日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

宇梶剛士に関する記事

この日は鈴木奈々と共演/(C)日刊ゲンダイ

腹筋マシン50万台突破 “強面俳優”宇梶剛士のインパクト

5日、「倒れるだけで腹筋ワンダーコア~♪」のCMでおなじみの腹筋マシン「ワンダーコア」のPRイベントが開かれ、CMに出演している宇梶剛士(51)が登場した。日常の「後方に倒れる」という、さまざまな場面に遭遇した宇梶が、マシンを使って起き上がるというCMで話題になり、出荷台数は昨年5月の発売から今年6月末までの1年間で50万台を突破。すっかり「筋肉タレント」の名をほ…

400万台到達は確実

このヒット商品と会社のヒミツ

腹筋運動器具「ワンダーコア」は4年前のリコールが転機

14年6月には、俳優の宇梶剛士氏を起用したテレビCMもスタート。これが当たった。さまざまなシーンで転倒してはワンダーコアで腹筋運動をしながら起き上がる宇梶氏と、前出のキャッチフレーズ。インパクトは絶大で「ショップジャパンを知らなくてもワンダーコアは知っている」という人が急増。見事大ブレークを果たす。 その勢いをもって、15年1月には「ワンダーコアスマート」を発売。…

弁護士法人「ALG&Associates」代表の金﨑浩之氏

隅田川“なりヤン狩り”少年に伝説のヤンキー弁護士が喝

金﨑氏は、俳優の宇梶剛士も所属していた伝説の暴走族「ブラックエンペラー」の元幹部で、6回の挑戦の末、司法試験に合格し、弁護士に転身。現在は弁護士法人「ALG&Associates」(新宿区)の代表に就いている。 「僕らの時代にも『モグリ』と呼ばれるファッションヤンキーはいましたが、本物のヤンキーは相手にしていませんでしたね。当時のヤンキーには“美学”がありました。ケ…

新垣結衣主演「逃げるは恥だが役に立つ」

あえて夢物語に浸る 新垣結衣ドラマ「逃げ恥」の楽しみ方

中年になっても異様に仲のいい両親(宇梶剛士、富田靖子)に育てられたのもうなずけるし、石原さとみと並んで若手コメディエンヌの双璧ともいえるガッキーの持ち味が存分に生きた役といえるでしょう。そんな彼女の相手役である星野源はシンガー・ソングライターで若者からの支持率が高く、石田ゆり子やディーン・フジオカに続く“海外逆輸入俳優”の新顔(大谷亮平)を起用することで、30代以上…

「半沢直樹」で脚光後、引っ張りダコ/(C)日刊ゲンダイ

初主役含めドラマ3本出演 滝藤賢一「出ずっぱり」の逆効果

NHKを含む4月ドラマのラインアップを見ても、遠藤憲一、古田新太、生瀬勝久、吉田鋼太郎、宇梶剛士らが2本を掛け持ちしているし、他にも小日向文世、渡辺いっけい、野間口徹、田中哲司など、おなじみの役者がズラリと並んでいる。 ■舞台出身者を重宝 「彼らの多くは舞台出身で、演技がしっかりしているうえに多彩な役柄をこなせます。テレビ局にとっては<彼らに任せておけば大丈夫>とい…

フジでは単独初主演/(C)日刊ゲンダイ

「Vシネ帝王」も共演 尾野真千子に賭ける「月9」の命運

ジャニタレでは数字は取れない、路線変更せざるを得なかったというのも、正直ある」(同局関係者) 竹内以外の共演も、椎名桔平、宇梶剛士、小林薫、三浦友和と渋い役者をそろえている。月9のキラキライメージとは、まるで対照的だ。 「亀山(千広)さんが社長に就任して、もう8カ月。『笑っていいとも!』の打ち切りなど“リストラ”は進みましたが、次の一手が見えてこない。局内には失望感…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事