日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「福士加代子 内定」に関する記事

福士加代子は「代表内定」か?

福士加代子に「名古屋出るな」 日本陸連“異例要望”の本音

日本陸連の麻場一徳強化委員長は21日、1月の大阪国際女子マラソンに優勝した福士加代子(33)に、事実上のリオ五輪キップを出した。 福士は大阪国際で設定記録の2時間22分30秒を切ったが、代表選考は3月13日の名古屋ウィメンズが終わってから行われるため、陸連から「代表内定」が出ていない。名古屋で好記録を出した選手に、残る2枚の切符を持っていかれたらたまらない。所属チ…

リオは決まりか(右は永山監督)

名古屋欠場でも消えず マラソン福士「リオ切符」への懸念

女子マラソンの福士加代子(33)が、リオ五輪最後の選考会となる名古屋ウィメンズ(13日)に出場しないことになった。 福士は1月の大阪国際で日本陸連設定記録(2時間22分30秒)をクリア、2時間22分17秒で優勝した。しかし、陸連は国内競技会の全レースが終わらなければ代表内定は出せない。福士は代表入りを確実なものにするため、大阪から1カ月半後の名古屋にエントリー。強…

大阪国際女子マラソンで優勝した福士に駆け寄る永山監督

五輪確定へ名古屋も走る福士加代子は陸連曖昧基準の犠牲者

福士加代子(33)は、先日の大阪国際女子マラソンで日本歴代7位の2時間22分17秒の好タイムでぶっちぎり優勝。「これでリオ(五輪代表)決定だべ!」と満面の笑みを浮かべたのも束の間、あろうことか、最後の選考レースである1カ月半後の名古屋ウィメンズ(3月13日)に出場するというのだ。 福士は先の大阪国際で陸連設定の派遣基準記録2時間22分30秒を突破。「22分30秒切…

大阪国際女子マラソンでは好タイムで優勝

故障で函館ハーフ欠場 リオ代表福士加代子に吹く“逆風”

リオ五輪女子マラソン代表の福士加代子(34)が右足故障のため、出場を予定していた26日の函館マラソン(ハーフの部)への欠場が決まった。福士は今月中旬まで行った米国合宿からの帰国後、右足を検査。第4中足骨故障のため、大事を取って出場を見送った。 所属先であるワコールの永山忠幸監督は疲労骨折の疑いを「折れていない」と否定した上で、「石橋をたたかせていただく。練習は続け…

名古屋でこのタイムが抜けるか

福士加代子「名古屋」強行出場で陸連への強烈“メッセージ”

リオ五輪の女子マラソン最終選考会の名古屋ウィメンズ(3月13日)に、1月の大阪国際で優勝した福士加代子(33)が一般参加でエントリーした。 福士は、大阪国際で日本陸連の設定タイム2時間22分30秒を上回る記録(2時間22分17秒)を出し、リオ五輪代表が確実視されているものの、名古屋で設定記録を複数選手がクリアすれば、福士は代表漏れする可能性もある。 陸連は全選考レ…

リオ五輪を確実にした福士加代子

大阪国際Vでリオ確実も…福士加代子を待つ本番レースの壁

リオデジャネイロ五輪の代表選考を兼ねた大阪国際女子マラソンは、トップでゴールした福士加代子(33)が、日本陸連が定める派遣設定記録(2時間22分30秒)を上回る、日本歴代7位の2時間22分17秒で優勝。 「やったー、やっと取ったよ1等賞。これでリオ決定だべ!」と喜びを爆発させた。 13年の同大会以来3年ぶり2度目のマラソン優勝で、リオ五輪代表の座を確実にした福士だ…

ケニア出身のキルワ

福士欠場の名古屋は元ケニア選手の“高速ラップ”が見どころ

1月の大阪で、陸連設定記録(2時間22分30秒)をクリアした福士加代子(33)が出場をキャンセル。陸連は代表内定は出していないものの、福士が五輪キップを手にすることはほぼ間違いないとみられている。 昨年の世界陸上で7位入賞の伊藤舞(31)は、すでに内定が出ているから、残るキップは1枚ということになる。ただし、複数の日本選手が福士の記録(2時間22分17秒)を大幅に…

None

初マラソン日本女子歴代最高 新星・安藤友香 世界陸上で潰される

一時は追いつくも、福士加代子がトップから6分近く遅れての14位が最高だった。 前出の菅原氏が続ける。 「国内レースはPMのおかげで、中盤や30キロまではペースがほぼ一定です。安藤は世界陸上でトップランナーのペースの上げ下げや終盤のギアチェンジなどを体験し、東京五輪につなげればいい。スポーツマスコミは新星登場に沸き立ち、世界陸上でメダルの期待を一身に背負わせて潰さない…

福士加代子(左)と田中智美

メダルか惨敗か リオ五輪のキーマンを直撃

武冨豊氏(日本陸連女子マラソン部長)

あらゆる面で可能性という部分では期待しています」 *注1 さいたま国際(15年11月15日=2位吉田香織) 大阪国際女子(16年1月31日=1位福士加代子) 名古屋ウィメンズ(16年3月13日=2位田中智美) *注2 11年シカゴ3位 13年世界陸上モスクワ大会3位 14年ベルリン6位 15年シカゴ4位…

武富豊氏は天満屋女子陸上部総監督も務める

メダルか惨敗か リオ五輪のキーマンを直撃

武冨豊氏(日本陸連女子マラソン部長)

このタイムは、日本選手の力を測る上で大きな意味を持っているのです」 ※注1 伊藤舞(31=大塚製薬) 15年世界陸上7位、自己記録=2時間24分42秒 福士加代子(34=ワコール) 11年シカゴ3位、13年世界陸上3位、13、16年大阪国際優勝、自己記録=2時間22分17秒 田中智美(28=第一生命) 14年横浜国際優勝、16年名古屋ウィメンズ2位、自己記録=2時間…

田中智美が日本人トップとなる2位でゴール

陸連にブレーキ疑惑 名古屋Vキルワさえ「設定記録」破れず

4日付の日刊ゲンダイ本紙が指摘したように、このペースは福士加代子(33)が2時間22分17秒で走った大阪国際(5キロ・16分40秒)より15秒以上も遅い。大阪では2時間20分台でゴールできるペース設定が、名古屋のゴール設定は2時間23分台。 「これでは陸連が、走る前から設定記録(2時間22分30秒)突破にブレーキをかけていたと言われても仕方ない」と、前出の菅原氏は疑…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事