日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

帯広市の関連ニュース

None

3000万円でリニューアル 「幸福駅」が再ブームの兆し!?

70年代に大ブームを巻き起こした北海道の旧国鉄・広尾線の幸福駅(帯広市)が16日リニューアルオープンするので話題になっている。帯広市によると、以前から幸福駅を建て替える計画があり、今年の4月、市内の篤志家が3000万円を寄付してくれたため、この寄付金を駅舎の工事に使うことに決めたという。 「建設から57年が経過し、耐震補強工事も難しい状況のため、基礎工事をやり直し…

None

ヤクルト1位 杉浦稔大を育んだ十勝平野とスポーツ一家

杉浦は北海道の十勝平野にある帯広市で生まれた。 冬のこの時季、氷点下20度前後になるこの町では、アイスホッケーと並んで野球が盛んだ。5人兄弟の長男である杉浦も、子どもの頃から秋冬はホッケー、春夏は野球に慣れ親しんできた。 杉浦がプロ野球選手になれたのは、家族の影響が大きい。杉浦家はスポーツ一家。地元の農協に勤めている父・幸男さん(50)は、中学から野球に打ち込んでき…

次代のエース候補

ヤクルト杉浦稔大投手は“二刀流”? 野手ばりスイングの秘密

北海道帯広市生まれで、冬は雪で野球ができなかった。 「小学校から中学校までは、冬はアイスホッケーをしていました。ポジションは主にDF。雪中サッカーに熱中していた時期もあります」(杉浦) アイスホッケーでは中学3年時に全国大会で3位。高校から推薦入学の誘いがあったほどだ。 13年ドラフト1位でヤクルト入団。昨季は2勝2敗にとどまった。キャンプ中に右肘を痛めたことが影響…

左から武豊さん、ルメールさん、松岡正海さん

ローカル競馬 夏旅物語

今年も帯広で「JRAジョッキーDAY」が開催されます

世界に一つしかない、ばんえい競馬は、以前は北海道の旭川市、北見市、岩見沢市、帯広市の各競馬場を巡回していましたが、累積赤字の増大により06年に3市が撤退。帯広での存続も危ぶまれていました。ファンの嘆願や、関係者の手当や賞金の削減など涙ぐましい努力に加え、ソフトバンクの子会社が支援してくれることが決まり、今は帯広市が単独で「ばんえい十勝」を開催しています。 ばんえい…

元祖カレーラーメン

ドロンズ石本の「ラーメン旅」

【帯広競馬場】隠れた名物 元祖カレーラーメン

さ~今回は広大な空と平原の広がる十勝平野の真ん中、北海道は帯広市に行ってまいりました~。帯広といえば豚丼と思われる方が多いでしょうけど、僕は世界で唯一のばんえい競馬で知られる帯広競馬場へ。ここに豚丼と並ぶ名物ラーメンがあると聞き、あえて、あえて豚丼ではなく(笑い)、ラーメンを食べに行ったのです。 この日は特別に毛ガニの味噌汁にチーズ、焼き貝など、北海道ならではの特産…

ガチガチの”日立”

鉄火場 バーゲン株ハンティング

日立グループ「クラリオン」高値もみ合いから一段高へ

11月13日、日立製作所は初めて試作した自動運転車を公開(北海道帯広市の十勝テストコース)した。車体は富士重工業製だが、コントロールユニット、センサー、ステレオカメラ、サラウンドカメラ、遠距離監視レーダー、高精度地図、車車間通信機器など心臓部はすべて自前だ。これを中堅自動車メーカーに売り込む。 総合力を生かし、システムを丸ごと提供する。2020年には自動運転市場に…

高倉陵(左)と久保孝真(右)/(C)日刊ゲンダイ

役者・芸人「貧乏物語」

漫才コンビ・三拍子の貧乏時代は「女性と住まい」で正反対

▽高倉陵 1981年2月、北海道帯広市出身。ボケ担当。 2001年にお笑いコンビ・三拍子を結成。「THE MANZAI2014」でワイルドカード(敗者復活)からの出場。「カンニングのDAI安吉日!」(BSフジ)にレギュラー出演中。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事