日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

清宮幸太郎特集

三回に貴重な2ランを放った清宮

早実の新旧スター 清宮幸太郎が斎藤佑樹になる可能性は?

試合をするたびに本塁打をかっ飛ばしているのが早実の清宮幸太郎(2年)だ。 18日、西東京大会5回戦の国士舘戦。1―0の三回1死二塁の2打席目だった。一塁が空いている状況で、外角へ明らかなボール球が2球続いた。が、内に入った3球目を逃さなかった。右翼席へ弾丸ライナーでブチ込んだ。 高校通算53号を含む1安打2打点2四死球で8強入りに貢献。ここまで4試合で3本塁打を放つ…

現在は「荒川博野球塾」を主宰

「一本足打法」生みの親 荒川博氏は清宮幸太郎をどう見るのか

フィーバーを巻き起こした早実の清宮幸太郎(1年)の活躍に、目を細めている人物がいる。通算868本塁打の世界記録を持つ王貞治(現ソフトバンク球団会長)を二人三脚で育て上げた師匠であり、当時の巨人打撃コーチだった荒川博氏だ。「一本足打法」の生みの親でもある荒川氏も早実出身。19日に行われた高校野球秋季東京都大会の1次予選3回戦・保谷戦でも2試合連続となる推定130メート…

近大との練習試合で清宮は不発

もう視線は海外 清宮幸太郎「2年後メジャー行き」の現実度

1年生でただひとり選出された早実の清宮幸太郎は、24日の近大との練習試合に「5番DH」で先発出場したものの、4打数無安打3三振に倒れて報道陣のタメ息を誘った。 この日の練習試合は一般には非公表だったが、球場には熱心なファンが集結。ネット裏にはプロ野球各球団のスカウトも顔を揃えた。 当面の目当ては東海大相模の左腕・小笠原や関東第一の俊足外野手・オコエ瑠偉ら今秋ドラフト…

都大会決勝では5打席連続三振に倒れた

プロ野球スカウトの“逆襲”

早実・清宮幸太郎をドラフト1位候補にできない根拠

フロントのエラいさんなんか、いまから早実の清宮幸太郎に腰浮かせてるよ。「久々に出てきた国産の大砲候補だ!」ってね。 高校2年秋の段階で76本も本塁打を打ってるんだ。オレにはよく分からないけど、パソコンがはじき出す選手の能力を示す数値もおそらく秀逸だろう。「来年のドラフト1位、目玉になるのは間違いない」なんて同僚のコメントがスポーツ紙に出てたっけ。 スイング自体はコン…

西東京大会で本塁打を打ったが…

プロ野球スカウトの“逆襲”

打撃は秀逸も…早実・清宮幸太郎には目もくれない根拠

日本でいま、最も注目を浴びている高校生は清宮幸太郎という2年生であること、彼の所属する早実が甲子園大会の地区予選で負けたことなどが書かれていて、彼が台湾で行われるU18のメンバーに選ばれる可能性もあるので視察するかと聞いてきた。 なので台湾に行く予定はあっても、あくまでも韓国と台湾の選手を見るため。清宮が目的ではないと答えた。 昨夏の甲子園での成績は確かに秀逸だし…

開幕式ではチームの先頭で入場行進(中央)

本人は気づかず打撃 医者が驚いた清宮幸太郎「2度の腰骨折」

中学1年が終わろうとする冬の練習中、清宮幸太郎(16・早実)に異変が起こった。打ってファーストを駆け抜けた瞬間、うずくまって動けなくなった。腰の疲労骨折だった。 医師によると、おそらくスイングスピードの速さに、体が耐えきれなかったのだろうとのことだった。筑波大の協力で身体能力をテストしたことがある。スイングスピードは133.4キロ。大学生の平均より高く、チームメート…

早くも清宮争奪戦が勃発

巨人が血眼になるほど加速 清宮の“大学経由メジャー挑戦”

