日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鈴木大地に関する記事

鈴木大地氏はジジ殺し

スポーツ庁初代長官 鈴木大地氏に白羽の矢が立つ本当の理由

10月1日に発足するスポーツ庁の初代長官は鈴木大地氏(48)で本決まりのようだ。水中を潜って進む「バサロ泳法」を武器にソウル五輪の100メートル背泳ぎ金メダリストに輝いた、あの鈴木氏だ。 「当初はスケート連盟会長の橋本聖子参院議員と、ロス五輪柔道金メダルの山下泰裕氏が本命視されていました。しかし橋本さんは、去年、フィギュアスケートの高橋大輔選手とのキス写真が報じられ…

橋本聖子(左)は政治家、池谷幸雄はタレント

スポーツ関連予算に血税324億円 使い道に疑問の声噴出

スポーツ庁の鈴木大地長官は、「各省庁が軒並み予算を削られている中、昨年に引き続き10%(以上)の伸び。期待と責任も大きくなる」と語った。 1000兆円もの借金があるといわれる国が、毎年300億円もスポーツ関連に税金を投入し、東京五輪でのメダル量産につなげようとしている。 スポーツファンの松野弘氏(東農大客員教授)は「文化後進国かスポーツを政治利用したい独裁国家のやり…

None

ヘタクソプロ野球 カネを払って見る価値なし

侍ジャパンに選出された選手のユニホームは飛ぶように売れて、スポーツ庁の鈴木大地長官は「ますます野球人気が高まるのではないか」と言っていたが、開幕カードを見る限り「人気の冷え込み」を心配しなくてはいけないのではないか。 「スポーツマスコミももっと厳しく報じないといけません。27四球の広島―阪神戦も、ゲーム内容のひどさより延長十回にサヨナラ安打を放った広島の安部をヒーロ…

「施設見直し」で対立が続く知事と会長

五輪施設見直し 森喜朗会長の「IOC受けつけない」はウソ

アスリートを第一に考えるのであれば、そうした選手の気持ちをくむべきです」 この日はリオ五輪カヌー・スラローム男子カナディアンシングルの銅メダリスト羽根田卓也(29)が鈴木大地スポーツ庁長官を表敬訪問後、「東京五輪なのに会場が東京と違うなら寂しいし、絶対に嫌だと思う」とコメント。小池知事は18日にIOCトーマス・バッハ会長(62)と都内で会談する。バラバラになった東京…

巨人の大田も能力は高い

権藤博の「奔放主義」

野球界には未来の五輪メダリストが埋もれている

スポーツ庁の鈴木大地長官が、高校球児の他競技転向を推奨するプランを披露した。20年東京五輪と、それ以降の大会でメダルを量産するための強化策のひとつで、「17万高校球児のうち10万人以上は試合に出ずに終わる。ここにも人材がいる」と言ったのである。 確かに、野球界には才能があふれている。二刀流でとんでもないパフォーマンスを見せる日本ハムの大谷翔平(22)は、バレーボール…

メダル量産を掲げたが…

鈴木スポーツ庁長官 “五輪メダル量産プラン”のオメデタサ

スポーツ庁の鈴木大地長官(49)が3日、五輪でのメダル量産を掲げた「鈴木プラン」を発表。20年の東京五輪と以降の大会に向け、「日本はメダル獲得が安定して期待できる競技が固定的かつ少数」と指摘し、高校球児ら運動能力に優れたジュニア世代を他競技にスカウトする発掘事業などを柱とする強化策を打ち出した。自国開催の五輪でメダルラッシュ! と意気込むのだが、浮かれている場合で…

小池百合子元防衛相と長妻昭元厚労相の“元大臣対決”

長妻昭氏vs小池百合子氏 “ポスト舛添争い”元大臣の激突に

そんなこんなで結局、候補者探しは著名人に傾いてしまうのです」 いま自公が担ぐ候補として取り沙汰されているのが鈴木大地スポーツ庁長官(49)、初代Jリーグチェアマンの川淵三郎氏(79)。小池百合子元防衛相(63)、石原伸晃経再相(59)、丸川珠代環境相(45)といった東京都選出の国会議員。さらに橋下徹前大阪市長(46)や小泉進次郎衆院議員(35)の名前まで挙がっている…

