日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「金子千尋 エース」に関する記事

10勝目を挙げた金子/(C)日刊ゲンダイ

オリックス金子獲り狙う ソフトバンクが準備する巨額契約金

田中(現ヤンキース)が海を渡った今、「日本のエース」と呼ばれているのがオリックスの金子千尋(30)だ。10勝4敗で12球団唯一の1点台となる防御率1・74。順調なら今季中に国内FAを取得。オフの争奪戦は避けられそうもない。 今季の年俸は2億円。FA宣言すれば複数年の大型契約は確実とあり、獲得可能な球団は巨人、阪神、ソフトバンクくらいのもの。球界では「相思相愛の巨人で…

大竹も強いのは中日だけ/(C)日刊ゲンダイ

巨人の来季補強 “大本命”はオリ金子から中日・山井へ

■相思相愛のはずが… 今オフのFA戦線の目玉は、今月中にも国内FA権を取得するオリックスのエース・金子千尋(30)だ。今季、金子の登板試合には巨人の編成担当者が密着マークを続けている。球界ではすでに相思相愛なんて声も聞かれるが、「金子の心に変化が生じた」と、さる球界関係者がこう言うのだ。 「権利取得を目前にした金子は、親しい他球団の選手に『巨人には行かない』と漏ら…

None

更改交渉長期化も…オリックス金子が単年契約を譲らない理由

オリックス・金子千尋(30)が契約交渉で揉めている。 9日、1回目の交渉に臨み、「いろいろと(条件を)提案されたので」と結論を保留。話し合いは物別れに終わった。 プロ9年目の今シーズンは奪三振王のタイトルを獲得。楽天・田中に次ぐリーグ2位の15勝をマークした。このまま順調にいけば来オフにも国内FA権を取得する可能性がある。球団はエース流出を防ぐため、3~4年の複数年…

引き留めは期待薄/(C)日刊ゲンダイ

“パのエース”オリ金子 それでも球団の本音は「移籍大歓迎」

27日のロッテ戦に先発したオリックスの金子千尋(30)が7回1安打無失点の好投。田中がヤンキースに移籍した今、改めてパのエースであることを証明した。 順調なら今季終盤に国内FA権を取得。オフの去就に注目が集まっており、瀬戸山球団本部長は「絶対に流出させてはいけない選手」と話すものの、むしろ放出したいというのが本音だろう。 ■高給取りをどんどん放出 瀬戸山本部長とい…

山口俊は3年で総額7億円

FA山口が菅野とほぼ同額…巨人の“給与体系”に評論家苦言

オリックスの金子千尋(33)は4年契約2年目の今季、7勝9敗と負け越した。長期契約を結んだ昨季から2年連続7勝止まりにもかかわらず、年俸は現状維持の5億円。同6億円だった広島の黒田が引退したため、現時点で球界最高額となっているのだ。 阪神の鳥谷敬(35)もしかり。来季は5年契約3年目のため、年俸4億円は変わらない。成績は打率.236、7本塁打、36打点。遊撃のレギ…

オリ残留か、国内移籍か?/(C)日刊ゲンダイ

金子メジャー先送り 球団が「入札金」より固執するリーグ優勝

オリックスからFA宣言、去就の注目されていた金子千尋(31)が24日、今オフのメジャー挑戦を断念することを明らかにした。「今オフのポスティングはしない方向で考えている」とは本人だ。 これによって金子はオリックス残留か、国内球団への移籍かのどちらかになるものの、周囲の関係者によれば「金子は今後、オリックスと年俸5億円で再契約。来オフ、ポスティングで米球界に挑戦する」…

3安打3打点と連日爆発のゴメス/(C)日刊ゲンダイ

阪神CS3連勝も…中日・山井残留で「補強」は全敗の可能性

オリックスのエース金子千尋(30)、関西出身の日本ハムの宮西尚生(29)らも獲得候補に挙がるが、さる代理人筋がこう続ける。 「金子は自らの進退について周囲に語っていないこともあり、あまり動向が見えてこないが、金子家に昨年、第2子が誕生し、家族は実家のある長野にいることが多いと聞く。オリックスの周辺からは、『仮にFA宣言しても、長野に足を運びやすい在京球団を選ぶんじゃ…

去就が注目される/(C)日刊ゲンダイ

移籍か残留かで揺れるオリ金子 囁かれる去就の意外なネック

オリックスが今季国内FA権を取得したエース金子千尋投手(30)の引き留めに動くことが14日、明らかになった。条件は3年で12億円とも15億円ともいわれ、イチローに匹敵する大型契約の可能性が報じられている。 今季16勝5敗、防御率1.98で最多勝と最優秀防御率の投手2冠を獲得した押しも押されもせぬパのエース金子を獲得せんと、巨人や阪神、ソフトバンクといった金満球団は腕…

FA大本命の金子に舌なめずり/(C)日刊ゲンダイ

金子、山井のW獲りも…巨人3連覇で始まるV10強欲補強

FAの大本命はオリックス金子千尋(30)。現在15勝5敗、防御率1.91で投手部門のタイトルを総なめしそうな日本球界のエースだ。巨人の球団関係者は「FAの超目玉。調査するのは当たり前。もし宣言すれば、間違いなく手を挙げるでしょう。競争相手が阪神だろうが、どこだろうが、ぜひ欲しい絶対的エース」と自信を見せる。 中日の山井大介(36)は周辺で「国内FA権を行使するよう…

None

巨人も気を揉む オリックス金子の“超スローペース調整”

