日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

大和ハウス工業の関連ニュース

None

カジノ構想に沸くお台場 早くも過熱し始めた「土地バブル」

事業主体はフジの子会社のサンケイビルと三井不動産、大和ハウス工業――。 そして今年8月下旬、すぐ近くの有明で3.6ヘクタールの土地が売り出されると、大和ハウス工業が相場の倍近い421億円で落札した。同社は「物流拠点にする予定」(広報部)と説明するが、MICEに絡んだ企業の話だけに、専門家は懐疑的だ。 「相場の2倍を払って土地を落札したのは、2倍払ってもリターンを望め…

ベストセラー早読み

「段取りの“段”はどこの“段”?」 荒田雅之、大和ハウス工業総合技術研究所著

(新潮社 700円+税)…

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

気になるアイツの給料

【大和ハウス工業】目標達成でボーナスにドンと差がつく

今後は同期の女性のほうが出世していくかもしれませんね」…

None

企業深層研究

ロイヤルHD リッチモンドホテルが新しい営業の柱に

大和ハウス工業、ロイヤル(現・ロイヤルHD)、福岡地所などの出資で合弁会社ダイワロイヤルを設立して、ロイネットホテルの運営に乗り出した。2004年、ダイワロイヤルを大和ハウス側とロイヤル側に会社分割。ロイヤルが92%、福岡地所が8%出資してアールエヌティーホテルズを設立し、ロイネットホテルの事業を継承した。その後、リッチモンドホテルに名称を変更して、ビジネスホテルを…

None

役所広司で仁義なき復活

大和ハウス工業のテレビCMでもお馴染みのコンビだけに息もぴったりだろう。 役所とともに、平成の日本映画界で両雄と称される渡辺謙(57)が例の不倫報道でケチョンケチョンの中、役所の存在感がますます高まっている。…

裏街・色街「アウトロー読本」

かっこよすぎるぞ、岡康道!

毎回奇妙な味わいの大和ハウス工業。彼が率いるタグボートのテレビCMは一癖も二癖もある。 その岡康道による初の自伝的小説が文庫化された。 冒頭から予想外の展開をみせる。亡き父の遺骨を納めようと佐賀県嬉野の寺を訪れるのだが住職から拒絶される。生前の実父はなにやら闇を抱えた人物だった。税理士を本業としながら実父は裏で何かビジネスをおこなっていた。消息不明になったかと思うと…

人型ロボットの「Pepper」

介護を助ける“切り札”はコレだ

癒しロボット 脳トレ機能付きのヒト型やアザラシ型が登場

また、同じロボットでも、「大和ハウス工業㈱」(東京本社=東京都千代田区)が販売しているのは「メンタルコミットロボット『パロ』」。ペットを飼うことができない主に単身高齢者を相手にしたロボットで、アザラシの赤ちゃんをかたどっている。 人を元気づけ、安らぎを与えることが目的のロボットだ。センサーや人工知能の働きで人間の呼びかけに反応し、抱きかかえると喜んで声を出す。 こ…

介護者の負担を軽減

介護を助ける“切り札”はコレだ

腰にかかる負荷を40%軽減 ロボットスーツ実用化の期待

これらの介護ロボットは、8年前から介護事業に参入している「大和ハウス工業」(東京本社=東京都千代田区)が販売を手がけている。 「介護支援用の腰タイプのロボットスーツを着用すると、介護者の負荷が最大40%軽減されます」(同社ヒューマン・ケア事業推進部長の田中一正氏) 重さが2.9キロという「HAL(R)介護支援用(腰タイプ)」は、腰部の負荷となる動作をラクにするもの…

PM2.5やウイルスの付着も除去することができる

健康は住まいがつくる

風速25メートルの「エアシャワー」で花粉をシャットアウト

住宅メーカーの大和ハウス工業では、3年ほど前からエアシャワールームをオプションとして、販売する賃貸住宅に取り付けている。同社で賃貸住宅を担当する堀福次郎常務が言う。 「花粉は衣類の繊維の間に入り込むので、手で払ったくらいでは除去できずに残るといわれます。それがエアシャワーを浴びることで、花粉だけでなくPM2.5やウイルスの一部の付着も除去できます」 同社の設置する…

3月末に1万9000円の声も

テーマは“訪日客”と“防犯” いま仕込む「マイナス金利」銘柄

三菱地所、東急不動産、大和ハウス工業あたりが狙い目です」(杉村富生氏) 設備投資が増えるとの読みで、減速装置に強いハーモニック・ドライブ・システムズやナブテスコ、鉄道株の人気も高まっている。 「海外では、一部の銀行が顧客にマイナス金利を適用しているケースがあります。銀行に預けると損をしかねないと判断する中小・零細企業や個人はタンス預金を増やすでしょう。そこで防犯関連…

創業者の宗次徳二氏(右)と「カレーハウスCoCo壱番屋」の店舗

資産220億円! ココイチ創業・宗次徳二氏の“大逆転”人生

3年後、大和ハウス工業へ転職し、伴侶となる直美さんと知り合う。この出会いが、宗次氏の人生を決定づけた。 「孤児院で育ったこともあって、奥さんと常に一緒にいたい気持ちが強かったのでしょう。2人は会社を辞め、喫茶店を始めます。その店で奥さんの作ったカレーが大評判となり、カレー専門店へと進出していくのです」(松崎隆司氏) 78年に「カレーならここがイチバンや!」の思いを込…

断腸の思い(「喜代村」の木村清社長)/

「すしざんまい」喜代村も撤退…豊洲新市場は“閑古鳥”の恐れ

「喜代村」と共同事業者だった「大和ハウス工業」が2月に撤退を発表。29日、都内で会見を開いた木村社長は、撤退理由として近隣にある「大江戸温泉物語」との競合などを挙げつつ、「断腸の思い。力不足で申し訳ない」と涙ながらに話した。 「喜代村」の撤退で、計画自体が完全に白紙になったワケで、都もマッ青だろう。 だが、そもそも計画自体にムリがあったとみる市場関係者は少なくない…

復興活動も拡大/(C)日刊ゲンダイ

出演5本で3億円!? CMで稼ぐ俳優・役所広司の「真意」

今回のキリンをはじめ、「大和ハウス工業」「ダイドードリンコ」など5社と契約。数は特別多くはないが、競合他社を行ったり来たりしており、役所の人気ぶりがうかがえる。 役所は「ワイ・ケイ事務所」という自身の頭文字を取った個人事務所に所属。一部では「CM出演のギャラは1本5000万~6000万円」ともいわれ、5本だと3億円の計算になる。 「個人事務所なので、自分の稼ぎはまる…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事