日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「金本知憲 バット」に関する記事

金本監督の手腕にかかっている

開幕スタメンは確実も 虎元監督が高山の「本当の課題」指摘

これには金本知憲監督(47)も「見ていて楽しい。凡打しても軸が崩れない。タイミングが合えばという選手。期待できる。開幕一軍? 打ち続ければ、もちろんありますよ」とキッパリ。阪神の新人野手としては2012年の伊藤隼太(26)以来のスタメン出場を示唆した。 高山は明大時代、首位打者のタイトルこそないものの、抜群のバットコントロールで48年ぶりに東京六大学の通算安打記録…

高山をめぐり複雑な関係?

“超変革”求めるがゆえ…金本阪神に燻ぶる「3つの火種」

(チームの雰囲気が)変わってきている感触はある」 29日、阪神はキャンプを打ち上げ、金本知憲新監督(47)が満足そうに総括した。 今キャンプでは、伸び悩みが続いた若手野手たちがキラリと光るものを見せた。高卒3年目の横田慎太郎(20)、大卒2年目の江越大賀(22)、大卒3年目の陽川尚将(24)らがアピールを続け、ドラフト1位の高山俊(22=明大)もキャンプ終盤に一軍昇…

金本監督は「ヤクルトを意識」と

金本阪神はヤクルトの「いいとこ取り」が貧打解消の秘策

「警戒するチーム? やっぱり優勝したヤクルトですね」 去る25日、在阪テレビ番組に出演した金本知憲新監督(47)がこんなことを言っていた。 今季3位に終わった阪神が優勝チームを警戒するのは当然としても、実際に金本監督はヤクルトの「いいとこ取り」を実行しているという。 そのひとつが今季、トリプルスリーを達成した山田哲人らが試合前に毎日行っていた変則ティー打撃の導入。阪…

「広島に拾ってもらった」と新井は言う

プロ入りも周囲の熱意で 広島新井2000安打に“人の縁”あり

■金本、黒田の存在 そんな新井が主軸に成長した裏には、金本知憲現阪神監督の存在があった。 「新井が野村氏の自宅で素振りをした日、広島の選手だった金本もその場にいた。金本は『おまえが新井けぇ』と声をかけただけだったが、新井が広島入りしてからは、怠ける姿を見るや『おまえは誰に入れてもらったんか!』と叱咤激励した。入団した経緯も知っているし、よく面倒もみた。そんな金本が…

達川光男氏(左)と仁志敏久氏

【開幕直前対談】達川光男×仁志敏久 巨神の新監督2人を語る

きょう開幕を迎えるプロ野球、今季の最注目は、ともに指導者経験がほとんどないまま伝統球団を率いることになった、巨人の高橋由伸監督(40)と阪神の金本知憲監督(47)だろう。そこで2人をよく知る巨人OBの仁志敏久氏(44)と元広島監督の達川光男氏(60)に両監督のことを大いに語ってもらった。 ■「ワシはカネに恨まれとる」 ――達川さんは現役選手としても金本監督と1年間、…

熱血指導で選手を鼓舞する金本監督

横田にはダメ出し…指揮官の熱血指導に虎ナインの迷走心配

阪神の金本知憲監督(47)が、初日の江越大賀(22)に続き、この日はプロ3年目の横田慎太郎(20)を直接指導した。フリー打撃だけでなく、全体練習後の個別練習でも、身ぶり手ぶりを交えながら約1時間。「弓を引く感じがまったくできていない」とダメ出しされた横田は、一心不乱にバットを振った。 「言われたからには、真剣に取り組んでいかないと打てない」(横田) 横田は昨季二軍…

「超変革」をテーマに掲げる金本監督

金本阪神 課題の得点力アップには“鳥谷の打順”がカギ握る

8日、阪神の金本知憲監督(47)が新人合同自主トレを視察。1位の高山俊(明大)らの動きをチェックした。 その金本監督は「超変革」をテーマに掲げている。課題は得点力のアップだ。昨季、チーム465得点はリーグ最低。昨秋キャンプでは、ファーストストライクから積極的にアプローチすることを選手に求めた新監督の攻撃におけるキーマンになりそうなのが鳥谷の打順である。 鳥谷は昨季、…

「勝ちながら再建していけたら」と

阪神新監督に金本氏 “鉄人アニキ流”でパワーヒッター育てる

阪神の監督就任が決まった金本知憲氏(47)は12年に現役を引退して以降、これまで一度も指導者経験がない。はたしてどんな野球をやるのか。ヒントは金本氏自身の現役時代にありそうだ。 氏は広島県出身。広陵高時代は甲子園経験もない。東北福祉大4年時に大学選手権初優勝の立役者となったものの、プロがドラフトの上位指名を検討するほどの選手ではなかった。 「痩せこけて、ひょろっとし…

総合で放送してほしい

民放バラエティーとは一線 NHK「スポーツ語り亭」の魅力とは

舞台となるミッツ・マングローブが仕切るお店に現れたのは掛布雅之、金本知憲、山崎武司。カウンターに腰かけ、「4番バッター」というテーマについて語った。 3人の思い出のホームラン映像を見ながら、江川との名勝負を演じた掛布が「あの球(江川のアウトハイのまっすぐ)を打ったのはおまえだけだろ」とコーチに言われたという裏話をマジメに披露すれば、山崎は「(4番になる前は)遊ぶこ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事