日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「金子千尋 成績」に関する記事

山口俊は3年で総額7億円

FA山口が菅野とほぼ同額…巨人の“給与体系”に評論家苦言

オリックスの金子千尋(33)は4年契約2年目の今季、7勝9敗と負け越した。長期契約を結んだ昨季から2年連続7勝止まりにもかかわらず、年俸は現状維持の5億円。同6億円だった広島の黒田が引退したため、現時点で球界最高額となっているのだ。 阪神の鳥谷敬(35)もしかり。来季は5年契約3年目のため、年俸4億円は変わらない。成績は打率.236、7本塁打、36打点。遊撃のレギ…

球界最高年俸のオリックス金子

ケガ再発懸念絶えず オリ金子「年俸5億円」の不良債権度

14日、オリックスの金子千尋(32)が契約を更改した。今季は開幕出遅れに加えて2度の登録抹消もあり、16試合で7勝6敗、防御率3.19。チームは5位と低迷したこともあって大幅ダウンが当然だが、昨オフに4年総額20億円の複数年契約を結んでいたため、現状維持の年俸5億円にサインをした。 今オフは年俸5億1000万円だった阿部、5億円の杉内と巨人の2選手が大幅ダウン。球…

パのMVPを受賞した金子/(C)日刊ゲンダイ

金子もグラリ? 小谷野の契約内容に見えたオリの“札束攻勢”

オリックスからFA宣言した金子千尋(31)の去就が、徐々にだが見えてきた。それはこのオフのオリックスのカネの使い方とリンクしている。 26日、日本ハムからFA宣言していた小谷野栄一(34)がオリックス入りを表明。条件は「3年3億円」といわれている。「とにかくオリックスのカネの使い方は尋常じゃありません」と、さる日ハムOBがこう言った。 「小谷野は日ハム残留なら、年俸…

None

巨人も気を揉む オリックス金子の“超スローペース調整”

「若くもないので、焦ってもしょうがない」 オリックスのエース、金子千尋(30)のセリフである。キャンプ初日から、投手陣がブルペンで熱の入った投球練習を行う中、第1クール2日目のこの日(2日)も、キャッチボールに筋力強化と、自主トレの延長のようなメニューに終始。チーム内競争に目の色を変える中堅若手を尻目に、今後もマイペース調整を続けていくという。 さるチーム関係者によ…

メジャー相手の好投に前田/(C)日刊ゲンダイ

広島マエケン 今オフ「メジャー移籍」が諦められない理由

折しもオリックスの金子千尋(31)が11日、半ば強引に国内FA権を行使。球団に移籍をちらつかせながらポスティングによるメジャー移籍を模索する動きを見せた。前田自身も12日の日米野球に先発し、5回を2安打無失点。ネット裏に陣取ったメジャースカウトをうならせた。 「とにかく(相手を)ゼロに抑えられてよかった。(メジャー公式球は)日本のボールより動きやすかった。向こうは…

Gキラー/(C)日刊ゲンダイ

オリ金子メジャー志向の誤算 補填に浮上した「巨人キラー」

FA補強の大本命として密着マークを続けていたオリックスのエース右腕・金子千尋(30)に、メジャー志向があることが発覚。前日に瀬戸山球団本部長が明かしたことで、球界で「相思相愛」とウワサされていた巨人は、戦略の再考を迫られることになった。 補強の超目玉。阪神、中日、ソフトバンクなども調査しているため、争奪戦を勝ち抜くために巨人は、こんな“誠意”を用意していたという。…

FA大本命の金子に舌なめずり/(C)日刊ゲンダイ

金子、山井のW獲りも…巨人3連覇で始まるV10強欲補強

FAの大本命はオリックス金子千尋(30)。現在15勝5敗、防御率1.91で投手部門のタイトルを総なめしそうな日本球界のエースだ。巨人の球団関係者は「FAの超目玉。調査するのは当たり前。もし宣言すれば、間違いなく手を挙げるでしょう。競争相手が阪神だろうが、どこだろうが、ぜひ欲しい絶対的エース」と自信を見せる。 中日の山井大介(36)は周辺で「国内FA権を行使するよう…

大竹も強いのは中日だけ/(C)日刊ゲンダイ

巨人の来季補強 “大本命”はオリ金子から中日・山井へ

■相思相愛のはずが… 今オフのFA戦線の目玉は、今月中にも国内FA権を取得するオリックスのエース・金子千尋(30)だ。今季、金子の登板試合には巨人の編成担当者が密着マークを続けている。球界ではすでに相思相愛なんて声も聞かれるが、「金子の心に変化が生じた」と、さる球界関係者がこう言うのだ。 「権利取得を目前にした金子は、親しい他球団の選手に『巨人には行かない』と漏ら…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事