日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「山下達郎 ドラマ」に関する記事

None

“ポスト能年”最右翼は? 午年アイドル事情を評論家が予想

何を隠そう、この広瀬すずは13年11月に制作された山下達郎の「クリスマス・イブ」のミュージックビデオにヒロインとして起用されており、われわれ中高年にとっては、初々しい牧瀬里穂が駅の構内をダッシュするJR東海のCM(89年)が懐かしい。今回のMVには牧瀬も出演。 つまり、このCMを機にスターダムにのし上がった牧瀬里穂が、同じ楽曲のMVで広瀬すずにヒロインのバトンを渡す…

7年ぶりのニューアルバム「TRAD」

CD絶好調、記録も更新…“アラ還”竹内まりや「強さの秘密」

山下達郎節”が入っているのかな。ダンナの影響を強く受けているはずです」(麻生香太郎氏=前出) 収録曲は、NHK朝ドラ「だんだん」の主題歌「縁の糸」、同ドラマ「芙蓉の人~富士山頂の妻」の主題歌「深秋」、CMソング「ウイスキーが、お好きでしょ」など全15曲。聴いてみますか。…

レベッカは懐メロ枠?

レベッカ内定情報も…懐メロに“目玉”頼るNHK紅白の苦境

しかし、竹内は夫の山下達郎がどうしてもクビをタテに振らない。結果、“昔の名前”のバンドや歌手に頼るしかない」(あるプロデューサー) 紅白といえば、離婚騒動の渦中にある高橋ジョージがNHKドラマで演じた「たどころ晋也」名義でCDデビュー。 紅白狙いを公言していたが、ホントにジョージが“目玉”になったりして。…

ヒットチャートめった聴き

「大滝詠一」を的確に集約したベストCD

山下達郎ら新しい個性を世に送り出したプロデューサーとして。日本土着の音頭のリズムを洋楽的な感覚で再構築したアイデアマンとして。松田聖子や森進一、小林旭らに名曲を提供した作曲家として。そして、81年に発売されて以来、現在までロングセラーを記録し続ける名盤「ロング・バケーション」を作り上げたヒットアーティストとして――。 大滝詠一は実に幅広い、いくつもの“顔”を駆使しな…

左はクラフト時代メンバーと

あの人は今こうしている

濱田金吾さんが語る「ハマダといえば、キンゴで~す」の真相

山下達郎を継ぐ“AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)の旗手”と呼ばれ、甘い歌声とルックスで人気だった。また、日本テレビのドラマ「ほおずきの唄」の主題歌「僕にまかせてください」のヒットで知られる「クラフト」のメンバーでもあった。濱田さん、今どうしているのか。 「デブに写らないようにお願いします。最近、このあたりがやたら気になって」 カメラマンがレンズを向けると、…

7年ぶりのニューアルバム「TRAD」

この人物のオモテとウラ

7年ぶり新譜リリースの竹内まりや 絶好調の秘訣は十五穀米

アイドルとして出たバラエティー『TVジョッキー』の乱痴気騒ぎに疑問をもったのがきっかけで、82年に山下達郎と結婚し84年に長女が生まれてからは『子育てや家庭を優先』し、ライブも行わなくなった。この地に足をつけるというか、いわゆる芸能界とちょっと距離を置いたポジションが、シンガー・ソングライターとしてのキャリアの始まりです」(スポーツ紙芸能デスク) その後「駅」「シン…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事