日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

清宮幸太郎に関する記事

三回に貴重な2ランを放った清宮

早実の新旧スター 清宮幸太郎が斎藤佑樹になる可能性は?

試合をするたびに本塁打をかっ飛ばしているのが早実の清宮幸太郎(2年)だ。 18日、西東京大会5回戦の国士舘戦。1―0の三回1死二塁の2打席目だった。一塁が空いている状況で、外角へ明らかなボール球が2球続いた。が、内に入った3球目を逃さなかった。右翼席へ弾丸ライナーでブチ込んだ。 高校通算53号を含む1安打2打点2四死球で8強入りに貢献。ここまで4試合で3本塁打を放つ…

現在は「荒川博野球塾」を主宰

「一本足打法」生みの親 荒川博氏は清宮幸太郎をどう見るのか

フィーバーを巻き起こした早実の清宮幸太郎(1年)の活躍に、目を細めている人物がいる。通算868本塁打の世界記録を持つ王貞治(現ソフトバンク球団会長)を二人三脚で育て上げた師匠であり、当時の巨人打撃コーチだった荒川博氏だ。「一本足打法」の生みの親でもある荒川氏も早実出身。19日に行われた高校野球秋季東京都大会の1次予選3回戦・保谷戦でも2試合連続となる推定130メート…

近大との練習試合で清宮は不発

もう視線は海外 清宮幸太郎「2年後メジャー行き」の現実度

1年生でただひとり選出された早実の清宮幸太郎は、24日の近大との練習試合に「5番DH」で先発出場したものの、4打数無安打3三振に倒れて報道陣のタメ息を誘った。 この日の練習試合は一般には非公表だったが、球場には熱心なファンが集結。ネット裏にはプロ野球各球団のスカウトも顔を揃えた。 当面の目当ては東海大相模の左腕・小笠原や関東第一の俊足外野手・オコエ瑠偉ら今秋ドラフト…

都大会決勝では5打席連続三振に倒れた

プロ野球スカウトの“逆襲”

早実・清宮幸太郎をドラフト1位候補にできない根拠

フロントのエラいさんなんか、いまから早実の清宮幸太郎に腰浮かせてるよ。「久々に出てきた国産の大砲候補だ!」ってね。 高校2年秋の段階で76本も本塁打を打ってるんだ。オレにはよく分からないけど、パソコンがはじき出す選手の能力を示す数値もおそらく秀逸だろう。「来年のドラフト1位、目玉になるのは間違いない」なんて同僚のコメントがスポーツ紙に出てたっけ。 スイング自体はコン…

西東京大会で本塁打を打ったが…

プロ野球スカウトの“逆襲”

打撃は秀逸も…早実・清宮幸太郎には目もくれない根拠

日本でいま、最も注目を浴びている高校生は清宮幸太郎という2年生であること、彼の所属する早実が甲子園大会の地区予選で負けたことなどが書かれていて、彼が台湾で行われるU18のメンバーに選ばれる可能性もあるので視察するかと聞いてきた。 なので台湾に行く予定はあっても、あくまでも韓国と台湾の選手を見るため。清宮が目的ではないと答えた。 昨夏の甲子園での成績は確かに秀逸だし…

開幕式ではチームの先頭で入場行進(中央)

本人は気づかず打撃 医者が驚いた清宮幸太郎「2度の腰骨折」

中学1年が終わろうとする冬の練習中、清宮幸太郎(16・早実)に異変が起こった。打ってファーストを駆け抜けた瞬間、うずくまって動けなくなった。腰の疲労骨折だった。 医師によると、おそらくスイングスピードの速さに、体が耐えきれなかったのだろうとのことだった。筑波大の協力で身体能力をテストしたことがある。スイングスピードは133.4キロ。大学生の平均より高く、チームメート…

None

●今秋ドラフト1位候補のウリとキズ

大谷翔平を想起させる殺人打球

■安田尚憲(履正社高・内野手) 早実高・清宮幸太郎と履正社高・安田尚憲、どっちが上ですか? 今年になって、よく問われるようになった。 「比べられません」と答えている。 打者としての〈タイプ〉が違う。 清宮幸太郎は打球を高く持ち上げて、雄大な放物線で距離を出せる〈長距離打者〉。一方の安田尚憲は打球に猛烈な逆スピンをかけて、低いライナーで外野フェンスを襲う〈中距離打者〉…

None

え!? 巨人に早実・清宮回避論

1位候補の軸は高校通算93本塁打の早実・清宮幸太郎(3年)。さる14日の熊本での招待試合には7000人もの観客を集め、行く先々で「フィーバー」を巻き起こす。遠征しただけでスポーツ紙の一面を飾り、2番打者が敬遠されて勝負されたことが物議を醸す。最後の夏へ、注目度は高まるばかりだ。 東京出身。巨人は松井秀喜以来、生え抜きのスターがいないといわれて久しい。岡本ら爆発力を…

None

前打者敬遠勝負に早実・清宮大困惑

今秋ドラフトの超目玉、早実(東京)の清宮幸太郎(3年)が14日、熊本・RKK招待野球の秀岳館戦に「3番・一塁」で出場。3打数1安打2四球で高校通算94号は出なかった。 “珍事”が起きたのは、早実が4点を追う九回2死走者なしの場面。秀岳館の鍛治舎監督が伝令を出すと、なんと2番・雪山の敬遠を指示。3番・清宮と勝負するという大胆不敵な作戦に、スタンドを埋めた6000人の観…

