日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

栄和人特集

レスリングの吉田(左)と柔道の近藤がスパーリング

レスリング栄和人氏 女子柔道陣のホテル泊に“ダメ出し”

女子柔道が20年東京五輪でメダルを量産するにはメンタル面の強化が課題というわけだが、これにレスリング栄和人強化本部長がさっそくダメ出し。 ■「ホテルに泊まっているようではダメ」 栄本部長によれば、柔道は国内で合宿を張る際、宿泊するのはビジネスホテル。一方、レスリングの合宿地は新潟・十日町の廃校になった校舎を道場兼宿泊施設として再利用している。周囲にはコンビニはもちろ…

試合終了の瞬間、喜びを爆発させた土性

土性沙羅も金メダル 吉田父直伝の“必殺タックル”決め手に

試合後、栄和人監督を肩車してリングを回ると、涙を浮かべながら日の丸を掲げた。 「たくさんの方に支えられて取った金メダル。(伊調)馨さんと(登坂)絵莉さんの最後まで諦めない試合を見ていて、絶対に最後まで諦めずにやろうと決めていた」と語ったように、前半はロシアのナタリア・ボロベワにリードを許すも、残り時間30秒で左足を取ってのタックルが決まり同点。技での得点を奪った土性…

世界選手権での表彰台も期待される樋口(中央)

靱帯断裂も強行出場 樋口黎は男子レスリングの掘り出し物

栄和人強化本部長には練習前「女子を見習え」と檄を飛ばされたフリースタイル陣。樋口のような選手がいる限り、男子もまだまだ捨てたものじゃない。…

打倒吉田へ決断

登坂絵莉が左足親指手術 真の狙いは“打倒・吉田沙保里”

登坂の母校である至学館大学レスリング部の栄和人監督によれば、4連覇が懸かる世界選手権(8月・パリ)には間に合う見込み。同選手権の代表選考会を兼ねる6月の全日本選抜選手権での復帰を予定しているという。 登坂はリオで圧倒的な強さを発揮したものの、長らく患部の痛みとも闘ってきた。五輪後は複数の医師による診断を仰ぎ、最終的に手術に踏み切った。 当面の目標は世界選手権での4連…

打倒吉田へ決断

登坂絵莉が左足親指手術 真の狙いは“打倒・吉田沙保里”

登坂の母校である至学館大学レスリング部の栄和人監督によれば、4連覇が懸かる世界選手権(8月・パリ)には間に合う見込み。同選手権の代表選考会を兼ねる6月の全日本選抜選手権での復帰を予定しているという。 登坂はリオで圧倒的な強さを発揮したものの、長らく患部の痛みとも闘ってきた。五輪後は複数の医師による診断を仰ぎ、最終的に手術に踏み切った。 当面の目標は世界選手権での4連…

吉田沙保里を追い越せるか

レスリング向田真優 “ポスト吉田”に名乗りも厳しい評価

向田の成長で「霊長類最強の女」もうかうかしていられないが、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(至学館大監督)の評価は手厳しい。 「残り30秒の攻めが甘い。(吉田と違って)タックルに入る勇気がないようだ。ラスト30秒での攻めを身に付けないと、世界では厳しい」 元女王の壁はまだまだ高い。…

ヒロミと松本伊代の息子は昨年芸能界入り

ヒロミは家族会議 高畑事件で強まる2世タレントへ色眼鏡

7日、「日本ベスト・カー・フレンド賞」授賞式が行われ、ヒロミ(51)、壇蜜(35)、全日本女子レスリングの栄和人監督(56)が受賞。車好きとして知られるヒロミは、「オレは遊びに行くと、すごい距離を乗るからプリウスがいいよね、燃費も含めて。かれこれ3~4台乗り継いでるけど、それでも10万キロとか乗っちゃう」と語った。 ヒロミといえば、妻の松本伊代(51)との間に生まれ…

リオでは銀でも実力はトップクラス

五輪V4逃すも人気絶大 吉田沙保里の引退を阻む周囲の思惑

リオで敗戦後、栄和人強化委員長からはコーチ就任を打診されたといわれるが、吉田は「これから先のことは、ゆっくり考えたい」と従来通り、現役続行か引退かは明らかにしなかった。 吉田はこれまで五輪3連覇、世界選手権13連覇を成し遂げ、レスリング界を牽引してきた。女子レスリング界の第一人者だけに、その去就は、本人の一存だけでは決められない。 「引退も頭をよぎるようになった」…

攻めの姿勢を貫いた川井梨紗子

5月から決意不変 63kg級金の川井梨紗子“次は打倒伊調”

勝利の瞬間、駆け寄ってきた栄和人チームリーダーを2度もマットに投げ飛ばし、恒例の肩車で喜びを爆発させた。このわずか20分前には吉田沙保里(33)が4連覇を逃して銀メダルに。会場に充満していた日本ファンのため息を一気に吹き飛ばしてみせた。 元レスリング選手の両親から教わった攻めの姿勢を貫き、試合後は「これが自分が教えてもらったレスリングです」と胸を張った。日体大時代に…

