日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「黒田博樹 ヤンキース」に関する記事

球団GM人事に振り回されそう/(C)AP

ヤンキース新GMにビーン氏急浮上 マー君の来季にも影響か

節目のシーズンに結果を出せなかったことでオーナーの怒りが爆発するのは当然として、火の粉は田中将大(25)、イチロー(40)、黒田博樹(39)ら日本人選手にも及ぶ可能性もあるから、たかが球団人事と看過できない。 ■ぜいたく税対策にライバル封じ 「キャッシュマンの後任の最有力候補は、あのビリー・ビーンと聞いています」と言うのは、東海岸のある球団関係者だ。 ビリー・ビーン…

None

メジャー初心者でもわかる マー君「移籍先候補球団」徹底ガイド

(4)デレク・ジーター遊撃手(39)、アレックス・ロドリゲス三塁手(38)、CCサバシア投手(33) (5)松井秀喜(03~09年)、井川慶(07~11年)、黒田博樹(12年~)、イチロー(12年~) (6)09年からア・リーグ東地区優勝(ワールドシリーズ優勝)、2位(リーグ優勝決定シリーズ敗退)、優勝(地区シリーズ敗退)、優勝(リーグ優勝決定シリーズ敗退)、3位…

2月で40歳/(C)AP

「野村監督辞任」は広島からヤンキース黒田への“ラブコール”

続けて口にしたのが、ヤンキース黒田博樹(39)の復帰計画だ。 黒田は今季11勝9敗、防御率3・71と今季も先発ローテーション投手としての役割を果たしたが、ヤンキースとの契約延長は微妙な状況。ジラルディ監督は「投手陣最高齢だが、安定感はナンバーワン。来季も十分にできる」とラブコールを送り、キャッシュマンGMも「クロダとの残留交渉はオフの優先事項の1つ」としているものの…

None

New York メディアとファンの正体

NYでの黒田の評価がうなぎ登り

そんな中、孤軍奮闘しているのがヤンキース3年目の黒田博樹(39)だ。黒田は、日本時間4日のレッドソックス戦でも7回1失点と好投して10勝目(8敗)を挙げた。日本人初の快挙となる5年連続2ケタ勝利を記録した黒田は、ヤンキースの開幕ローテーションの中でただひとり、休みなく投げ続けている大黒柱だ。 しかし、黒田のパフォーマンスが地元メディアに「真のエース」として取り上げ…

ピンストライプは見納めか/(C)AP

黒田が今オフ広島復帰 ヤンキースが再契約を見送る方針

19日(日本時間20日)のブルージェイズ戦に先発、7回途中3失点で3試合ぶりの白星となる今季11勝目を挙げたヤンキースの黒田博樹(39)が、今オフの去就に関して、親しい関係者にこう話したという。。 「ボロボロになる前に戻ろうと思っている。そろそろ考えないといけないかな」 もちろん「戻る」場所は広島だ。 今季は右膝手術のエース左腕サバシア、右肘靭帯部分断裂の田中ら開幕…

None

イチロー超えも視野? 14億円を蹴飛ばした黒田の「勝算」

メジャーでFAになった黒田博樹(38)が、ヤンキースからの14億円提示を拒否したと話題になっている。 ヤンキースの条件提示は、「クオリファイング・オファー」と呼ばれるもの。FAになる選手に対して、旧球団は決められた額のオファーが優先的にできる。それが今季は14億円だった。選手には1週間以内に返事をする義務が生じるが、期限が過ぎた後は旧球団を含めた全球団と交渉できる。…

21億円蹴って4億円で広島復帰/(C)AP

理由は「男気」じゃない 黒田広島復帰にヤ軍の“優柔不断”あり

古巣・広島に復帰した黒田博樹(39=前ヤンキース)。メジャー球団の中には年21億円超のオファーを出したところもあったという。それでも年俸4億円の広島を選んだことから、スポーツマスコミは盛んに「男気」を強調している。 黒田の気持ちの中に古巣への愛着があるのは事実。しかし、それだけで差額の17億円超を捨てるとも思えない。 米東海岸のさる代理人関係者は「要するに黒田は今年…

来季はどこのユニホームを着るのか/(C)AP

FA黒田にオファーなくヤンキースと“決別” 他球団に移籍へ

旧所属球団がFA選手に対して1年契約を提示する「クオリファイング・オファー」(QO)の申請が3日(日本時間4日)に締め切られ、ヤンキースは黒田博樹(39)にオファーしなかった。 QOは12年に導入されたFA移籍に伴う旧所属球団への補償制度。戦力として計算する選手に対して、その年の年俸上位125選手の平均年俸額(今年は1530万ドル=約17億4400万円)で引き留め…

6日のエンゼルス戦も白星を手にできなかった

勝ち星遠いヤンキース田中 評論家は首脳陣の“過保護”指摘

今季の状態を見る限り、昨季までのように離脱することなく、シーズンを通して働くのは十分に可能だと思いますね」 一昨年まで同僚だった黒田博樹(現広島)は08年にドジャースに移籍して以降、同じように投球スタイルを変えてメジャーに適応した(通算7年で79勝79敗)。 「勝ち星がつかないのは、打線の援護以上にジラルディ監督の見極めが早過ぎることが大きいのではないか(今季100…

None

黒田は越えられ、イチローはハネ返されるヤ軍「年齢の壁」

黒田博樹(39)とイチロー(40)。ともにヤンキースに所属して、年齢もひとつしか違わないのに、その境遇は天と地ほどの開きがある。 先発2番手の右腕エースで、年俸16億円の黒田に対し、イチローは外野の控えのそのまた控えという扱い。本人はオフのトレーニングや調整がうまくいったのか、今季に自信をもっているといわれるものの、キャンプで出遅れたソリアーノにメドが立てばすぐさま…

