日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

原博実に関する記事

5日のウルグアイ戦で初采配/(C)日刊ゲンダイ

複数の候補者から「アギーレを選んだ理由」 原博実氏が明かす

日本サッカーのキーパーソン・原博実専務理事(兼技術委員長)にとってアギーレは意中の人だったのか、専務理事として日本サッカーの何を改革するのか、ザッケローニ時代は「失われた4年間」だったのか――。激白90分インタビューの中でストレートに答えてくれた。 ――アギーレ監督誕生の舞台裏を教えてください。 「海外の情報収集は常に行っていましたし、候補者は複数いました。例えばペ…

今後は専務理事に専念/(C)六川則夫(ラ・ストラーダ)

原博実氏が語る「ザック日本の敗因」「専務理事兼務への批判」

ザッケローニ前監督を招聘した日本サッカー協会の原博実・専務理事兼技術委員長(55)は、9月から専務理事の立場から協会の改革に全力投球していく。改めてブラジルW杯の敗因、ハビエル・アギーレ監督(55)就任の経緯、今後の改革案などについて90分間ズバリ迫った。 ■監督の途中交代は考えなかった ――W杯本大会でのザッケローニの選手起用、采配、戦い方についての印象を教えて下…

今後の去就は…

協会の思惑も後押し “ハリル解任論”タイ戦勝利でも消えず

選手選考、起用法などチームを立て直す必要があるでしょう」(六川氏) ■ハリル氏を招聘したのは原博実氏 それよりも、ハリルホジッチ監督の能力に疑問符がつきまとい、選手の間からも「ハリルのままでは取り返しのつかないことにならないか」と懐疑的な声が出始めているという。 たとえばタイ戦に先発し、ゴールを決めた左FW原口の起用法。このポジションのレギュラー格・MF清武弘嗣(2…

田嶋新会長には「腹心がいない」という話も…

多すぎる“肩書”が重荷に…JFA田嶋幸三新会長の前途多難

田嶋新会長はJFA初の会長選(1月31日)で選ばれ、対抗馬だった原博実・専務理事(当時)との選挙戦の結果は田嶋氏40票、原氏34票(白票1票)。選挙の後、原氏はJFAを退職した。 「原さんは専務理事にとどまるという観測も流れていたが、田嶋さんは“影響力のある政敵”原さんに対して『専務理事を解く。理事として活動してほしい』と宣告。原さんはJFAを退職し、電撃的にJリ…

代表にスピードをもたそうとしているハリル監督

川勝の一喝!

日本人はトップスピードでの技術に?マーク

今月末に日本サッカー協会(JFA)会長に就任予定の田嶋幸三さん(前JFA副会長)、Jリーグ副理事長になった原博実さん(前JFA専務理事)には「キックの重要性」を見直すようにお願いしたい。 W杯2次予選を見ながら、日本代表の課題を挙げてみたいと思う。 2次予選初戦で引き分けたシンガポール戦が顕著だったが、攻め手が手詰まりになると「崩しのアイデアがなくなって攻撃が単調…

田嶋副会長(左)と原専務理事は討論会で激突

JFA初の会長選 原vs.田嶋の一騎打ちに「J生みの親」異議

日本サッカー協会(JFA)初の会長選挙が21日に告示され、立候補を表明済みのJFA副会長の田嶋幸三氏(58)、JFA専務理事の原博実氏(57)の2人が、正式な会長候補者となった。 「告示前にJFA理事会の理事28人による投票が行われ、田嶋副会長が19票、原専務理事が9票とダブルスコアで田嶋副会長の圧勝だった。この結果、理事会推薦の候補者として田嶋副会長が会長候補者と…

None

J監督就任目前だったビエルサを激怒させた協会幹部の無礼

ザッケローニ元監督、アギーレ前監督、そしてハリルホジッチ現監督招聘の責任者の原博実JFA専務理事、霜田正浩JFA技術委員長だ。マスコミ関係者が解説する。 「10年南アW杯後、ザッケローニが日本代表監督に就任したが、原・霜田コンビの第1候補はビエルサだった。彼らは元アルゼンチン代表MFで清水や横浜M、町田で監督を務めたアルディレスのルートを使ってビエルサとアポをとった…

