日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「落合博満 年俸」に関する記事

None

大リーグの方が“お手頃” フロント、コーチ陣の「報酬」

<オフは他の仕事> 中日落合博満新GMは選手の年俸を大胆に削減する一方で、コーチの年俸は選手最低年俸の1500万円以下であってはならず、2000万円くらいが望ましいという持論を持っているようだ。大リーグではコーチその他の年俸はどうなっているのだろう? <メジャーのコーチ> 輝かしい実績のある投手コーチや打撃コーチは1億円前後を取っているケースもあるが、大半は2500…

落合GM手腕には疑問の声も…

常勝軍団なぜ? チーム在籍40年の重鎮が見た「中日の低迷」

世代交代が必要不可欠の中で、13年オフに就任した落合博満GM(61)のやり方に問題はないのか。東大から中日に入団して約40年間、編成担当、球団代表などを歴任した井手峻氏(71)に話を聞いた。 ――落合GMが就任した昨季、チームはBクラスに低迷。今年は最下位予想をする評論家もいるほどです。 「去年に関しては戦力通りの結果になったというか、若手の底上げだったり、もう少し…

None

権藤博氏が落合GM査定に「好き嫌いでやっている」と疑問符

それって、不思議?」 中日・落合博満GM(59)の言葉である。 ごもっともだ。今季の中日は12年ぶりのBクラスとなる4位に沈んだ。主催試合の観客動員も97年のナゴヤドーム開場以来、初めて200万人を割った。信賞必罰。落合GMの言うように、選手の年俸に厳しい査定が下されても仕方はない。プロとはそういう世界。異論を挟む余地はないのだが、しかし、である。 では、荒木雅博(…

地元名古屋では総スカン

中日低迷の“戦犯”がなぜ? 落合GM「現場復帰」情報の真偽

水面下で落合博満GM(61)と谷繁監督(44)の内紛が勃発している中日。てっきり、落合GMが折り合いの悪い谷繁監督を追い落とし、3年連続Bクラスに沈む中日を自ら立て直す強硬手段に打って出るのかと思ったら、さにあらず、だ。 「着るのはドラゴンズではなく、他球団のユニホームって話だよ。名古屋では、中日低迷の最大の元凶は編成責任者としてまったく機能していない落合GMにあ…

今年は結果が求められる落合GM/(C)日刊ゲンダイ

中日・落合GM「就任2年目」 チームの随所に“オレ流構想”

「動き出したな」 ある中日OBが、落合博満GM(61)についてこう言った。 17日に発表された今季のスタッフ陣容。近鉄などでプレーした大塚晶文氏(43)が二軍投手コーチに就任するなど、6人が新入閣した一方で、昨季とは変化が見られた。 「複数のコーチに『総合』『チーフ』という肩書を付け加えた。一軍では達川(チーフバッテリー)、辻(野手総合)、長嶋(チーフ打撃外野守備走…

フリーアナの早穂夫人は3歳上の姉さん女房/(C)日刊ゲンダイ

3億円更改のマエケンも プロ野球選手の妻は“猛妻”に限る?

例えば、野村克也元楽天監督や中日の落合博満GMは、「今の自分があるのは女房のおかげ」と言ってはばからない。いくら周りが、「悪妻」「猛妻」と言い立てても、そんな夫人に主導権を委ね、結果的に彼らは球史に名を残した。どちらも「姉さん女房」。“金のわらじを履いてでも”を地でいったわけだが、その系譜を受け継いでいるのが、広島のエース前田健太(26)ではないか。 24日、200…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事