None

冷徹、ダブつき、墓場…マー君が直面するメジャー事情

黒田博樹(38)だって、いまはエース格と持ち上げられているものの、結果が出なければシーズン中でも切り捨てられる。 ヤンキースはこれまで、ワンマンオーナーが球団を牛耳ってきた。別名「ビッグ・ボス」。負ければ監督室に直接電話をかけて、指揮官を怒鳴り散らす。大金を積んで働かない選手は、容赦なくクビにした。球団関係者にはボスのスパイがうじゃうじゃ。内部情報にも精通していた。…

None

「マー君争奪資金」捻出か? 大物メジャー選手FA移籍が本格化

ヤンキースは黒田博樹投手(38)と1年16億円で再契約。さらにベルトラン外野手(36=カージナルスからFA)を3年45億円で獲得。一方、ヤンキースからFAになっていたカノー二塁手(31)は10年240億円でマリナーズ、グランダーソン外野手(32)は4年60億円でメッツに移籍した。 ヤンキースは、カノーの莫大な要求を拒否。手広く補強をしながら、着々と田中資金をため込…

田中

GM発言は建前か 田中将大の「WBC出場」期待できない理由

日本人メジャーは、黒田博樹が13年大会を辞退、松井秀喜も野手でありながら出場がかなわなかった。田中は7年161億円の大型契約を結んでおり、故障が再発したら今後の契約を棒に振ることになる」 田中と同様、日本人メジャーはダルビッシュ、前田健太ともに肘に古傷を抱えている。守護神候補の上原浩治は来季の去就が未定。野手では青木宣親がアストロズへの移籍が決定。イチローが今さら、…

マウンドに別れを告げた

黒田博樹 男気の真実

麦わら帽子かぶり釣り フロリダで見せた穏やかな笑顔

その日、黒田博樹はのんびりと釣り糸を垂らしていた。挨拶をすると、笑顔で返答してくれたのが昨日のことのように思い出される。 彼がヤンキースに移籍した2012年2月のこと、話を聞くためにキャンプ地のフロリダ州タンパを訪れた。 キャンプ期間中、日本のプロ野球の球団は全員がホテルに泊まるが、メジャーの場合は選手たちが期間貸しの家に住む。 ヤンキースが手配した家には庭があり、…

7月に日米通称200勝を達成

山内泰幸が語る「カープ戦士」の正体

「調子は?」に黒田博樹は「しんどい」とポツリ

「食欲は全然落ちないですね」 クロ(黒田博樹)が笑みを浮かべてこう言いました。 昨年の12月、クロと二軍監督を務める水本勝己さんと3人で、イノシシのしゃぶしゃぶを食べに行きました。広島市内にあるこの店には、以前から足しげく通わせてもらっています。 クロは「うまい、うまい」と言って、どんどん肉を鍋にくぐらせます。私と水本さんがギブアップしたあともクロは、「全然いけます…

黒田の勇姿は見納めなのか

200勝とカープ優勝が花道…黒田“今季限り引退”に現実味

「200勝してチームが優勝したら、潔くユニホームを脱ぐんじゃないか……」 広島の黒田博樹(41)について、チーム周辺ではこんな話が出ている。 大記録をかけて臨んだ昨6日の中日戦は「高めに浮いた球をきっちり捉えられた」と話した通り、6回3失点で降板。野茂英雄に続いて2人目となる「日米通算200勝」は持ち越しとなったが、“記録達成”は時間の問題。気になるのはやはり、黒田…

黒田夫人と子供はLA在住/(C)AP

単身赴任はつらい…ヤ軍黒田の去就を決める“夜のストレス”

「ヒマでヒマで仕方がない」 ヤンキースの黒田博樹(39)が親しい関係者にこぼしているという。 今季はチーム最多の199イニングを投げ、11勝9敗、防御率3.71。年齢と16億円の年俸がネックになり、ヤンキース残留の可能性は低いが、単年17億円を提示しているドジャースをはじめ、複数球団が獲得を狙うなど引く手あまただ。 そんな黒田が年俸以上に気にしているのがストレスだと…

黒田はとっくに見限られている/(C)AP

ゴジラ松井の例も…黒田に煮え切らないヤ軍GMの“二枚舌”

「現役を続けるか、米国か、それとも日本でやるのか、彼の決断を待っている」 ヤンキース・キャッシュマンGMが10日(日本時間11日)、FAになった黒田博樹(39)に関してこう話した。すでに黒田の代理人とは連絡を取っているそうで、黒田が自らの去就を決断した時点で、オファーするかどうかを判断するという。 今季の黒田はサバシア(34)、田中将大(26)ら先発陣が相次いで離脱…

新人王争いではマー君のライバルだった/(C)AP

強打者ズラリ…日本人投手はア・リーグ中地区に行くべからず

今オフは黒田博樹(39)がヤンキースからFAとなり、オリックスの金子千尋(31)はポスティングシステムでメジャー移籍を目指すといわれる。強打者相手に真っ向勝負の自信があればともかく、結果を残したいなら他の地区を選ぶのが無難か。…

2人への影響は必至/(C)AP

ヤ軍GM留任 暗雲漂うマー君の「前途」とイチローの「去就」

現在、ヤンキースには田中将大(25)、イチロー(40)、黒田博樹(39)の3人が所属しているが、「タナカにとっては間違いなくシビアだ」と、ヤンキース担当の米国人記者がこう続ける。 「7月、右肘靱帯部分断裂で戦列を離れたときのことです。最終的には医者の判断で見送られましたけど、キャッシュマンは善後策を協議するミーティングで、すぐにでも手術を受けさせるべきと訴えたらしい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事