日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

かっぱ寿司の関連ニュース

大炎上!

過激発言で炎上 1部上場「コロワイド」はブラック企業?

同社は「甘太郎」のコロワイドMD、「牛角」のレインズインターナショナル、「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイトを傘下に持つ東証1部上場の持ち株会社だ。 神奈川県生まれの蔵人会長は県内の私立高を卒業後、1966年に同社に入社した。83年に社長に就任して以来、国内外で2782店舗を展開する2000億円企業に成長させたやり手で、同社の個人筆頭株主だ。 事の発端は2月23日ご…

優良銘柄を安く買えるチャンス

9月株主優待の今こそ買い時 「外食・食品関連」狙い目21銘柄

家族サービスを念頭に置けば、レストラン「うかい亭」のうかいや、しゃぶしゃぶ「木曽路」、「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイトあたりだ。 「日経平均はこの先しばらく2万円を目指しながら一進一退を繰り返すでしょう。ただ、下値はほぼ固めた。後から振り返ったときに、15年夏の暴落局面は絶好の買い場だったとなりそうです」(株式評論家の倉多慎之助氏) 9月株主優待の権利を得るには2…

写真はイメージ

個人支出が大減速 暑くても“節約モード”で消費戻る気配なし

普段買わないぜいたく品に使われないと、政府が期待するような効果は得にくいでしょう」(藤代宏一氏) 小売業の売り上げ動向(7月)をみると、訪日客の爆買いで潤う百貨店は前年比プラスだが、通販のニッセンやシャディ、居酒屋「ワタミ」、カー用品の「オートバックス」、コンビニの「サークルKサンクス」、回転寿司「かっぱ寿司」など庶民に身近な流通業は前年同月比でマイナスだった。ユニ…

スシローの勝ち

損得で答える人生相談

働くならどっち? スシローGH×カッパ・クリエイト

一方、カッパ・クリエイトは国内352店舗を置く「かっぱ寿司」を展開する企業です。タッチパネルや特急レーンをライバルに先駆けて導入しています。かつては回転寿司業界で売り上げ1位でしたが、14年に居酒屋チェーンのコロワイドの傘下に入っています。 前期の連結売上高はスシローの1477億円に対し、かっぱ寿司が803億円。経常利益は46億円と27億円で共に黒字ですが、売り上…

訪日客にも人気

企業深層研究

神明 居酒屋ワタミ、元気寿司に出資したコメ卸の大手

続いて13年4月、回転ずし「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイトホールディングス(HD、現・カッパ・クリエイト)と資本提携。同年11月に持ち株を買い増して筆頭株主となり、神明の藤尾がカッパHDの会長兼社長に就任。カッパHDと元気寿司の経営統合を進めた。 しかし、カッパHD側が猛反発して経営統合は失敗した。14年10月、神明はカッパHDとの業務提携を解消。保有していたカ…

現在は非上場

企業深層研究

あきんどスシロー 内紛、乗っ取り、転売の歴史

ゼンショーはスシローの株式を手に入れる2週間前、当時、業界首位だった「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトの31・2%の株式を取得していた。回転ずし業界1位と2位の筆頭株主になったわけだ。ゼンショーは「はま寿司」を手がけており、小川は回転ずし業界の覇権を狙った。 兄の義雄は敵対的買収を撃退するため、ホワイトナイト(白馬の騎士)を招く。投資ファンドのユニゾン・キャ…

損得で答える人生相談

ゼンショー×コロワイド 買収で事業拡大する2社の待遇は

「焼肉 牛角」「しゃぶしゃぶ温野菜」「かっぱ寿司」などを傘下に持ちます。 売上高はゼンショーが5257億円で、コロワイドの2341億円を3000億円近く上回ります。ただ、対前年比の成長率に関しては、ゼンショーの2.7%に対し、コロワイドが31.8%と大きく勝っています。 社員の平均年収はどうでしょうか。有価証券報告書によると、ゼンショーは589万円、コロワイドが40…

経済指標はメタメタ (C)日刊ゲンダイ

経済指標は前年割れ一色 官製相場が惑わす「株価2万円説」

外食も散々で、牛丼チェーンの「吉野家」や、回転寿司「かっぱ寿司」の1月売上高は前年をクリアできなかった。 ■個人消費は冷え込んだまま サラリーマンの実質賃金は直近統計によると、昨年12月まで18カ月連続で減少し、家計の消費支出は食費や娯楽費、通信費を中心に減っている。 「個人消費は相変わらず冷え込んだままです。それなのに庶民感覚の景況感とは無関係に株価だけが上昇を続…

客が戻らない/(C)日刊ゲンダイ

百貨店、流通、飲食ボロボロ…消費増税で繰り返す「あの惨状」

消費増税の影響を受けた4月と同じような雰囲気が漂いだした」(百貨店関係者) 野菜や肉、生活雑貨などを扱うスーパーのユニーや、ドラッグストアのカワチ薬品、「かっぱ寿司」で知られるカッパクリエイトなど、庶民生活を支える小売業も軒並み前年割れとなった。通販のニッセンは17.5%減だ。 2日に決算発表したセブン&アイHDの村田紀敏社長も、「前回の消費増税時と比べ、売り上げの…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事