日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「今田耕司 テレビ」に関する記事

ペッパーくん(左)に看取られる?

福山雅治も心配…“最後の大物”今田耕司は生涯独身へ一直線

焦ってます」 そう言う姿も板についてしまった今田耕司(49)。4日、「おおさか魅力満喫キャンペーン」のPRイベントに司会として登場すると、大阪の名所を見て「28年前、ここで『ダウンタウン』松本さんと何度ナンパしたことか。打率は6割」と“らしい”思い出を振り返った。 「最後の大物独身芸人」と言われる今田は、最近の結婚ラッシュにため息。千原ジュニア(41)からも入籍前日…

大阪パフォーマンスドールのリーダーだった(左写真・右下が本人)

あの人は今こうしている

元WEST END×YUKIの武内由紀子はTVレギュラー3本の売れっ子

その大阪弁バージョンとして今田耕司、東野幸治と組んだユニット、WEST END×YUKIのYUKIだ。当時、大阪パフォーマンスドールのリーダーだった武内さん、今どうしているのか。 会ったのは渋谷のカフェ。同伴した女性マネジャーの名刺には「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」とあった。 「大阪パフォーマンスドールは、篠原涼子さんたちがいらっしゃった東京パフォーマン…

今田耕司だけで十分だった?

今田耕司で十分なら…「鑑定団」石坂浩二の後任は必要か?

あの番組には今田耕司(49)というレッキとしたメーン司会がいる。だったら、わざわざ新たに“添え物”を入れる必要があったのか、というわけだ。 「今田は今や、TBSの大型番組『オールスター感謝祭』や同じくTBSの『炎の体育会TV』を一人で仕切っている“大物”司会者です。また鑑定士の中島誠之助や北原照久もすでにベテランの域でしゃべりに何の不安もない。さらに出張鑑定のコーナ…

今田耕司

今週グサッときた名言珍言

「俺の司会、優しさだけが売りなんだよね」by 今田耕司

お笑い番組の司会が今田耕司(49)なら、とりあえず安心して見ていられる。絶対に面白くしてくれるし、スベった芸人も“おいしく”してくれる。芸人のみならず、お笑いファンからも絶大な信頼を寄せられているのが、今田の司会っぷりだ。 復活した「M-1」の司会にも当然のように再起用された。最下位に沈んだハライチをすかさずフォロー、「優しいですね」と返されて口を突いたのが今週の言…

太田光代社長と「ギャラ高い」と言われた太田光

さんまと今田耕司暴露 太田光代社長のシビアな“ギャラ交渉”

すると番組に出ていた今田耕司が太田をフォローする意味で「(妻の)太田社長はギャラ交渉がキツいねん」と発言。さらに、ギャラを巡って番組プロデューサーと太田社長が揉めていることまで“暴露”してしまったのだ。 自社のタレントを高く売るためのギャラ交渉は重要な仕事だが、太田社長を巡っては以前から業界内でシビアなエピソードが語られていた。 「とくに看板タレントの爆笑問題は“安…

番組で一般女性との入籍を発表

2017 新春「笑」芸人解体新書

幸せボケ心配無用? 時代と逆行する有田哲平のおふざけ芸

岡村隆史(46)、今田耕司(50)らと並んで「万年独身貴族芸人」の代表格と思われていた有田の突然の結婚は、お笑い界に衝撃を与えた。 12月5日放送のレギュラー番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)で有田が結婚の事実を告げると、何も知らされていなかった共演者のネプチューン、チュートリアルは一同ア然としていた。何しろ有田といえば、真剣な顔でふざけたことを言う芸風で知ら…

新番組の司会に就任する石坂

あれもこれも言わせて

石坂浩二は健在 「ごきげんよう」では頭脳明晰で冗舌だった

今田耕司の代わりならともかく、2人司会体制っておかしな話だ。 番組の制作会社ネクサスと、福沢朗の事務所ノースプロダクションは同じ系列の会社だからと、正直に言ってくれたほうがスッキリする。 今回のことでテレ東の看板番組にケチがついたのが残念。またひとつテレビの闇があぶり出され、テレビ離れが進まなければいいが。…

人気者投入でさらなる視聴率アップ?

吉本座長の辻本茂雄を抜擢 「あさが来た」NHKの思惑は?

新喜劇入団後もしばらくは今田耕司、東野幸治らの陰で端役に甘んじていたが、次第に頭角を現し、99年からは座長を務める。持ちネタの「茂造じいさん」は鉄板の人気キャラで、イベントや営業先にも引っ張りだこだ。 「競輪選手を諦めお笑い入り。漫才で挫折して新喜劇。東京進出を狙っても大阪臭が強すぎるからと大阪に戻されるが、奮起して上方お笑い大賞受賞と、挫折をバネに成長してきた、ま…

None

NHKケータイ大喜利突然終了の波紋

11日の放送で司会の今田耕司(51)が「大事なお知らせです」と話すと、塚原愛アナから4月8日の放送をもって終了することが告知されたのだ。同番組は2005年からスタート。12年にも及ぶ歴史に幕を下ろすこととなった。 「歴史ある人気番組が、生放送で突然終了を発表するのはあまり考えられないこと。しかも、終了まで1カ月を切っている。通常は会長会見や放送局長会見などで事前に発…

板尾創路

今週グサッときた名言珍言

「シンプルなんが好きやねんな。引き算や、俺はなんでも」by 板尾創路

ダウンタウンを筆頭に今田耕司、東野幸治、相方のほんこんらと「はっきり差が出て」くる。「出来るもんと出来ないもんがはっきりしてくる」。 だから、これは今田や東野には勝てない部分というのを痛感させられた。当然、それは悔しかった。だが、自分の強みと弱みが分かったことで、すごくやりやすくなったという。自分が勝てないと思った部分は「どんどん捨てていって諦め」ることができたのだ…

ふっくら?(1月16日撮影)/(C)日刊ゲンダイ

水沢アリーが髪色イメチェンも “別の異変”がネットで話題

昨年、芸人の今田耕司からテレビ番組で「アリーちゃん、顔パンパン!」と突っ込まれ、激太り説が浮上したばかり。チャームポイントの“くっきり二重”をめぐっても、真偽不明の情報が飛び交っている。 その水沢は、サッカー元日本代表でJリーグ浦和の槙野智章(26)と交際中。正月は槇野の故郷・広島に一緒に行き、“ゴールも間近か”と報じられた。やっぱり幸せ太りなのだろうか……。…

None

ラジオで反省の弁も…「次長課長」河本はなぜ許してもらえない

その河本が12月13日、先輩芸人の今田耕司のラジオ番組に出演し、仕事量が減ったことや、家族で外食できないなど、肩身の狭い思いをしてきたことなどを明かし、反省の弁を口にした。 ところが、バッシングされた過去をネタにしたことが、またネット住民の怒りの火に油を注いでしまったのだ。 「<こいつだけは絶対に許さない>などと、散々な書かれようです。不倫離婚の矢口真里にしてもそ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事