日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「糸井嘉男 成績」に関する記事

自慢の足を生かせるのは…

移籍を決断か FAオリ糸井争奪戦“巨神一騎打ち”の行く末

9日の中日戦、八回に2点適時二塁打を放った

貧打解消の“切り札” 巨人補強リストに「オリ糸井」の名前

今季開幕直後の3月28日に国内FA権を取得したオリックスの糸井嘉男(34)は、公には自らの去就について言及していない。だが、親しい球界関係者には、「他球団に自分がどう見られているのか。興味はあります」と言っているという。 12年オフに日本ハムからオリックスに移籍して4年目。チームの野手では35歳の小谷野に次ぐ年長選手で、昨季は「人生で初」という主将を任された。このチ…

FA権について言及せず

球団は警戒…オリ糸井「国内FA権取得」も“不気味な無言”

オリックスの糸井嘉男(34)が28日、国内FAの権利を取得した。 札幌市内で練習した本人はFA権について言及しなかったが、一昨年のオフにはポスティングによる米球界挑戦の希望を球団に伝えている。日本ハム時代からメジャー志向が強いことで知られている糸井だけに、オリックスの瀬戸山球団本部長は「必要な戦力。全力で引き留めます」と早くも流出を警戒していた。 地元放送局関係者が…

25日、阪神の入団記者会見で笑顔を見せた

FA糸井を待つ“伏魔殿”阪神の闇

「もっと上」と会見 阪神入り糸井を襲う甲子園の罵詈雑言

オリックスからFA宣言し、阪神入団が決まった糸井嘉男(35)が25日、大阪市内のホテルで入団会見を行った。背番号「7」。金本監督が交渉解禁となった11日の初交渉に同席し、「初めての恋人や」と熱烈ラブコール。糸井は21日にオリックスに阪神移籍の意思を伝え移籍が正式決定したが、01年オフに監督が野村克也から星野仙一になって阪神は大きく変わった。以後、FA移籍してきた選手…

サヨナラ打を浴びガッカリの平野佳

オリ主力が語った森脇監督休養への「悔恨・自責・懺悔」

まずはチームの主将・糸井嘉男(33)に聞くと……。 「責任? それは……もういいでしょ。今後? 自分から今のところ何かをやるというのは……考えていないです」 今季はスタートから打撃不振が続き、現在も打率.224と低迷する。監督休養が発表された前日には「僕のせいとちゃいますか」と絞り出すように言っていた。 ■懺悔の平野はサヨナラ安打浴び… 投手陣のリーダー格である守…

今シーズンは主将も務める糸井

橋本清の取りたて直送便“本音を聞きたい”

最下位オリ糸井が吐露した「打撃不振の原因」と「主将の重圧」

【橋本清の取りたて直送便 “本音を聞きたい”】 オリックスの糸井嘉男(33)に、ようやく本来の明るさが戻ってきました。 「会長から連絡もらってから調子が上がってきましたよ。電話でもラインでも、しょっちゅう連絡くださいよ、会長」 なぜかボク(=橋本)を「会長」と呼ぶ糸井。もちろん、ボクの電話にそんな効果はありませんが、糸井の調子が上向いてきたのは事実です。 前日までの…

None

各球団“マー君キラー”に聞いた 楽天・田中将大の「攻略法」

オリックスの糸井嘉男(32)は「今季、僕は田中から14打数6安打? はあ、ありがとうございます」と言った後、「僕はどうでもいい場面でしか打ってませんよ。マーくんは何段階ものギアを持っている。本気を出すと配球も変わるし、ボールひとつひとつがエグくなる」と脱帽。さらに取材した日刊ゲンダイ本紙記者に何度も、「本気のマーくんの時の打席に立たせてあげたい」と言うくらいなのだ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事