現時点で高校通算78本塁打を放ち、「怪物」と称される早実の清宮幸太郎(2年)に関してはすでに、阪神とDeNAが今秋ドラフトの1位候補最上位にリストアップ。日本ハムは現場トップの栗山監督が、「(球団から)要請されたら引く」と重複指名の際のクジ引きにまで言及している。5日の早実の練習初日にはソフトバンク、西武、オリックス、DeNA、ヤクルト、中日の6球団が挨拶に訪問。…

早くも進路が注目される

スカウト体制刷新の巨人 早実清宮“直プロ”が最初の照準

巨人の来秋のドラフト1位最有力候補は、早実・清宮幸太郎(2年)。岡崎新部長が早くも「誰が見てもトップクラス」とベタ褒めする高校通算78本塁打のスラッガーだ。ただ、某球団のスカウトは「現時点では早大進学の確率の方が高いとみています」と言う。メジャーを含めたプロ球団は、まずこれを「直接プロ入り」へ翻意させる必要がある。そこで巨人なのだ。前出のスカウトが続ける。 「巨人…

進化する清宮

引っ張り専門から進化 早実・清宮「左翼へ78号」の価値

早実(東京)の清宮幸太郎(2年)が2発を放ち、高校通算を78本塁打に伸ばした。 20日、磐城(福島)の野球部創部110周年記念試合に「3番・一塁」で出場。三回の2打席目に内角低めの直球を右翼席へ77号を放り込むと、六回の4打席目には左投手の外角高め直球を左越えに78号を放った。 これだけ打っていながら、逆方向への一発はまだ2本目。試合が行われた「いわきグリーンスタジ…

安田(左)と清宮

清宮より凄いと話題 履正社スラッガー・安田尚憲の正体

早実は初回、「3番・一塁」で先発出場した清宮幸太郎一塁手(2年)のソロ弾で先制すると、同点の三回1死一、三塁から、今度は履正社の安田尚憲三塁手(2年)が右翼へ豪快な3ランを叩き込んだ。試合は履正社が4-6の四回に7点を奪い逆転。清宮早実に打ち勝った。 清宮は高校通算76号、安田は同44号。先週の開会式の際、清宮は「遠くから見ても大きかった(安田188センチ・92キ…

準決勝の一回にタイムリーを放ち、笑顔の野村

準決で怪物超え23号 1年4番・野村は早実の“精神安定剤”

3番の清宮幸太郎(2年)が塁に出て4番がかえす――。この日主役だったのは、本塁打を含む3安打4打点の活躍を見せた1年生4番打者の方だった。 1点差に迫られた七回に高校通算23号を左中間スタンドへ。「最近ホームランを狙って打てるようになってきたので『やってみよう』と思っていた。打った瞬間入ると思った」とケロリと言い放った。 1年夏から4番。マークされる3番・清宮をい…

胴上げされる清宮主将

早実・清宮に囁かれる「早大経由メジャー挑戦」の可能性

早実の清宮幸太郎(2年)が来春のセンバツ出場を確実にした。 3日の秋季東京大会決勝で日大三と激突。2点ビハインドの九回に1年生で4番を務める野村のサヨナラ2ランなどで一挙4点を奪い、8-6で勝利した。 早実の秋の都大会優勝は、斎藤佑樹(現日本ハム)を擁した05年以来11年ぶり。これで明治神宮大会出場も決まった。 主将としてインタビューに応じた清宮は「(大会の)最初は…

試合後、取材に応じる清宮

清宮フィーバーが後押し 早実が狙う“春夏連覇”の現実味

30日、秋季東京大会準決勝で清宮幸太郎(2年)が主将を務める早実が、国士舘に9-0の七回コールド勝ち。11月3日の日大三との決勝へ駒を進めた。 来春のセンバツ出場校は関東・東京で6。関東大会4強と東京大会優勝の5校は当確で、残る1枠を関東8強敗退チームと東京2位が争う仕組みとなっている。ただ、昨夏に清宮フィーバーを巻き起こした凄まじい人気と、高校通算74本塁打の実…

大量点に盛り上がる清宮(中央)

