日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中山美穂 アイドル」に関する記事

アイドルとアイドルのツーショット

AKB48島崎遥香 中山美穂との「緊張」のツーショット公開

AKB48の島崎遥香(22)が8日夜、女優の中山美穂(46)との珍しいツーショットをツイッターで公開した。 中山の主演舞台「魔術」を見に行ったという島崎は、「ツーショット...緊張!!笑」と、いつになくかしこまった様子。カメラにほほえむ中山に、ピンと背筋を伸ばして寄り添っている。島崎は中山と同じ事務所に所属しており、先輩の仕事ぶりに身が引き締まったようだ。 ファンか…

朗読劇には「期待外れ」の声が

初の朗読劇も声が震え…中山美穂の寂しき「デビュー30周年」

14日にデビュー30周年記念のオリジナルアルバムコレクションをリリースした中山美穂(45)。計25枚のボリュームで人気アイドル歌手としてヒットチャートを賑わせた過去を彷彿とさせるが、その数日前、彼女は人知れず人生初の朗読劇の舞台に立っていた。 その舞台は10日から12日の計3日間、博品館劇場(東京・銀座)で行われたリーディング公演「HAKUTO~白兎~」。旧知の仲で…

東京芸大卒の音楽家と/(C)日刊ゲンダイ

音楽家と手をつなぎ…不倫発覚の中山美穂は「確信犯」なのか

歌手で作家の夫、辻仁成(54)と離婚協議中の女優、中山美穂(44)に新恋人が発覚した。 「女性セブン」最新号が報じたもので、相手は業界では知られた音楽家の渋谷慶一郎氏(41)。東京・表参道の手つなぎデートを“スクープ撮”されたのだが、中山といえば、25日から主演ドラマがスタートする。 このタイミングで新恋人発覚とは出来過ぎのような気もするが、今はまだ人妻の中山が、渋…

本格復帰は歌手業から?/(C)日刊ゲンダイ

ドラマ主演に歌手復帰も…中山美穂“昔の名前”の商品価値

「やめてもらえますか!」 10日、生活拠点のあるパリから羽田空港に帰国した中山美穂(44)は、詰め掛けた報道陣の質問攻めにこうブチ切れた。 作家でミュージシャンの辻仁成(54)と離婚協議中の中山。今回の帰国はNHK BSプレミアムの主演ドラマ「プラトニック」(5月25日スタート)の撮影のためで、長男(10)も同行。これから2カ月、日本に滞在するという。 「撮影のため…

意外に共通点が多い2人/(C)日刊ゲンダイ

離婚はむしろプラス 中山美穂が目指す“第2の岸恵子”

中山美穂(44)とミュージシャン・作家・映画監督の辻仁成(54)の離婚報道が賑やかだ。 入籍は02年。その後の中山はパリに移住し、04年には長男を出産し、パリに拠点を置き、日本とフランスを行ったり来たりして子育てと女優業をこなしてきた。これまで辻とのすれ違いが取り沙汰されてきたこともあり、さもありなん。 今月24日、久々に都内でのCM発表会に登場して息子について聞か…

電撃婚から12年/(C)日刊ゲンダイ

辻仁成は「寝耳に水」 中山美穂離婚報道の“舞台裏”

セレブな生活を送っていたはずの中山美穂(44)の身に一体、何が起きたのか。 記事によると、夫婦は現在も長男(10)と3人でパリで暮らしているが、すでに離婚に向けた話し合いが始まっているという。子供の親権などクリアにしなければならない問題も多いが、2人の間の溝は埋めがたく、離婚は避けられない状況。それもこれも、09年当時、ハードロックに目覚めた辻が性別の垣根をとっぱら…

涙ながらに自殺騒動を謝罪

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

メリー氏が剛腕発揮 マッチと明菜の金屏風会見

ジャニー喜多川氏のホモセクハラ疑惑などで、事務所への批判の声が強まり始めたこともあったが、やはり松田聖子や中山美穂といった大物アイドルと次々と浮名を流した田原俊彦を筆頭に、近藤真彦や少年隊の錦織一清や植草克秀、シブがき隊の薬丸裕英や布川敏和など遊びたい盛りの若いタレントを多く抱えていたため、恋愛スキャンダル対策の側面が強かった。 「スポーツ紙の記者やテレビ局の担当…

7年ぶりのニューアルバム「TRAD」

この人物のオモテとウラ

7年ぶり新譜リリースの竹内まりや 絶好調の秘訣は十五穀米

この地に足をつけるというか、いわゆる芸能界とちょっと距離を置いたポジションが、シンガー・ソングライターとしてのキャリアの始まりです」(スポーツ紙芸能デスク) その後「駅」「シングル・アゲイン」「純愛ラプソディ」と大ヒットを連発しOLらの絶大な支持を集め、同時に河合奈保子「けんかをやめて」、薬師丸ひろ子「元気を出して」、中山美穂「色・ホワイトブレンド」など、自身の作詞…

演技力は高評価/(C)日刊ゲンダイ

ゼクシィCMに広瀬すず 待望の“美人姉妹”に高まる期待

原田貴和子(49)と知世(46)、荻野目慶子(49)と洋子(45)、中山美穂(44)と忍(41)、古くは倍賞千恵子(72)と美津子(67)。熊谷真実(54)と松田美由紀(52)もそうだが、気付けば、み~んなトシを召して貫禄たっぷり――。 アイドル評論家の北川昌弘氏が言う。 「広瀬姉妹は、久々に2人揃って大化けを予感させる女優。容姿と演技力と評価を分け合う姉妹が多い中…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事