日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「滝藤賢一 映画」に関する記事

ドラマ「若者たち2014」では大コケ/(C)日刊ゲンダイ

フジが妻夫木聡の主演映画を涙ぐましいほど猛宣伝するワケ

今年ブレークした俳優の滝藤賢一(38)が案内人をつとめる、「『バンクーバーの朝日』序章~映画の時代背景を名優・滝藤賢一が独演~」が16日から21日にかけて深夜に放送。ほかにも関連番組が放送されたが、フジは妻夫木に大きな“借り”があるため、絶対に映画をヒットさせたいという。 「7月に開局55周年記念ドラマ『若者たち2014』を妻夫木主演で放送。66年放送のオリジナル版…

映画「案山子とラケット」にも出演

30歳までバイトで生計 俳優・小市慢太郎は”脇役界の星”

遠藤憲一、古田新太、松重豊、生瀬勝久、吉田鋼太郎、滝藤賢一などはすでに主役級の活躍を見せているが、今年、ブレーク確実といわれるのが、どこか見覚えのあるダンディーな白髪男、小市慢太郎(46)だ。 あまちゃんにも半沢にも出演していないが、知る人ぞ知る実力派として昨年だけで10本以上の映画やドラマに出演。しかし、誰もが“これ”と思い浮かぶ代表作が“ない”のも名脇役ゆえだろ…

None

夏ドラマ“主役・脇役・敵役”辛口採点

ドラマで主役食う存在感 片桐仁の“顔芸”に高まる期待の声

そんな中、小日向文世、滝藤賢一ほかの豪華脇役陣の演技に対する評価は高まっている。 中でも、剛力演じる官邸料理人が通う古書店店主を演じる片桐仁の“顔芸”は「毎回期待してしまう」と話題を呼んでいる。 とはいえ、もともとは役者ではなく20年前に結成されたコントコンビ「ラーメンズ」の一人として、舞台を中心に活躍していた。彼らの公演はチケット売り出しと同時に完売するほどの人気…

甘い恋愛ドラマのスパイス的存在

武井咲の鬼上司役 神野三鈴が発揮する“舞台出身”の持ち味

吉田鋼太郎(57)、石丸幹二(50)、安田顕(42)、戸次重幸(42)、滝藤賢一(39)といった舞台出身の熟男ブームに続き、今度は“熟女優”がドラマ界に殴り込みだ。 神野三鈴、50歳。武井咲(22)主演のドラマ「せいせいするほど、愛してる」(TBS系、火曜22時)に出演している。このドラマは宝飾ブランド「ティファニー」の全面協力のもと、イケメン副社長(滝沢秀明)と広…

多面性が魅力/(C)日刊ゲンダイ

老け顔一直線 「無表情」「険のある顔つき」に潜む怖い病気

大ヒットドラマ「半沢直樹」で主人公の同僚役を務めて注目を浴び、その後もテレビや映画に引っ張りダコの滝藤賢一(37)。人気の秘密は、さまざまに表情が変化する“顔芸”だ。 いつも心の内を他人に悟られないよう、努めて無表情を装う現代人にとって、くるくる変わる滝藤の表情は、健康的でエネルギッシュに感じられるのではないか。 実際、表情のない顔、険のある顔の中には病気が潜んでい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事