日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

佃大橋の関連ニュース

江戸東京 町歩き

マンハッタンに似てる?

佃大橋から勝鬨橋まで、隅田川に近づいたり離れたりしながら歩いていくと、殿中・松の廊下で吉良上野介を斬りつけ、その後、切腹、お家断絶になった浅野内匠頭長矩の江戸本邸跡や、江戸時代にドイツの医学書を日本語で訳した「解体新書」が完成した場所、そして「運上所跡」を見つけた。 慶応3(1867)年、江戸築地鉄砲洲明石町の一帯を外国人居留地と定め、この地に税関業務などを行う運…

昨年12月の福岡国際で3位だった川内も…

世界から約7分遅れ 日本男子マラソンに「2時間9分」の壁

35キロすぎの心臓破りの坂(佃大橋)も消えた。主催者が楽なコースにして、どれだけ記録が伸びるか楽しみだ。 12日の全日本実業団ハーフマラソンの女子は、宇都宮亜依(21)が1時間10分47秒で初優勝(日本記録=福士加代子1時間7分26秒)したが、10日にアラブ首長国連邦で行われた女子ハーフマラソンでは、ペレス・ジェプチルチル(23=ケニア)が、1時間5分6秒の世界新記…

世界記録保持者のデニス・キメット

「東京マラソン」で激突 ケニア勢が狙うケタ違いの賞金額

平坦で世界記録が狙いやすい超高速コースでしたが、東京は終盤の36キロすぎから佃大橋や有明中央橋など、激しいアップダウンがある。2時間2分台は厳しい」というのだが、たったの2時間で5000万円近い大金が手に入るなら、最後のきつい上り坂を考え、前半から異次元ペースで臨むかもしれない。 5000万円といえば、14年大会でコースレコードの2時間5分42秒で優勝したチュンバは…

北上次郎氏

北上次郎氏がオススメ 正月に読みたい「面白極上本」3冊

物語は東京マラソン最大の難所、36キロ地点の佃大橋の上り坂をヒロイン岸峰子が走っている場面から幕が開く。この東京マラソンを2時間40分以内で走ったら復帰を認めてやる、との陸上部監督の言葉を思い出し、岸峰子は息も絶え絶えに走っている。そしてここに回想がどんどん挿入されていく。 3年前、ロンドン・オリンピックの代表に選ばれるまでの岸峰子の苦闘の日々が、手際良くディテー…

極旨ランチ探検隊

【むら山】隠れた東京名物「ホワイトカレー」物語

隅田川にかかる佃大橋のたもとで、1952(昭和27)年創業の老舗そば「むら山」のカレー。壁のメニューには「昔ながらのそば屋の黄色いカレー」とあるが、白っぽい色から「ホワイトカレー」とも言え、近くに住んでいた幕内力士の嘉風は「シチューカレー」と呼んでいた。 カツカレーライス(サラダ付き)750円を頼むと、温泉たまご入りの小鉢と中濃ソースと共に運ばれてきた。コップの水…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事