日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

川奈ホテルの関連ニュース

パッとしないのは高麗グリーンが理由か

パットタッチ抜群も イ・ボミ“コーライ芝”ではからっきし

11年から日本ツアーに参戦しているイ・ボミは、12年の今大会に優勝しているが、それ以後、コーライグリーンで行われる国内大会(ダイキンオーキッド=琉球GC、フジサンケイ=川奈ホテルGC富士C)では未勝利だ。圧倒的な強さを見せた昨年も、コーライグリーンを攻略することはできなかった。コーライは漢字では「高麗」と表記し、韓国由来の芝だ。 あるツアー関係者が言う。 「イ・ボ…

アジアンツアーを主戦場にする詹が初優勝

青木功やジャンボと大違い 男子ツアーは勝負師不在の時代

川奈ホテルで行われたフジサンケイは尾崎がその年で4勝目とコースを得意にしていた。だが飛ばし屋有利の川奈と違って、三菱ギャラン会場のゴールデンバレーGCは池やクリークだらけで攻めるポイントが限られる。尾崎のような飛ばせばいいというプレースタイルは通用しない。 だから、青木は暗に「コースマネジメントで勝負しようじゃないか」と即座に切り返して挑戦状を送ったのだ。 その三…

イラスト・上間久里

レッスン最前線2015

クロスハンドでスイングするとアイアンの打ち方が劇的に良くなる

舞台となった川奈ホテルGCは砲台グリーンが多く、アイアンの精度が求められる。優勝争いに絡んだ選手は例外なく、アイアンをダウンブロー軌道でビシッと打っていた。 本題に入ろう。アイアンをダウンブローに打つことは、アマチュアにも必要不可欠な技術である。 しかしながら、現実はそうは問屋が卸してくれない。多くのアマチュアはボールを上げたくなって、アイアンがすくい打ちになって…

川奈ホテル富士Cで優勝した大山志保

グリーン黙示録

名コースとは何か

先週の女子プロの試合は、伊豆の川奈ホテルの富士コースで行われた。日本にある名コースの一つである。「名コースとは何か」の話になると、明確な定義は難しいのである。プレーする人の持つ考え方や技術によって変わってくるから、である。 ゴルファーにとっては名コースでも、別の人にとっては「むやみにバンカーを多くしただけのコースじゃないか」ということもある。ゴルフのうまい人にとって…

相手のスコアをアップさせ自分も上手になる方法

「初めてプロに習ったらカット打ちをやらされて…」

相手は伸銅品を扱う問屋の社長たちで、磯子カンツリー、武蔵カントリー、川奈ホテルゴルフコースといった名門のメンバーばかり。「空振りはできない」と思ったのも当たり前だ。 「ボールにヒモがついた練習用具(パンチャー)があるでしょう。あれを買ってきて社宅の芝生の上に置いてやっていた。でも、あれ、なんとなくむなしい気分になる。でも、割合、一生懸命、あれをやった。アプローチは早…

初日、単独首位に立ったツアー2年目20歳の松森彩夏

意味不明で不親切…視聴者惑わす戸張捷氏の「ゴルフ解説」

【フジサンケイレディスクラシック】 (川奈ホテルGC富士C=6367ヤード・パー72) お茶の間のゴルフファンにはチンプンカンプンだっただろう。 初日の大会模様はフジテレビ系列のBSとCSで生中継され、ゼネラルプロデューサーの戸張捷氏が解説を務めた。 前週、初優勝を遂げた菊地絵理香(26)が後半になってパーパットを打つシーンでは、「パットのラインの設計図が難しいと思…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事