日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

今田竜二特集

None

今田竜二は今季65万円…賞金少ないプロはどうやって稼ぐ?

【平和PGMチャンピオンシップ】 米ツアー1勝で、海外で戦っているイメージが強い今田竜二(39)が、日本ツアーに出場している。 14歳で単身渡米し、米ジョージア大学時代はタイガー・ウッズと競い合い、中退後の05年に米ツアーメンバーになった。08年AT&Tクラシックで日本人3人目となる米ツアー優勝。年間獲得賞金が約303万ドルを稼いだこともある。 05年から8年間、米…

渡米前に米ツアー専念を明かした/(C)日刊ゲンダイ

丸山茂樹プロ 直撃インタビュー

松山英樹の出場義務試合数はおかしな話だ

今田竜二にしてもそうです。米ツアーで優勝している日本人なんです。「1年間、日本の試合に出てください」と言えないのかと憤りを感じる。ツアー登録してなくても、ウエルカムな体制を整えられないのか。そんなこともJGTOは受け入れられない体質なんです。 「どうぞ海外に行ってください。戻ってきたら1年間は受け入れますよ。でも1年間やってダメだったら、もう一回、一からスタートし…

世界で最も美しいパー3といわれるオーガスタナショナルGC・16番ホール

グリーン黙示録

マスターズの出場資格

青木功や今田竜二、丸山茂樹らが勝っているが、日本で勝ちまくるプロも海外に出ると、さっぱり勝てない例が多かった。だから、松山英樹が出てきてニクラスの試合に勝ち、ことしに入ってからフェニックス・オープンで勝ったから、ゴルフファンとしては大いに期待しているのだが、はたして来月のメジャー第一戦マスターズでどれくらいのスコアを出せるか、個人的には期待するのも当然だろう。 それ…

昨年マスターズ5位の松山

グリーン黙示録

米国ツアーで期待できる男

そのあと、中学校を出てから渡米して大学まで進み、アメリカでプロになってから一勝した今田竜二もいるが、全米女子プロに勝った樋口久子や賞金女王になった岡本綾子を出した女性陣営に比べて、男子プロたちはどうもパッとしなかった。 アメリカで試合に出続けてシード権を九年間も保持した尾崎直道は、両国を往復しながらも日本オープンに勝つという実績を残した。 その彼よりも体や技において…

None

グリーン黙示録

米国で戦う意味

今田竜二は下部ツアーで戦って勝ち、上のクラスに昇格して1勝したが、残念なことにそのシード権を維持できなかった。 丸山は日本ツアーで10勝したが、アメリカで生き残るのは一言でいえば、“大変”なのだ。言葉の壁があるし、食生活その他の日常的な苦労が多い。英語の上手なワイフといっしょであれば別であるが、独りで外国人の間に入って暮らすのは神経を消耗する。中には、外国人たちが何…

None

グリーン黙示録

石川プロの回り道

青木功にはじまり、丸山茂樹、今田竜二、松山英樹の四人が米ツアーで勝っているにすぎない。日本のゴルフ愛好家の数に比べたら、実に少いのではあるまいか。 個人的には、アメリカを主戦場にしてから三年たった石川遼がことしは勝つだろう、と期待している。プロのコーチに教わる方がいいとする考え方もあるが、タフな連中を相手にする米国ツアーでコーチをつけるなら最初からだったのである。た…

None

グリーン黙示録

実力とコースの関係

残念なのは、今田竜二が一勝したあとになぜか衰えてしまったことである。日本の試合に出ていたが、成績はどうも冴えなかった。原因は日本のやさしいコースに今田のゴルフがなじんでしまったのではないか。日本のやさしいコースは選手の実力を低下させてしまうのである。…

ダンロップVで世界ランク104位に上昇した宮里優作

グリーン黙示録

勝利の可能性を求めよ

昔の青木や丸山を別として、日本の現役のプロでアメリカで勝ったのは、今田竜二と松山英樹の二人しかいない。招待されて出場する人はこれからもいるだろうが、それで勝てるほど甘くはない。日本に招待されて来日し、試合に出て勝った外国人はバレステロスをはじめ何人かいるが、かれらは、いわば天才だったのだ。もともとゴルフというスポーツは、特別な才能を必要とする。一番の理由は、飛ばす…

None

グリーン黙示録

スポーツ中継から消えた奥ゆかしさ

出場資格が前年のツアーの勝利者だから、過去に日本人選手では青木功、丸山茂樹、今田竜二の3人しかいなかった。松山で4人目だったが、今回勝利を手にできなくても、まだ若いのだから米ツアーで勝てるチャンスはあり、この大会に再び戻ってくるだろう。 日本のゴルフツアーの勝利だって楽じゃないが、出場するのはメジャーなみの難しさといっていい。 このあとのハワイ・オープン(ソニー・オ…

None

グリーン黙示録

日本人プロには不退転の決意が足りない

丸山に前後して、米国の大学を出てからプロ入りした今田竜二も苦労したひとりだったが、松山英樹は昨年、スムーズに4人目のヒーローとなった。準メジャーといわれるニクラス主催の試合に勝ったからである。ゴルフは、体躯が成績に関係する競技であって、小柄な人よりも、ある程度のスケールのある人が有利である。松山は、丸山や今田に比べれば外国人相手でも見劣りしない。 ことしのハワイの試…

None

グリーン黙示録

タイガーでも休んで勝てるほどメジャーは甘くない

日本の選手は青木、丸山に今田竜二と松山を除いて勝ってないが、それは日本のゴルフの歴史の浅いことが主たる原因だろう。とはいえ、日本にゴルフコースができたのは明治時代であるから、すでに一世紀以上の歴史はある。近代的なゴルフプレイの観点でいえば、ドイツやスペインと同じ程度の年月だろうと思うが、B・ランガーやS・バレステロスを出している両国に比べて、日本は取り残されている…

None

グリーン黙示録

ゴルフほど公平なスポーツはない

アメリカのツアーで勝った日本人は、青木(1勝)、今田竜二(同)、丸山茂樹(3勝)、松山英樹(1勝)の4人しかいないのだ。女子の方は岡本綾子の賞金女王をはじめとして、全米女子プロに勝った樋口久子やそれ以外にも何勝かしている選手が出ている。 要するに、ゴルフの男子プロで世界ランクのAクラスに入るのは、現在松山一人しかいないが、日本の試合に出て手にする収入は世界一流と同じ…

None

グリーン黙示録

ゴルフは公平で無差別なスポーツ

アメリカのツアーで勝った日本人は、青木(1勝)、今田竜二(同)、丸山茂樹(3勝)、松山英樹(1勝)の4人しかいないのだ。女子の方は岡本綾子の賞金女王をはじめとして、全米女子プロに勝った樋口久子やそれ以外にも何勝かしている選手が出ている。 要するに、ゴルフの男子プロで世界ランクのAクラスに入るのは、現在松山一人しかいないが、日本の試合に出て手にする収入は世界一流と同じ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事