室伏広治(左上)は東京医科歯科大教授、田中理恵(左下)は母校日体大助教

識者も疑問符 スポーツ選手「大学教授任用」甘すぎる基準

88年ソウル五輪100メートル背泳ぎの金メダリストで、初代スポーツ庁長官に任命された鈴木大地氏も06年から、母校の順天堂大学スポーツ健康科学部助教授(現教授)に就いた。07年に健康関連イベント参加者の生活習慣と健康状態に関する研究(共同執筆)をテーマにした分析で博士号を取得したが、このようなケースはまれだ。 ■学生集めの広告塔 「大学教授の資格」(NTT出版)の著…

次から次へと醜聞が出る巨人

腐敗止まらぬ巨人軍 球場を“賭場”にしていた選手の金銭感覚

早速、鈴木大地スポーツ庁長官は「好ましくない」とし、巨人、NPBが「賭け行為ではない。少額だから敗退行為ではないと判断した」ことについても、「お金の感覚も人によるのでそういう判断をされたと思うが、何ともいえない」と表情を曇らせた。試合の勝敗を対象に“握り”をしていながら、「賭けには当たらない。敗退行為ではないから問題ない」という巨人とNPBの認識が今回の騒動を招い…

平沢はスピードに慣れたら通用する

2016年 キャンプ探訪記

【ロッテ】伊東監督は「順調なら」平沢を一軍で使うと言った

伊東監督が遊撃手の鈴木大地を二塁に回してまで平沢を使っているのは、話題づくりのためではない。「このまま順調にいけば(一軍で)使いますよ」と、キッパリ言った。 21日のオープン戦(対日本ハム)には、代打で途中出場し、昨季新人王右腕の有原と対戦。空振り三振と中飛に倒れると、「全てのボールが違った」と脱帽したが、高卒1年目の私もプロのスピードに慣れるまでには時間がかかっ…

ロッテの平沢大河

ロッテ・ドラ1平沢は“特殊能力”の「観察眼」を生かせるか

4年前に東海大甲府高から中日入りしたドラ1内野手の高橋周平は伸び悩んでいるが、平沢の観察眼とバットコントロールがあれば、先輩遊撃手の鈴木大地もうかうかしていられない。…

森喜朗元首相(左)と飯島勲氏

支持率アップの“切り札”か 安倍首相「森会長更迭」の現実味

10月1日に発足するスポーツ庁の初代長官も、森会長が推した川淵三郎Jリーグ初代チェアマンではなく、鈴木大地氏が就いている。安倍官邸は森切りに動くのか。 「安倍首相の周辺が、森会長のままでは五輪ムードが盛り上がらないと懸念しているのは確かでしょう。でも、更迭するのは簡単じゃない。まず、適当な後任が見当たらない。安倍首相も、森会長には借りがあると思っているようです。新国…

新役員の鈴木大地、高橋尚子、室伏広治の3氏は40代だが…

存在価値なきJOC 内部からも「老人クラブ」と非難の声噴出

18日のJOC選考委員会で決定した役員には新たに鈴木大地(48=日本水泳連盟会長)、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子(43)、アテネ五輪陸上男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治(40)の3人の40代が名を連ねた。が、最高齢の張富士夫・日本体育協会会長(78)を筆頭に65歳以上の役員が13人も含まれている。 20年東京五輪開幕まで5年と迫りながら、遅…

記者会見で当日のバッグの中身を確認する冨田(右)/(C)日刊ゲンダイ

カメラ窃盗疑惑もう一つの疑問 冨田を見捨てた水連の“思惑”

水連の泉専務理事は「我々もJOCも大使館員の方も一生懸命フォローした」と言い訳したが、鈴木大地会長の「やっていないという話は聞いていたものの、本人も混乱していたし、防犯カメラの映像もあった。取り調べで認めていて、証拠もあり、どうにも対応できなかった」との釈明を聞く限り、手をこまねいているだけだったことがよく分かる。 だから、こんな声も出てくるのだろう。 「本人が無…

ヤリたい放題の森会長/(C)日刊ゲンダイ

五輪組織委が“水膨れ”…元凶は森会長のワンマンと八方美人

さらに五輪経験者ら21人の「アスリート委員会(委員長は鈴木大地・日本水泳連盟会長)」なるものもできるという。 総勢282人! ここまで膨れ上がったのは、森喜朗・組織委員会会長に原因がある。 「メディア委員会にはマスコミ各社から2~3人ずつ満遍なく入っています。最初は各社に推薦者を挙げてもらって、そこから組織委員会が人選することになっていたそうですが、方針を変更したの…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事