None

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

通算本塁打に練習試合を含めてどうする

早実高3年の清宮幸太郎が話題だ。1年時から怪物スラッガーとして注目されていた彼は、5月7日現在で高校通算92本塁打を記録。大阪桐蔭高時代の中田翔が記録した87本を抜き、歴代4位に食い込んでいる。 テレビのニュースなどは清宮の高校通算本塁打を大きく取り上げ、同1位の107本(2012年に神港学園の山本大貴が記録)を塗り替えるのではないかと騒ぎ立てている。高校通算本塁打…

None

実力はともかく 早実・清宮 ドラフト1位から外せない

プロ注目の清宮幸太郎(3年)を擁する早実と日大三が激突した、27日の高校野球春季東京大会決勝。予想通りの大乱打戦になった試合は、延長十二回にもつれた末に早実が18-17でサヨナラ勝ちした。 早実は八回に3番・清宮の高校通算83号となる2ランで13-10と引き離したが、九回に日大三が一挙7点を奪って2度目の逆転。さすがにこれで決着と思われたのも束の間、その裏に早実が…

None

早実・清宮 プロと早大 綱引きの行方

27日、春季都大会決勝で日大三と対戦する早実の清宮幸太郎。神宮球場で午後6時スタートのナイターは、春の都大会史上初。当日は東都のデーゲーム2試合の延長をわざわざ制限して早実戦の開始時間にかからないようにする。おまけに外野席を開放して1万人の観客動員を見込むなど、フィーバーぶりは相変わらずだ。 清宮はこの4月から高校3年生。卒業後にプロ入りなら、1位指名はもちろん、…

None

清宮 早実最後の夏はやっぱり投手次第

今秋ドラフトの超目玉、早実・清宮幸太郎(3年)が、9日の東京都大会、共栄学園との4回戦に「3番・一塁」で出場した。初回1死二塁から先制の中前適時打を放ち、今年の公式戦5試合目で初打点をマークするなど3打数2安打1打点2四死球。期待の一発は出なかった。 試合はコールド勝ちペースから一転、八回表に2点差に迫られると、雨で1時間52分の中断。苦しい展開を招いたのは昨秋から…

None

ヘタクソプロ野球 カネを払って見る価値なし

人材流出には歯止めが利かないでしょうから、選手のレベル、試合の質を高めていかなければいけないのですが……」 ヘボを競い合っているようでは、たとえ早実の清宮幸太郎がプロ入りしたところで、球界の地盤沈下は進むばかりである。…

None

不作センバツ プロスカウトが挙げた3選手の評価

今大会でプロのスカウトがドラフト1位候補に挙げているのは、早実(東京)の清宮幸太郎、履正社(大阪)の安田尚憲とスラッガー2人だけ。多くのスカウトは「不作」と顔をしかめているが、彼ら以外にドラフト候補はいないのか。 パのあるスカウトは「まあ、そうですねえ……」と、手帳をめくりめくり、こう話す。 「明徳義塾(高知)の外野手、西浦颯大。これはなかなかいい選手ですよ。去年出…

None

早実・清宮 ネット裏のスカウトを逡巡させる心と体の脆弱さ

2回戦で敗退した、早実(東京)の清宮幸太郎(3年)のことだ。 15年夏は1年生ながら2本塁打を打ち、ド派手な甲子園デビューを飾った。あれから2年、成長の跡はあったのか。 日本ハムの山田スカウト顧問は「高校時代の大谷を彷彿させます」と、こう話す。 「大谷が甲子園で三直を放った時は、バットの軌道が分かりづらかった。トップの位置から無駄な動きがなく、最短距離でバットが出て…

None

早実・清宮 持ってないなぁ

そのデンで言えば、早実(東京)の清宮幸太郎(3年)はどうなのか。 27日に東海大福岡(福岡)に敗れ、まさかの2回戦敗退。清宮は二塁打と三塁打を打ったものの、この日は5打席中4打席が回の先頭打者と、走者を置いた場面で一度も打席が回ってこなかった。今大会はアーチどころか打点もなし。2本塁打を打った2015年夏に比べ、寂しく甲子園を去った。 ネット裏でこの日の試合をチェッ…

None

【Bホシ】清宮弾丸二塁打も早実2回戦敗退

早実の清宮幸太郎(3年)は人一倍、責任感が強い。主将を務め、ベンチでは声を張り上げてナインを鼓舞する。そんな強いキャプテンシーが裏目に出た。 27日の2回戦の相手、東海大福岡の先発は、右横手投げの安田。清宮は「なかなか珍しいタイプの投手。ボールの軌道、タイミングの取り方が難しくなる」と警戒していたが、自分が何とかしたいという思いが力みにつながる。 第1打席は一回2死…

None

早実・清宮 プロで守るポジションあるか

プロ入りなら今秋のドラフト1位は間違いないといわれる早実(東京)・清宮幸太郎一塁手(3年)のことだ。 清宮は2年前の夏も一塁手だったが、ここまで一塁だけを守ってきたわけではない。 夏の甲子園後は三塁手に挑戦。二塁や遊撃にチャレンジしたという話もある。2年春には中堅を守り、背番号8で公式戦に出場した。が、中堅を守っていたときに肩痛を患った影響で、最終的に元の一塁手に落…

None

【B★】早実・清宮「進学ではなくプロ入り」

センバツで最も注目を集めている早実(東京)の清宮幸太郎は、進路でも話題の中心にいる。 早大に太いパイプをもつセ・リーグのあるスカウトは、「早大側は当然、進学してくれるものと思っています」と、こう続ける。 「清宮は入学1年目から4番を打てる逸材。一強時代を築くことも夢ではない。何より、学校の格好の宣伝にもなりますからね。そもそも清宮の父、克幸さん(現ラグビー・トップリ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事