「若くもないので、焦ってもしょうがない」 オリックスのエース、金子千尋(30)のセリフである。キャンプ初日から、投手陣がブルペンで熱の入った投球練習を行う中、第1クール2日目のこの日(2日)も、キャッチボールに筋力強化と、自主トレの延長のようなメニューに終始。チーム内競争に目の色を変える中堅若手を尻目に、今後もマイペース調整を続けていくという。 さるチーム関係者によ…

None

俺の頭はなぜデカイのか

負け癖ついたオリを完全には変えられなかった

チームに迷惑をかけっぱなしでも…

肩違和感で緊急降板のオリ金子にブーイング起こらないワケ

1日の楽天戦に先発したオリックスのエース、金子千尋(31)が四回途中に右肩違和感で緊急降板した。7月には首の違和感で降板しており、アクシデントは2回目。今季はオフに行った右ヒジ手術の影響で初登板が5月と出遅れただけに、チームに迷惑をかけっぱなしだ。 金子は昨オフ、FA宣言で阪神と古巣を天びんにかけたが、残留は大正解だろう。仮に阪神で同じ体たらくとなれば、ファンから…

すべては計算通り?

「復帰登板」先送りで囁かれるオリ金子のしたたかな“計算”

昨年オフ、右ヒジ手術をしたオリックス・金子千尋(31)が「迷走」している。 手術直後は本人が「開幕に間に合わせる」と公言していたのに、今月20日には森脇監督から「27日の(開幕)登板はない」と発表された。その後は4月上旬の復帰が濃厚といわれながら、今度は準備していた24日のシート打撃登板を直前回避。無言を貫くエースに代わり、高山投手コーチが「本人の感覚もあるので」と…

ベンツの前でポーズを決める金子/(C)日刊ゲンダイ

去就決まらぬFA金子 移籍“最低条件”はライバルの契約内容

オリックスからFA宣言した金子千尋(31)の去就が決まらない。 金子は21日、神戸市内で「2014ヤナセ オリックス・バファローズMVP賞」の授賞式に出席。最多勝などでチームの2位に貢献したことでメルセデス・ベンツC180(税込み419万円)を贈呈された。 「来季はどこでプレーしているかわかりませんが、(1位になって)もうひとランク上の車がもらえるように頑張ります」…

メジャーでの評価はガタ落ちのイチロー/(C)AP

37億円補強のオリックス企むイチロー獲得の“ウルトラC”

FA宣言したエースの金子千尋(31)も残留させようという勢いだ。札束攻勢で選手をかき集め、さすがにお腹いっぱい、これで打ち止めかと思ったら、さらにとんでもない大物の獲得を画策していた。 米大リーグ、ヤンキースからFAになったイチロー(41)だ。 イチローの今季年俸は約7億8000万円。37億円使って、さらに超大物メジャーリーガーを獲得しようというオリックスの金庫はい…

メジャーもブラフの可能性/(C)日刊ゲンダイ

狙いはオリとの条件闘争か FA金子に振り回される他球団

国内FA権を行使した金子千尋(31)のことだ。 入札制度によるメジャー挑戦を視野に入れていた右腕は、右肘遊離軟骨の除去手術を受けるため、今オフのメジャー挑戦を封印。オリックス残留か国内他球団への移籍を含めて、今後、本格的な綱引きが始まる。ソフトバンクや中日、DeNAなどが獲得に関心を示しており、スポーツ紙はソフト、阪神が「4年20億円以上」の条件を用意していると報じ…

パのMVPを受賞した金子/(C)日刊ゲンダイ

金子もグラリ? 小谷野の契約内容に見えたオリの“札束攻勢”

オリックスからFA宣言した金子千尋(31)の去就が、徐々にだが見えてきた。それはこのオフのオリックスのカネの使い方とリンクしている。 26日、日本ハムからFA宣言していた小谷野栄一(34)がオリックス入りを表明。条件は「3年3億円」といわれている。「とにかくオリックスのカネの使い方は尋常じゃありません」と、さる日ハムOBがこう言った。 「小谷野は日ハム残留なら、年俸…

金子の右肘は「全治3カ月」の見通し/(C)日刊ゲンダイ

メジャー先送りのオリ金子 日本人選手への“風当たり”懸念か

「早い時期に見つかって手術、リハビリをすることで、もっと良い状態の自分を見せられると思っている」 オリックスからFA宣言した金子千尋(31)が25日、今月中に右肘遊離軟骨除去手術を受ける方針を明らかにした。 しかし、本人が「複雑な場所にあるわけではなく、早く手術を受ければ早く復帰できるという判断」と軽傷を強調するように、右肘遊離軟骨の除去が今オフのメジャー挑戦を断念…

「規律は守る」と原監督(左)/(C)日刊ゲンダイ

オリ金子で場外乱闘勃発 ソフトB企む“荒業”に巨人が嫌悪感

国内FA権を行使したオリックスのエース金子千尋(31)の獲得に乗り出すソフトバンクが、驚きの条件を用意していることが分かった。 複数の球団関係者の話を総合すると、その額は年俸7億円の4年契約。これに、出来高が加えられ、総額では30億円を軽く超えるというのだから破格も破格である。 「金子の今季年俸は2億円。国内FA選手の年俸は、移籍1年目は据え置きというルールがある…

去就注目のオリックス金子千尋/(C)日刊ゲンダイ

弱小球団も大金投入か メジャーでオリ金子「争奪戦」勃発

入札制度を使っての米球界挑戦が認められなければ、他球団への移籍も辞さない、とばかりにFA宣言したオリックス・金子千尋(31)に米球界はビビッドに反応した。 アリゾナ州フェニックスで行われているGM会議でこの日(現地12日)、数球団のGMがさっそく「ラブコール」を送った。 今季は先発陣の相次ぐ故障に泣かされたパドレスのA・J・プレラーGMは金子について「調査はしてきた…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事