半分以下、つまり20%を切るとこ…

必死の応援演説(左)と気勢を上げる野党陣営

7.10参院選「激戦区ルポ」

【福島】自民“現役大臣”落選危機で野党にネガキャン攻撃

河野太郎、丸川珠代、林芳正、遠藤利明、馳浩、石破茂、小泉進次郎……。安倍昭恵夫人まで投入し、公示日に駆けつけた安倍首相は7日にも街頭演説する予定だ。 6月28日、二本松市民交流センターは悲愴感に包まれていた。法務大臣・岩城光英の個人演説会。135席が用意されたが、空席が目立ち、8割程度しか埋まっていない。とても現職大臣の演説会とは思えない。 この日の応援弁士は、外…

None

都知事選で造反 「小泉親子を潰す」安倍自民の“報復計画”

安倍首相は総裁選を戦ったライバルの石原伸晃と林芳正も、環境相と農相という地味だが苦労の多いポストにつけて消耗させています」(自民党関係者) 小泉純一郎は“兵糧攻め”にする可能性がある。 政界引退後、小泉元首相は財界がつくったシンクタンクの顧問に就き、年間2000万円近くの報酬を受け取っている。部屋やクルマも提供されているようだ。国内の主要企業80社が小泉元首相のため…

鳩山邦夫元総務相(写真)の次男が出馬意向

福岡6区補選 鳩山邦夫氏の次男・二郎氏は無所属でも出馬

自民党福岡県連は林芳正前農相の秘書の蔵内謙氏(35)の擁立を決定し、党本部に公認申請しているが、邦夫氏の息子がこれに反旗を翻した。 邦夫氏の次男で福岡県大川市長の鳩山二郎氏(37)が31日、福岡県久留米市の邦夫氏の講演会事務所で記者会見。福岡6区の補欠選挙に無所属でも出馬する方針を明らかにした。 二郎氏は「多くの支援者から父の遺志を継ぎ、国政に挑戦すべきだと激励を受…

左から西村、茂木、林の3氏

水面下で情報乱れ飛ぶ 甘利ワイロ大臣「後任候補」の名前

で、もうひとりの候補が林芳正元農相(55=参院当選4回)だ。こちらもハーバード大卒で、農水は専門家という強みがある。野党の攻め方も含めて、今週中には先が見えそうだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事