一騎打ちが予想される原博実氏(左)と田嶋幸三氏

原vs田嶋の一騎打ち様相も JFA会長「脱密室選考」の不安

さっそくJFA専務理事の原博実氏(57)が、立候補に必要な書類を選出管理委員会準備室に提出。有力候補といわれていたJFA副会長でFIFA(国際サッカー連盟)理事を兼務する田嶋幸三氏(58)は、書類作成中であることを明かして「ルールにのっとって準備ができ次第、お伝えしたい」と話した。 これまでJFAの会長は、JFA幹部で構成される役員選考委員会で推挙された人物が、そ…

18年ロシアW杯までに八百長疑惑に決着つくか

ハリル氏契約期間は2年半 協会が画策する「アギーレ再登板」

任命権者として批判の矢面に立たされていた日本サッカー協会の原博実専務理事(前技術委員長=56)は、都内の大隈庭園裏にあるリーガロイヤルホテル東京にいた。宴会場で開かれた、母校・「早稲田大学WMWクラブ ア式蹴球部総会」に出席するためである。 「そもそも会への出席率が悪い彼が、しかもあのアギーレ解任騒動の真っただ中に姿を見せたものだから、会場にいた男女現役部員100…

後任監督選びの鍵を握りそうなオシム氏 (C)日刊ゲンダイ

ハリルホジッチ氏有力 “オシム人脈”が日本代表にお得な理由

同日夜に技術委員の6人、前技術委員長の原博実専務理事(56)の計7人が極秘ミーティングを開催。「後任候補は5、6人といわれていたが、どうやら3人に絞られたみたいで、そのうち2人はイビチャ・オシム元監督(73)の人脈」と、あるマスコミ関係者がさらにこう続ける。 「霜田委員長は欧州歴訪中に複数の代理人やサッカー関係者と合流。ある日本人関係者の手引きでオシム元監督の長男で…

“本命”候補にあがるスパレッティ氏/(C)AP

サッカー代表「後任探し」難航 3月強化試合は日本人が代行か

大仁会長が「給与の50%を4カ月」、アギーレ氏の招聘に関わった原博実専務理事(56)と霜田正浩技術委員長(48)が「給与の30%を4カ月」、それぞれ自主返納することになった。任命責任については、契約前の身辺調査は難しく、解任までの手順に特に問題はなかったと理事会は判断し、自主返納以外の処分は科されない。 「当初は、給与の10%を3カ月返納ともっぱらでしたが、実際は…

イラク戦前日会見を行ったアギーレ監督 (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

協会“紛糾”必至 アギーレ八百長疑惑の問題はむしろ「解任後」

アギーレ監督と折衝を重ね、監督就任にこぎつけたのは原博実JFA専務理事(56)と原専務理事の懐刀・霜田正浩JFA技術委員長(47)。この2人には「責任を取って辞めてもらう」という声がJFA内には根強いが、ここにきてJFAに大きな影響力を持っている元会長の川淵三郎JFA最高顧問(78)の「原は仕事ができる」のツルの一声があり、2人とも任命責任を取らなくて済むとみられて…

熱弁をふるう原専務理事(左は三好弁護士) (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

後任監督より次期会長 協会の“政争の具”と化すアギーレ騒動

18日のJFA理事会後、アギーレ招聘の責任者であるJFA原博実・専務理事(56)が、「身辺調査はした。しかし、分からなかった。アギーレ監督で(来年1月の)アジア杯に臨んでいく」と会見。同日、都内で行われたフットサル日本代表戦終了後には、JFA大仁邦弥会長(70)が取材に応じて、「情報を集めて、対応策を考えているところ」と繰り返した。 「日本時間15日夜、スペイン検察…

