日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

宋永に関する記事

練習ラウンドで弱音

「疲れた…」2週連続優勝かかった池田勇太の“腰抜け”発言

池田勇太(30)は先週の試合で宋永漢(韓国)との9ホールに及ぶプレーオフを制したが、月曜決着で移動は火曜日の朝。コースに着くとそのままプロアマ戦に出場した。13日に開幕する日本オープンでは2週連続優勝と2度目のタイトルがかかるわけだが、練習ラウンドを行った12日には「疲れている。正直厳しい」と早くも白旗を揚げていた。 プレーオフが日没で月曜日に持ち越しとなり、ちょ…

矢野東が2位と健闘

抜群の費用対効果 日本ツアー「アジア開催」メリット多し

【レオパレス21 ミャンマーオープン】 宋永漢(24=韓国)が優勝したSMBCシンガポールオープン、S・ノリス(33=南ア)が勝ち、矢野東(38)が2位と健闘したレオパレス21ミャンマーオープン。2週続けてアジアンツアーとの共催で幕を開けた今季の日本ツアー。試合数の帳尻合わせともいわれたが、フタを開けてみればメリットがよくわかった。 SMBCもレオパレス21も日本の…

None

片山晋呉は今季2戦目でもう欠場 「五輪出る」は口先だけ

先週は世界ランク1位のJ・スピース(22)が出場して世界ランクの加算ポイントが「28」と高くなり、優勝した宋永漢(24)は同204位から一気に113位にランクアップと、チャンスを生かした。 一方、片山は先週の予選落ちで61位からダウン。「五輪に出る」というのも口先だけのようだ。…

各界の2017年注目アスリートたち

さようなら2016年⇔ようこそ2017年

どこよりも早い! 国内主要スポーツの優勝を大予想

※16年賞金ランキング ①池田勇太 ②谷原秀人 ③金庚泰 ④宋永漢 ⑤片岡大育 ■大相撲 九州場所は11勝4敗。夏以降、白鵬(31)は元気がなかった。 「7月場所の後に右足親指を痛め手術したのが原因。9月場所を欠場し、右をかばううちに左ひざを痛めた。力士にありがちな悪循環です。これでようやく“並の横綱”になったわけで、年齢的にも年間4~5回の優勝は難しい。となると…

アマチュア時代から「BS」がトレードマークだったが

“3タック”から変身の池田勇太に心配なジャンボの二の舞い

通算12アンダーで宋永漢が優勝。2メートルのバーディーパットだけを残したジョーダン・スピース(22)はこれを決めて11アンダーで2位フィニッシュだった。 今大会は世界ランク1位のジョーダン・スピースが出場して大いに盛り上がった。 世界ランクに加算される優勝ポイントは28。日本ツアーの通常16ポイントから大きく跳ね上がり、エースキャディーを休ませても大ギャラリーを引き…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事