日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

菅野完に関する記事

菅野 完(すがの たもつ)著述家。著書に「日本会議の研究」がある。2017年3月17日、学校法人森友学園の理事長・籠池泰典氏の代理で記者会見を行い、一躍注目を浴びる。
著書に自分の携帯電話番号を掲載

日本会議批判の菅野完氏が脅迫被害 留守電に「ぶっ殺す」

その著者・菅野完氏が脅迫被害を受ける“衝撃事件”が起きた。本人が語る。 「今月20日、日本会議の正会員を名乗る人物から脅迫電話がありました。警視庁麻布警察署に被害を申告するとともに録音データなどの証拠を提出してきました」 菅野氏は日本会議を、さまざまな場所で〈巨大な組織に見えるが中身は空っぽ〉〈言説があまりに幼稚でレベルの低い組織〉などと一刀両断にしている。 ■卑劣…

段ボール12箱分の資料を集めたという

注目の人 直撃インタビュー

「日本会議は中身空っぽ」 異色の著述家・菅野完氏が解明

しかも、著者は学者でもジャーナリストでもない一介の元サラリーマンだった著述家の菅野完氏だ。 ■日本会議は本来の右翼でも保守でもない ――1年ほど前まで会社勤めしながら、扶桑社のウェブサイトで連載したものを書籍化したそうですね。なぜ日本会議に関心を持ったのですか? いわゆる「ネトウヨ」と呼ばれる人たちが現れ、さらには7、8年前くらいから、「朝鮮人を殺せ」と叫ぶヘイトス…

None

【Bホシ】稲田防衛相 国会大ウソ答弁撤回 籠池理事長ホンマの仲バクロ

籠池氏のインタビューは「日本会議の研究」の著者の菅野完氏が12日に実施。約25分の動画形式で、きのう(13日)公開された。その中で籠池氏は「10年前から全くお会いしていない」と自分との関係を否定する稲田大臣に明らかに怒っている様子。「稲田防衛相とは旧知の仲です。10年も20年も会っていないというのは、籠池の実像を悪くしている気がする」と不満を漏らし、「2年前かなあ…

「ぶっ殺す」と脅された菅野完さん

室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」

菅野完さんへの電話 犯人が日本会議と繋がりあるかは重要

これは「日本会議の研究」を書いた菅野完さんにかかってきた電話。6月24日付の日刊ゲンダイ本紙の記事で知った。 20日、菅野さんが携帯電話に出ると、相手は日本会議の正会員を名乗って、 「あれを出版したことで身辺におかしなことが起きていないか?」 と言われた。 「脅迫電話ですか?」 そう尋ねるとガチャリと通話が切れ、留守電に「ぶっ殺す」と残っていたんだという。 菅野さん…

None

巻頭特集

籠池喚問の行方は…本紙独占「安倍寄付」証言の全容

「日本会議の研究」の著者・菅野完氏は15日夜、籠池理事長から現金授受の詳細をハッキリ聞いている。その受け渡しシーンはとにかくナマナマしい。 「あの夜は4時間ほど籠池氏にインタビューし、寄付の話はその中で飛び出しました。昭恵夫人は15年9月5日に森友学園の塚本幼稚園で講演しています。籠池氏によると、講演後、『これ、主人からです』と昭恵夫人から紙包みを渡されたそうです。…

None

巻頭特集

蓋したはずの森友疑惑 次々と新事実

取引をやめる選択肢はなかった」(宮本議員) 問題の音声データを入手した著述家の菅野完氏もこう言う。 「ゴミ撤去に巨額の費用がかかるのだから、財務省はあの土地をもともと欲しがっていた大阪音大に売っておけばよかった。それでも森友と取引したのは、そうしなければならない何らかの意思が働いたとしか思えません」 昭恵夫人は森友の小学校用地の視察時に、「いい田んぼができそうですね…

None

森友契約音声データ公開 財務省担当者「特例」発言

ノンフィクション作家の菅野完氏が公開した音声記録で明らかになった。 籠池氏は2016年3月11日、賃貸契約を結んだ国有地で地中から新たなゴミが出たと近畿財務局に報告。同15日に財務省の田村嘉啓国有財産審理室長と面会した。田村氏は定期借地契約に関し安倍昭恵首相夫人付の政府職員が15年に財務省に照会した際の担当者。 面会で田村氏は、「貸し付けが特例だった」などと配慮をに…

None

巻頭特集

森友疑獄もう一つの唖然

著述家の菅野完氏が29日、籠池夫人へのインタビューを行ったところ「思い込みで書いた」と証言したのだ。 ネット上に飛び交うデマ情報の類いを国会答弁で持ち出すなんて、よほど追い詰められているのか、もともと思考能力に問題があるのか、いずれにせよ、国民としては心配になる。 安倍は最近、よく「ないものは証明できない。悪魔の証明だ」とブチ切れ、「『ある』と言う人の方が証明しない…

None

ネトウヨ首相 民進党辻元議員攻撃でまた墓穴

29日、籠池夫人は著述家の菅野完氏の電話インタビューに答え、辻元の幼稚園侵入の記述に根拠がないことを白状した。 「私は(侵入を)見てません。娘がそう言ったので。(そう思ったから書いた?)はい。事実を確認したわけじゃありません。(何のエビデンスもないと?)はい」 さらに昨夜、TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」が、渦中の作業員に電話でインタビュー。作業員は「…

None

森友疑惑のキーパーソン 松井知事のエゲつない延命策

標的にされたのは、ノンフィクション作家の菅野完氏。ベストセラー「日本会議の研究」の著者で、森友学園の新設小に対する大阪府私学審議会のスピード審査をめぐり、松井の責任を追及している。その菅野氏に松井が内容証明郵便で「通知書」を送り付けたという。差出人は日本維新の会と顧問契約を結ぶ「橋下綜合法律事務所」に所属する代理人弁護士。 内容はこうだ。 菅野氏が15日に自宅前で…

