日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「奥田靖己 レッスン」に関する記事

脱力グリップだからヘッドが走る

内藤雄士が分析 トッププロの企業秘密

【奥田靖己】ゆるゆるグリップでヘッドに仕事をさせる

ゴルフファンの多くは、奥田靖己プロという名前を聞くとゴルフ誌によく取り上げられる“ゆるゆるグリップ”をすぐさま連想するでしょう。僕も、奥田プロのスイングを見ていて、いつも羨ましいと思うのは、ふわりと柔らかく握っているグリッププレッシャーです。 レギュラーツアー6勝、シニアツアー2勝の中でも、特に強烈な印象を残してくれたのは、琵琶湖CCで開催された1993年日本オープ…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

トップとフィニッシュは左右対称

左ひじにゆとりをもたせ、左腕は弓なりにたわませたほうがヘッドを丸く振れるのでヘッドスピードも出る」と言うのは奥田靖己。 「左腕を真っすぐ」とうるさくいわれているけれど、無理に伸ばそうとすると上体に力が入るだけ。ヘッドを丸く振ることができないのでヘッドは走らない(スピードが出ない)というのだ。 バックスイングするときは右肩を後ろに引くようにして、右ひじを曲げて(たたん…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

フォローする―は体の近くで左手を小さく使う

体の近くで左手を小さく使うほうがヘッドは大きく回る」と奥田靖己。 左手を小さく使ったほうが、ヘッドの運動量は大きくなるというのだ。 「左ひじを体の近くでたたんでやると、左手の外側を右手が振り抜けていくのでヘッドはよく回る」と、田原紘にはフォロースルーで左手(腕)を伸ばさないで短く使えと教わった。…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

スライスの原因はヘッドが走らないからだ

「インから下りてきてもヘッドが丸く振れなかったらボールは右に曲がる」と、奥田靖己を取材したとき、次のように教わったことがある。 「ヘッドの軌道を良くしようと思っても、ヘッドが振れなかったらスライスは直らない。インサイドアウトに振ればフックボールが打てると書いてあるけれど、インから下ろしてきても目標方向に手を真っすぐ出してやろうとしたらヘッドが回らないのでボールは右…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

「シャフトを立てる」に惑わされるな

ではアドレスのシャフトの傾きを守ってスイングするにはどうしたらよいのかといえば、「バックスイングで左腕が地面と水平になったあたりで、グリップエンドが飛球線の延長線上を指していればよい」と奥田靖己を取材したときに教わったことがある。 これはドライバーからサンドウエッジまですべてのクラブにいえること。クラブをかなり短く持ったり、あるいはグリップエンドにティーペッグを差し…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

スイングは体を回すよりクラブヘッドを丸く振れ

しかし、シニアツアーで活躍している奥田靖己を取材したとき、「体のことは考えずに、まずクラブヘッドを丸く振ることが先だ」と教わったことがある。 体を回すことより、首を中心にクラブを丸く振ってクラブヘッドで円を描くこと。首を中心にヘッドが丸く振れるようになれば体もついてくる。クラブが振れれば肩や腰も回るようになると教わって、ヘッドがよく振れるようになった。 クラブを丸…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事