日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

東尾理子 特集

東尾 理子(ひがしお りこ)1975年11月18日福岡県生まれ。プロゴルファー。夫は俳優の石田純一。父は野球解説者の東尾修。1999年、日本女子プロゴルフ協会のプロテストに合格。同協会に入会し、プロゴルファーとなる。同年、アメリカフューチャーズツアー優勝。2003年11月には大王製紙エリエールレディスオープンで準優勝。09年、一部報道を受け、俳優の石田純一との交際を自身のブログにて認め、同年9月の「ロンドンハーツ」で石田との結婚を発表した。12年11月、第1子となる長男を出産。16年3月、第2子となる長女を出産。
夫のためにひと肌脱いだ

東尾理子 石田純一のピンチのため夫婦漫才も辞さない覚悟

「大した嫁さんだ」と、芸能関係者が絶賛するのはプロゴルファーの東尾理子(40)。先の都知事選出馬を断念した夫でタレントの石田純一(62)と初めて夫婦揃ってイベントに現れて、こんな笑いをとってみせたのだ。 「ダンナが休職中みたいになって、嫁が働かなきゃみたいなことになりまして……」 苦笑いの石田が「何もなくてもありがとう、悪くなくてもごめんなさい、ですね」などと持論を…

ジャーナリストの山路徹氏

不倫は「ゲス」か「よろめき」か

「一度、蜂の巣に…」 山路徹氏が“ゲス川谷”の不倫に言及

東尾理子さんと共演したときもそう。理子さんが僕を見るなり満面の笑みで駆け寄って「ありがとうございます~! 山路さんの登場で、主人(石田純一)のイメージが良くなったと思います」と言われまして。随分叩かれたけど、喜ぶ人もいるならまあいいか、と思えた瞬間ですね。 謝罪ももちろん大事ですが、言葉ではなく行動でイメージを変えていくことも大切です。川谷くんなら歌の力があるのだか…

ザッツエンターテインメント

「男と女の新しい関係」を指南する4冊の本

石田純一・東尾理子夫妻は22歳差、市村正親・篠原涼子夫妻は24歳差、世の女性たちを絶望させた福山雅治・吹石一恵夫妻も14歳差だ。 そうはいっても、若い年下女性をものにできるのはイケメンか金持ちで、一般人には無理な話……と諦めるのはまだ早い。松本浩典著「いかにして私は12歳年下の女性の心を盗んだのか」(三五館 1300円+税)では、タイトル通り12歳年下の妻を持つ恋愛…

石田純一は“バカ正直”

ビジネスに使えるスターたちの処世術

石田純一はウソさえつかなければ仕事が戻ってくる

一方、現夫人の東尾理子さんとの交際前に別の女性との結婚報道があり、彼の自宅マンション前で待ち構えていると、本人が車を運転して帰ってきた。自動シャッターを開けて車を半地下の駐車場に入れると、シャッターが閉じられた。 さすがに今日はダメか……と帰ろうとすると、なんと脇のドアが開いて、「ボクですよね、何ですか」と出てきて、こちらが満足するまで話をしてくれたこともある。 …

条件付きで名乗り

試される本気度 石田純一の都知事選意欲にテレビ界の声は

「妻の東尾理子さんとの妊活のときは注目度も高く、どうやっても出ていただきたいという部分はありました。しかしながら、現在はとりたてて話題もないし、トレンディーで鳴らした頃のような女性人気を集めているというわけでもありませんからね……」と続け、そもそも、すでにタレントとして石田の“商品価値”に疑問符をつけていたようで、今回の政界進出話は見切りをつける契機になるのではと…

都民の期待を裏切るのか

都知事選もグダグダ 野党系分裂の元凶は民進党の都連会長

そのうえ東尾理子夫人とは「話し合う」と説明していたが、当の理子夫人は夫の会見後、自身のブログで〈出馬しない事を願っております〉と猛反対を表明。出ばなをくじかれる始末だ。 ライバルの小池氏に比べて何とも頼りない印象を与えてしまった。 石田氏の会見を取材したジャーナリストの横田一氏は「それでも、野党共闘を促したという点で評価できる。(石田を推した)市民団体も石田さんも…

(左から)舞台「桂由美物語」に出演する高樹澪、森口博子、汀夏子

舞台でドレス披露 森口博子“結婚できない女”返上はいつ?

ちなみに東尾理子や小林麻央、川島なお美ら数多くの芸能人のウエディングファッションを手がけてきた桂氏だが、自身の結婚は42歳の時。37人目のお見合いだった元大蔵省の官僚とのゴールインで、多忙な生活を送っていたとはいえ、なかなかの晩婚だ。 そういえば、森口も芸歴30年超の割に恋愛ゴシップが少なく、「過去に親密交際が明らかになったのは、元日テレの松本志のぶの夫で音楽プロ…

すっかりご意見番?