グレーのまま逃げ切りたいのが本音?/(C)日刊ゲンダイ

アギーレ解任に“及び腰”…協会内に渦巻く「責任回避」の思惑

原博実専務理事(56)が個人的なパイプを使って調査する以外、表立って動いているのはアギーレ監督自身の顧問弁護士らしい。これではマトモな調査など期待できるはずがない。 ■違約金発生や名誉毀損の可能性も スポーツライターの工藤健策氏はこう言った。 「本来なら公益性の高い組織ですから、自分たちの考え方、ここまでに至る経緯をサッカーファンだけでなく、国民に明示する義務があり…

本人は「関与していない」とキッパリだが/(C)日刊ゲンダイ

アギーレ告発を静観の協会 「危機管理」誤れば世界からそっぽ

アギーレ招聘の責任者である原博実・専務理事は「ノーコメント」と発してJFA事務局に入り、アギーレ監督を“事情聴取”したJFA法務委員長の三好弁護士は「状況を確認していく」とコメントした。 「本格的な捜査が始まると思う。進捗状況を見守りたい。協会も独自の情報収集に着手したい」と話したのは西沢コミュニケーション部長。JFA内で今後の対応を協議したものとみられる。 スペ…

ブラジルがうらやましい… (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

ブラジル復権ではっきり 日本代表監督には“鬼軍曹”が適任

ややもすると精神論重視の方向に偏りがちですが、ドゥンガの下で新生ブラジル代表は、順調に復権の道をたどっています」(サッカーライター・平野史氏) ■もの言わぬアギーレ 翻って日本代表はどうか? アギーレを招聘した原博実・サッカー協会専務理事によれば、「クラブでも代表でも実績がある。日本代表をたくましいチームにしてくれる」と太鼓判を押していたが、ちょっと待ってくれ、だ。…

新潟合宿で指示を出すアギーレ/(C)日刊ゲンダイ

詰め甘かった代表監督招聘 アギーレ「八百長疑惑」でまた露呈

アギーレ日本代表は10日に新潟でジャマイカと、14日にシンガポールでブラジルと対戦しますが、アギーレはシンガポールから帰国せず、スペインに“強制送還”される可能性もあるのです」(現地在住ジャーナリスト) ■身辺調査に問題はなかったのか? アギーレを連れてきた原博実専務理事ら日本サッカー協会は「シロであって欲しい」と気を揉んでいるだろうが、仮にアギーレが八百長に関与し…

主軸2人も大ピンチ/(真野慎也・JMPA) 

アギーレ新体制スタート 本田と香川も“お払い箱”の可能性

代表監督選びの責任者の原博実・日本サッカー協会専務理事(技術委員長兼)は、オサスナ時代のアギーレに興味を持ったと思われます」 パスを細かくつないでボール支配率を高め、攻撃サッカーで試合のペースを握っていく。これが前任者ザッケローニの戦術だった。前出の中山氏は「アギーレは、ザッケローニとは異なるタイプの指揮官です。攻撃サッカーを実践する指導者というよりも《守備の構築》…

一族郎党連れてくる?/(C)JMPA

息子の入閣要求も? アギーレ日本代表監督の“組閣”は超難航

前回W杯後から日本代表監督選定作業の全権を任され、4年前に指名したザッケローニの後任監督としてアギーレを選んだ原博実JFA専務理事(技術委員長兼)は、理事会後にこう話した。 「4年前にも(監督候補として)折衝し、それからエージェント抜きで連絡を取り合える仲。どんな人? ジェントルマンです。あと精神的に強い人です。日本人選手の良さである技術の高さを引き出した上で勝負…

米国代表のクリンスマンも狙い目/(C)AP

W杯優勝が定番なのに…次期監督にドイツ人なぜ挙がらない

「技術委員会の原博実委員長が自身のスペインコネクションをフル活用。複数のスペイン人指導者と交渉を重ねた」(マスコミ関係者)が、すべて不発に終わってイタリア人のザッケローニ監督に落ち着いた。 そこでブラジルW杯である。ドイツが4回目の優勝を飾ったが、次期監督はスペイン系メキシコ人監督アギーレの一本かぶり。ドイツ人指導者の名前は、まったく聞こえてこない。 ■原委員長に…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事