日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

一本道の関連ニュース

None

「曲がりくねった一本道」徳永徹著

(作品社 1600円+税)…

None

GRAPHIC

「NOZOMI」増田貴大著

なるほどと、あらためて最初からじっくりと一つ一つの作品を眺めていくと、納骨なのだろうか、親族一同が集まったと思われるお墓や、中学生らしきカップルが下校デート中の一本道、小学校の校庭でおこなわれている運動会、美しく整備されたグラウンドの横でミーティングする少年野球チーム、さらに、作業員たちが解体するために建物を養生している風景の次に、田んぼの稲刈りをする農家の人、渋…

「犯罪小説集」吉田修一著

仲良しの紡によると、学校から伸びる一本道の先のY字路で愛華と別れたという。村人が集まり、捜索するが、ついに愛華は見つからなかった。骨董市に出店する外国人女性の息子・豪士が容疑者として浮上するが、彼にはアリバイもあり、証拠も何も見つからない。 10年後、同じY字路で再び少女が消えた。捜索に加わった五郎は、殺気立つ住人たちを見て、この10年、愛華の失踪が皆の心にも暗い影…

一本道の先に

荒波相場に挑む 稼げる「鉄板」銘柄

システムの受託・開発がメーン「ネクストウェア」の光明

山へと向かう一本道。しかし、どんどん道幅は狭くなっていく。「本当にこの道で大丈夫だろうか?」「行き止まりになったりしないだろうか?」――ひと昔前、カーナビが普及するまでは、誰もがそう不安に思うことはあったはずだ。 会社を経営する上でも、トップは常にそういった不安を抱えている。「お得意さまからの注文が一切なくなったらどうしよう?」「いや、会社そのものがなくなったらどう…

別大毎日マラソンを制した中本

スポーツ難癖口上

国内男子マラソンは一寸ズリぢ、いっしょん伸びんわい!

温泉町別府と大分の間、餌付け猿で有名な高崎山の海沿いを結ぶ国道10号(オレらは別大国道と呼んでいた)は脇道のない一本道。その日だけマラソンが独占しちまって、大会前後数時間は大渋滞が発生する。 九州でも、大分は佐賀とブービーを争う地味な県。方言も他の九州弁と違い、あまり誇らしい言い回しはないが、この別大国道の毎日マラソン前後渋滞を大分弁で「一寸ズリ」と言う。車がほん…

マスターのSADAさん(右)とママのまゆみさん(左)

中高年サラリーマンたちの居場所

新規オープン続く「フォーク酒場」のノスタルジー

友部正人の「一本道」の歌詞が口をつく。 ♪ああ中央線よ空を飛んで あの娘の胸に突き刺され~…

GRAPHIC

「昭和の公団住宅」長谷田一平編

腕に覚えがあるお父さんたちが碁盤を見つめ真剣勝負を繰り広げている「団地囲碁名人戦」(昭和44年撮影=埼玉県南浦和団地)、一気に400人もの生徒を迎えた団地横の小学校での屋外入学式(44年=千葉県豊四季台団地)、将来の同級生たちと仲良く並んで乳幼児健診(51年=埼玉県西上尾第二団地)、団地の広場で行われた産直市の賑わい(46年=東京都花畑団地)、団地から延びる一本道

GRAPHIC

薄れかけていた反核への思いを編む

どこにでもあるような両脇に草が生い茂る一本道の写真が、エノラ・ゲイとボックス・カーが広島と長崎に向けて飛び立ったテニアン島の飛行場と分かると、途端に、その場所がとても意味のある、恐ろしい場所に思えてくる。 各メッセージ、そして一枚一枚の写真が、私たちの薄れかけていた反核への思いに、再び小さな火をともす。 (講談社 1500円+税)…

(C)日刊ゲンダイ

江戸東京 町歩き

梅を見に

世田谷線「山下駅」から一本道で続く「ユリの木公園」は、“公園”というより“緑道”。レンガのタイルが敷かれ、ところどころにベンチがあり、いつ行っても散歩をしている人に出会える。ジョガーも多い。そういえば、今は梅の季節。世田谷区の赤堤や松原の街を時計回りに曲がりくねり、梅まつり開催中の羽根木公園に向かうことにした。 静かな住宅街に、突然裸婦の像。この家の住人の持ち物なの…

None

アマチュア写真家が群がる 山中の「絶景スポット」

途中、峠越えがある山道で、舗装はされているものの、車がすれ違うのも難しい一本道。右に左に、緊張しながらハンドルを切り続け、30分ほどで急な下り坂に入った。 10分ほどで緩やかな下りになった。杉林の真っただ中を走る。峠道を上り始めてからすれ違った車はたった2台。たまにはこんなドライブも悪くはない。 人っ子ひとりいない杉林を抜けると、左右に真っ白い花が咲く畑が見えた。ソ…

None

あだ名は「ビッグボス」 新庄剛志が語ったバリ島悠々ライフ

■東京五輪出場プランも浮上 「改築したバリの豪邸はとてつもなく広く、自宅に行くまでの一本道には警備員が立っていてかなりの厳戒態勢。その敷地内に2000万円をかけて造ったレース場で、新庄は練習に励んでいる。自分が練習しないときは自宅で他のレーサーの様子を観察。『いいものを見せてくれてありがとう。参考になったよ』と言ってレーサーに謝礼を渡すこともあるらしい。バイク人気…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事