“2人以上出産”にデヴィ夫人が持論「これは女性の本能」

さらに、不妊治療の末に第2子を出産したプロゴルファーの東尾理子(40)の名前を挙げ、「女性に生まれたのに、結婚もせず、子供にも恵まれない人がいる一方で、妻となる喜び、母となり、子供を 育てる幸せは何物にも勝る至福」と称賛した。 そんなデヴィ夫人は、ベッキーの不倫報道について「大きなお世話。人の恋路を邪魔する必要は全然ないと思います」と発言。一方、待機児童問題に声を…

この笑顔

橋本マナミにデレデレも…石田純一“身の潔白”を切実アピール

一部週刊誌で妻で第2子妊娠中の東尾理子(39)との不仲説が報じられたことについて、「大丈夫。ないです」とキッパリ否定した。 報道によると、仕事と偽ってゴルフを楽しんだり、女性を交えた飲み会に内緒で参加していたことが発覚。理子が疑心暗鬼に陥っているというものだが、詰めかけた報道陣には「毎日自宅に帰ってますよ。(記事は)作られたものでしょう」と身の潔白をアピール。 夫婦…

好感度で本命

美佳&ジョージが消え…「おしどり夫婦枠」後継バトルの行方

さらに、石田純一・東尾理子夫妻、小栗旬・山田優夫妻あたりが考えられるが、オファーがあっても、当人たちがそれを受けるかどうかは別問題、いまの順位のままゴールとなるかは分からない。ポスト争いは、熾烈なのである。…

イメージが大事/(C)日刊ゲンダイ

三船、江角が沈み菊池浮上 激変「ママタレ」報酬ランキング

Bは紗栄子、山田優、森尾由美、東尾理子ら。Cは北斗晶、大沢あかね、木下優樹菜、辺見えみりら。5万円以下のDは藤本美貴、くわばたりえ、辻希美、熊田曜子、小倉優子、西山茉希らとなります。ランキングには芸歴はもちろん、夫の影響力や注目度も加味され、CM本数も目安になりますね」 先ごろ発表されたランキングでは、「驚きの変化」が見受けられたのだと、こう続ける。 「3Aクラスの…

石田純一と谷原章介/(C)日刊ゲンダイ

無限増殖? 息子の再婚相手の家族も飲み込む石田ファミリー

壱成は、石田純一と東尾理子を伴って、再婚相手の実家がある青森を訪問。初めて両家がそろって食事するシーンを追いかけていた。 「家族ネタで稼ぐ石田ファミリーに、3人の新メンバーが加わった瞬間でしたね。石田家の事情なんて、そんなに知りたいとも思いませんが、このステップ・ファミリーは、どこまでも枝葉を広げてキャストを増やしていく。ネタが欲しい制作サイドにとっては、ありがた…

11歳年下と再婚を発表/(C)日刊ゲンダイ

再婚が話題のいしだ壱成に必要な「脱・家族ネタ」の覚悟

2年ぐらい前からバラエティー番組にもちょこちょこ出ていますが、テレビのスポットライトをもう一度浴びたいなんて色気を持っているうちは、期待薄」(芸能ライター) 最近の壱成は、父親や義母の東尾理子(38)、異母妹のすみれ(24)と家族ネタで盛り上がってばかりいる。石田ファミリーには頼らないぐらいの覚悟がなければ、カエルで終わる。…

再婚する壱成(左)にエールを送る父・純一/(C)日刊ゲンダイ

そろそろネタ切れ…石田・東尾両家の「家族ネタ切り売り」生活

“壱成夫婦”とは、妻・東尾理子(38)や長女・すみれ(23)らと一緒に食事をしたそう。再婚相手は理子の1歳上だそうで、「何が何だかわからないんですよ。1コ上の壱成が1コ下の理子に向かって『理子ちゃん』でなく『お母さん』と呼ぶので、ややこしくて。彼女も年下の理子を『お姉さん』と呼べないだろうし、変な感じになった」と苦笑い。それでも、「多少は気にしているんですけど、み…

(C)日刊ゲンダイ

熱愛否定のすみれ「20代前半で結婚、子供は最低4人」

もし彼氏を両親に会わせるとなれば、石田と東尾理子(38)にも挨拶させることになる。 その石田は先月27日に大腸ポリープの摘出手術を受けたばかり。すみれは「ビックリしたけど、こないだ会ったら復活してて、ワイン5杯飲んでたから大丈夫。還暦になっちゃったし年も年だけど、(息子の)リタ君(理汰郎)の成人式までせめて頑張ってほしい」と報告した。 すみれが結婚となれば、お祝いと…

「石田家」総動員/(C)日刊ゲンダイ

家庭円満でオファー激減 「イベント王」石田純一“次の一手”

一昨年、東尾理子(38)との間に長男の理汰郎クンが誕生し、幸せいっぱいと思いきや、家庭円満の裏では“イベントタレント”としての価値が急落。一家のフトコロ事情を大いに揺るがす状況に陥っているという。 「私生活を切り売りしてきた人。結婚も出産も一段落した今、簡単にいえばネタ切れの状態なんです。イベント主催側としては、話題や時の人を呼んでひとつでも多くのメディアに取り上げ…

None

日本シリーズ共演で発覚! 義父・東尾修を凌駕した石田純一のマニアック解説

東尾理子(37)も「テレホンゲスト」として登場するなど、不思議な中継となっていた。 なぜプロ野球OBでもないタレントが……と誰もがラジオの前で首をかしげたはずだが、石田は大の阪神ファンにして野球オタク。松島アナが「石田さん、何を書いているんですか?」と尋ねると、「試合の流れをメモしているんです。CSも家で見ながら実況しています」と話し、楽天のジョーンズが所属していた…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事