None

森友問題 籠池喚問で追い詰められるのは安倍政権

籠池にインタビューした「日本会議の研究」の著者・菅野完氏はきのう、2015年9月7日に「100万円」の記載がある森友の寄付者名簿のほか、振替払込用紙の名義欄の「安倍晋三」が修正液で消され、「森友学園」に書き直されていた写真をそれぞれネット上で公開した。これだけでも超ド級の“物証”で、カネの出どころが官房機密費なのか、安倍のポケットマネーなのかはともかく、少なくとも…

None

●巻頭特集 籠池爆弾の破壊力 恥知らず内閣の自業自得

籠池をブチ切れさせた

「日本会議の研究」の著者・菅野完氏(42)の単独インタビューに応じるためで、詰めかけた大勢の報道陣を前に、菅野氏は「籠池さんの持ってはるモンが全部出てきたら、内閣が2つ飛ぶ」と不敵な予言だ。幕引きを図ったはずが、想定外の2次ラウンドに突入─―。籠池爆弾の破壊力に、裏切りの「恥知らず」たちは一様に、青ざめている。 籠池理事長を最も怒らせているのが、稲田朋美防衛相だ。ブ…

None

巻頭特集

日本会議総汚職内閣の退陣が急務

我が国には日本国憲法という成文憲法があるにもかかわらず、『そんなもの無視すればいい』『慣習憲法こそが国体(天皇を中心とした秩序)の実態である』として大日本帝国憲法を崇めているのです」 著書「日本会議の研究」で菅野完氏が日本会議のことを〈日本会議周辺の人々の意識には“国家”しかない〉〈「国家の誇り」が事実より大事〉と断じていた。戦前のように国民に滅私奉公を強要し、国家…

None

森友学園疑惑 キーマンは安倍首相の地元山口県防府市長!?

当然、安倍首相の周辺にいる日本会議のメンバーとも人脈が重なります」(「日本会議の研究」の著者・菅野完氏) 道徳を教科化し、愛国心教育を徹底する「教育再生」は、第1次政権時から続く安倍首相の肝いり政策だ。 「松浦市長は“安倍晋三小学校”の寄付金もえらい熱心に集めてはりましたよ」(大阪市内の会社経営者) 実際、安倍との縁は深い。松浦市長の活動報告誌「青眼」には、たびたび…

None

巻頭特集

これは安倍晋三の疑惑である

ベストセラー「日本会議の研究」の著者である菅野完氏はこう言う。 「森友学園疑惑に登場する人物は、安倍首相の支持基盤である保守系団体の『日本会議』の人脈につながります。籠池理事長は大阪幹部で、鴻池元大臣は国会議員懇談会、黒川県議は地方議員連盟のメンバー。松浦市長は自虐史観を排した新しい歴史教科書の採択を目指す『教育再生首長会議』の会長です。日本会議の外郭団体の『日本…

安倍首相

巻頭特集

森友学園の闇 安倍晋三教という邪教蔓延のおぞましさ

国有地の払い下げ問題も大事ですが、こういう状況が果たして正常なのか考えるべきです」(「日本会議の研究」の著者・菅野完氏) 森友学園の新設小学校をめぐる「闇」は、国有地取得の不可解なカネの流れだけじゃない。籠池泰典校長は、日本最大の右翼組織「日本会議」の大阪代表。学校案内のパンフレットには〈教育の要〉として〈教育勅語素読・解釈による日本人精神の育成〉が掲げられ、〈宿泊…

瑞穂の國記念小學院の

昭恵夫人が名誉校長 大阪新設小学校はわずか1カ月で認可

学校も学校で、(8億円もの撤去費用がかかるほど)莫大なゴミが出た土地に学校を建てるのであれば、その経緯をきちんと説明する必要があるのは当然でしょう」(「日本会議の研究」の著者・菅野完氏) この問題、“闇”が深いかもしれない。…

田久保忠衛会長は1時間にわたりほえまくった

安倍政権を支える「日本会議」会長の仰天発言と時代錯誤

会見に参加した「日本会議の研究」(扶桑社)の著者・菅野完氏はこう言う。 「田久保氏を見ていると、この人の頭の中は、80年代から90年代末の『保守論壇の雰囲気』で止まってしまっているんだなと思いました。日本が“普通じゃなかった”事例として、90年から91年の湾岸戦争直後を挙げたのも少し古すぎる。体罰容認も時代錯誤だし、大体、日本会議の主張を理解していない人がトップを務…

安倍首相の参拝

永田町の裏を読む

安倍政権を操る特殊イデオロギー集団「日本会議」の闇

きっかけは、長年この組織について調査してきた菅野完の著書「日本会議の研究」が4月末に発売されてベストセラーとなったことにある。 これに続いて、上杉聰「日本会議とは何か」、俵義文「日本会議の全貌」、成澤宗男「日本会議と神社本庁」などが続々出版され、さらに7月にも数冊が出る予定で、日本会議批判本の一大ブームが出現した。 安倍のこの人脈への依存度は異常といえるほどで、神社…

アベノミクスの失敗は明白

巻頭特集

右翼なのか、保守なのか…今も50%「安倍支持派」の正体

たちまちベストセラーだが、著者の菅野完氏が3日付の本紙インタビューで語った真相は驚くべきものだ。日本会議は決して巨大な組織ではない。「中身は空っぽ」だというのである。 〈彼らは平気で資料を無視する。事実より「物語」を重要視する。「国家の誇り」が事実より大事だという〉 〈日本会議周辺の人々の意識には、“国家”しかない。その意味では彼らのよって立つところは、本来の右翼で…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事