日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

青梅街道の関連ニュース

「多摩川飲み下り」大竹聡著

青梅街道沿いの「鳩ノ巣 釜めし」で、電車の復旧を待ちながら一杯。結局、電車は動かず、転がり込んだ民宿のテレビで初めて大災害が起きたことを知る。以降、延べ27日をかけ、居酒屋や河原で喉を潤しながら、手軽でいて非日常を味わえる旅を堪能。(筑摩書房 720円+税)…

右は事故現場の実況見分(バイク手前がまゆ美夫人)

実況見分に夫人は…萩原流行さんの死に募る警察への不信感

先月22日に東京・杉並区の青梅街道でバイクを運転中に事故を起こして亡くなった萩原流行(享年62)。萩原は警視庁の護送車に接触後、後続車にはねられたとみられ、14日に死亡事故の実況見分を警視庁が行った。 自身の弁護士とともに立ち会った萩原の妻のまゆ美さんは、萩原を荼毘に付した後の会見では「警察にお任せします」とコメント。ところが、見分の現場では「納得いかない」「でたら…

萩原流行さんと取材に応じたまゆ美夫人(左)

2年で4度の事故…萩原流行さん“緩慢なる自殺”だったのか

俳優の萩原流行さん(62)が22日、東京・杉並区内の青梅街道で愛車のハーレーダビッドソン(883㏄)を運転中に事故を起こし、死亡した。 「前方車両を追い抜きざまにワンボックスカーと接触。バイクはふらつき、萩原はシートから転がり落ちて後続車両にひかれたようです。事故当初は手が動くなど意識はあったが搬送先の病院で亡くなりました。薬物や飲酒の有無については血液検査の結果待…

None

「プチ移住」ここがお得!

東京都瑞穂町 国民健康保険料は世田谷区より年間4万円安い

まず、目を見張るのが新青梅街道沿いを中心に欧風のオシャレな外観の家が目立つことだ。 「最近は、新興住宅地として一戸建ての新築が続いています」(瑞穂町産業建設部担当者) 道すがら不動産屋の掲示板をのぞくと、住宅相場は建物面積90平方メートルの築浅の中古一戸建てが1500万~1900万円前後。賃貸なら2LDKが4万円台といったところで紹介されている。 瑞穂町役場をすり…

麺処一笑の「らーめん」とトッピングの「スタベジ」

ドロンズ石本の「ラーメン旅」

【麺処一笑】豚骨と野菜の新マッチングを実現

またまた極旨ラーメンを見つけちゃいました! とにかくすべてに感動! 阿佐ケ谷のすずらん通りを青梅街道まで歩いたところに昨年12月にオープンした一笑さん、「いっしょう」と読みます。 まず入り口に「スープに自信有り」と書いてあり、濃厚豚骨のにおいが鼻孔をくすぐります。自販機には「らーめん」「あっさりらーめん」「ハーフらーめん」とあり、女性や、お客それぞれの立場に応えよう…

昼間は大道芸人がいた(都庁前)/(C)日刊ゲンダイ

江戸東京 町歩き

早朝の新宿はすがすがしく見えるか?<都庁前・歌舞伎町>

青梅街道から中野坂下の交差点をちょっと過ぎた辺りで、横道に入る。日の出前なので薄暗く、歩いているのは朝まで飲み明かした酔っぱらいくらいだ。 名のなき道は、日常的に使っている人の間でも話題に上ることはほとんどない。ある意味“存在しない道”だ。田舎の広めの庭なら珍しくない、しかし新宿近くの都心では珍しい、大きな果実がたわわに実った木を発見。その黄色がとても美しかったの…

(C)日刊ゲンダイ

江戸東京 町歩き

トンネルは鼓動が速くなる

青梅街道の「むかし道」にあった水根貨物線のトンネルは、当然ながら真っ暗で、先が見えず、オシッコをちびりそうになりながら、通り抜けたら何があるだろうと思うと、さらに鼓動が速くなった。 ポツンポツンと水がしたたる音。トンネルに入るまでに感じていた、鳥の声と風で木が揺れる音の心地よさから一転、呼吸が苦しくなった。実のところ、“暗闇恐怖症”である。それをなぜ好き好んで歩…

(C)日刊ゲンダイ

江戸東京 町歩き

杉を天に突き刺す<奥多摩>

白髭神社、吊り橋、古民家などがある約10キロの旧青梅街道は人気の散歩道、と聞いていたのだが。 しかし、人がいないからこそ、よかった。鳥の声と風で木が揺れる音しか聞こえない。上を見ると、何十本もの杉を天に突き刺しているように思えた。 奥多摩駅はかつて「氷川駅」と呼ばれていたそうで、ダム建設の資材運搬用につくられた鉄道があった。「水根貨物線」という。すでに廃線になってお…

None

吉田類 大衆酒場100選

日本酒の伝道師セレクトの極上の杯を受ける

西口から青梅街道を左へ歩くこと約7分、環八の少し手前の左側路地に真新しい白い看板を見つけた。この夏、西荻から移転してきた日本酒の名店「やきとり雅」である。 肌寒い冬、熱燗飲むなら今でしょと階段を駆け上がって2階へ。路面店で、人懐っこい雰囲気だった以前と違い、白木の内装のモダンな雰囲気にちょっとたじろぐ。靴を脱いでいたら、「いらっしゃ~い」と懐かしいダミ声が聞こえてき…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事