登坂に担がれ万感の表情の栄監督

スキンヘッドの名伯楽 栄監督“メダリスト12人育成”の秘密

女子レスリングは、競技採用された04年のアテネ大会以来、計5人(延べ11人)のメダリストを輩出しているが、そのうち元72キロ級の浜口京子を除く4人(同9人)が、栄和人監督(56)に育てられた。17日現在(日本時間18日現在)、リオ五輪でともにメダルを取った登坂絵莉(22)、土性沙羅(21)も、監督を務める愛知・至学館大(旧中京女子大)の「愛弟子」だ。これで、育てた…

昨年の世界選手権ではメダル五個獲得

日本女子レスリング リオ五輪で「全階級メダル」の期待

日本レスリング協会の栄和人強化本部長が自信たっぷりだ。 25日、都内で、未定だった75キロ級の代表を決めるプレーオフを行い渡利璃穏が昨年の全日本選手権覇者の鈴木博恵を下し、代表権を勝ち取った。 渡利は20日まで行われた五輪アジア予選で同階級を制し、上位2人に与えられる出場枠を獲得。一昨年までは63キロ級を主戦場としており、昨年9月に階級を2つ上げてからわずか半年足…

伊調馨が試合で敗れたのは13年ぶり

五輪4連覇に暗雲 女子レスリング“絶対女王”伊調馨負けた

栄和人強化本部長は「五輪本番でなくてよかった。立て直す時間は十分にある」と言った。 この敗戦で「伊調につけ入る隙あり」と感じたのは、黒星をつけたモンゴル選手だけではないだろう。…

女子代表選手と栄強化本部長

五輪切符ゼロの男子レスリング “頼みの綱”は栄強化本部長

男子惨敗の責任を取って頭を丸めた日本レスリング協会の福田富昭会長は「女子の勢いを男子にも持ってきて欲しい」と吉田ら女子のトップ選手を育てた日本代表の栄和人強化本部長に男子の指導を委ねる方針を明かした。 栄強化本部長は男女の強化責任者。男子の成績不振を理由に進退伺を提出していたが、続投が決まった。 これまで栄強化本部長は、ナショナルチームでの指導は女子に軸足を置いてき…

日本人の苦手なグレコが採用になれば…

吉田&伊調に歯が立たず…欧米がグレコ採用で狙う日本潰し

「金5個は取れる感じがしている」――来年のリオ五輪の手応えについて、日本レスリング協会の栄和人強化本部長が自信たっぷりに話した。 世界選手権(米ラスベガス)は女子53キロ級の吉田沙保里(32)が五輪と合わせて16連覇を達成。58キロ級の伊調馨(31)は同様に連覇を「13」に伸ばし、48キロ級の登坂絵莉(22)も同大会を3連覇するなど、日本勢は金3個、銀1個、銅1個と…

円熟味増したか?/(C)日刊ゲンダイ

世界選手権V13誓った吉田沙保里 練習量減で集中力アップ

全日本女子の栄和人強化委員長によれば「学生と同じメニューをこなしていた以前とは違って、今は好きな時間に来て短時間集中でやっている。ものすごい集中力を発揮している」という。 レスリングも調整法も円熟味を増してきたか。…

東京五輪実施競技の残り一枠にレスリングが選ばれた時の様子/(C)日刊ゲンダイ

日本レスリング 「十日町合宿」に男子を強制参加させる狙い

日本代表の栄和人強化委員長は「男子には10日間ぐらいやらせる。十日町では精神的に追い込み、合宿のつらさを男子にも経験してもらう。東京で伸び伸びやっていては強くはならない」と精神面を叩き直すと明かした。 栄強化委員長によれば、男子は東京五輪でのメダル量産を目指して5年計画で強化に励むという。十日町で鍛えられた男子から何人のメダリストが誕生することやら。…

レスリングはメダル10個を目標に掲げる/(C)日刊ゲンダイ

メダル目標口実に…JOC「選手強化費」要求が“青天井”懸念

栄和人強化委員長は、「東京五輪はレスリングだけで10個の金メダルが取れるように、この6年間で選手が本気で取りたいというところまで育てる」と断言。他の競技も地元開催の五輪へ向けて、いろいろな強化策を打ち出している。 しかし、10月4日に幕を閉じたアジア大会では、日本のメダル総数は200個(金47、銀76、銅77)。中国(金151、総数342)、韓国(同79、同234)…

五輪3連覇を達成したロンドン五輪の吉田沙保里/(C)JMPA

子供の顔と東京五輪メダル…吉田沙保里に託された父の遺志

栄勝氏とは吉田を久居高2年生の時から指導して以来の付き合いという栄和人女子代表監督は「沙保里の結婚、子供を見届けないうちにあの世に逝ってしまったのは心残りでしょう」と涙ながらに話した。 吉田がロンドンを制して五輪3連覇を達成した際、栄勝氏は「早く沙保里の子供の顔を見たい」と、16年のリオ五輪が潮時と周囲の関係者に打ち明けていたそうだ。ところが、昨年、吉田自らが東京…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事