清宮も「目前の勝利に集中」 早実センバツ出場“M1”の裏

清宮幸太郎(2年)が主将を務める早実が、来春のセンバツ出場に一歩近づいた。23日の秋季東京大会3回戦で都片倉と対戦。12-2の5回コールド勝ちで8強へ駒を進めた。 「3番・一塁」で出場した清宮は2打数1安打2四死球。「一つ一つ勝つにつれ甲子園に近づいている。目の前の試合に勝つことに集中したい。チームがガッと上がってきているので落ちないように主将として引っ張っていきた…

来年のドラフトの目玉といわれている清宮

清宮72号も スカウト語る「通算本塁打に価値なし」のワケ

12日、プロ垂ぜんの早実・清宮幸太郎(2年)が秋季東京都大会初戦の日本学園戦で、高校通算72本目となる3ランを右翼スタンドに叩き込んだ。 「感触は完璧」 と話した清宮。まだ2年生、卒業までに100本以上を打つのはほぼ確実だ。 気になるのが、高校通算本塁打に対するプロのスタンスだ。高校時代にホームランを量産したからといって、必ずしもプロに行って結果を残せるわけではな…

新チームの主将だけに…

関係者が歯ぎしり…早実・清宮がU18日本代表に漏れた真相

今年のドラフトで上位指名が確実な高校生たちの活躍で大学生相手に幸先の良いスタートを切ったものの、前出の関係者はU-18のメンバーに2年生の清宮幸太郎内野手(西東京・早実)がいれば、いま以上に盛り上がったと言うのだ。アマチュア野球担当者がこう言った。 「27日に行われる大学日本代表との壮行試合はフジ、30日からの本大会はTBSが中継する予定ですけど、ともに清宮の代表メ…

「いきなり10勝」の声もある履正社の寺島(左)と、捕手として評価が高い秀岳館の九鬼

2016高校野球 ここだけのマル得情報

プロスカウトが厳しく評価 夏の甲子園で株上げたのは誰だ

清宮幸太郎(早実)ら2年生野手に逸材が揃っているから、野手は来年に期待だね」 とは、セ球団の九州担当スカウトだ。…

八王子の安藤徳明監督

2016高校野球 ここだけのマル得情報

早実戦“清宮対策”の反響は? 八王子・安藤監督に聞いた

西東京大会準々決勝では清宮幸太郎擁する早実を下し、甲子園切符をつかんだ。就任10年目の安藤徳明監督(55=体育科教諭)に甲子園に至るまでの苦労話や早実戦について聞いた。 ――過去に苦しいときもあったのではないですか? 「ここまで長かったですね。夏の予選を3年連続で初戦敗退したときは苦しかった。春に関東大会に出場したにもかかわらず敗れた年もあり、『このままでは終われね…

西東京大会準々決勝で敗れた早実・清宮は新チームで始動

2016高校野球 ここだけのマル得情報

甲子園常連バタバタ敗退 勝ち抜く“地域と学校”を識者解説

23日の西東京大会準々決勝では、注目のスラッガー清宮幸太郎(2年)擁する早実が八王子学園八王子に敗れた。相手は第2シードとはいえ、早実は昨夏の甲子園4強の名門校。2年目のフィーバーの渦中にいた怪物にとっては、早過ぎる夏の終わりである。 ■選手から強豪校が敬遠される理由 波乱の予感が漂う今夏の甲子園。スポーツライターの美山和也氏はこう言う。 「大阪桐蔭をはじめ、全国…

清宮は早実の新主将に

2016高校野球 ここだけのマル得情報

また特例か…早実新主将・清宮は予選敗退でもU-18入りへ

23日の西東京大会準々決勝で八王子学園八王子に敗れた早実は25日、清宮幸太郎(2年)が新チームの主将に就任すると発表した。名実ともにチームの中心となる清宮だが、代表にも選出されそうだという。 早実は2年連続甲子園出場はならなかったものの、清宮は5試合で12打数7安打3本塁打8打点と大暴れ。この試合をU-18日本代表の小枝監督が視察。8月下旬から台湾で行われるU-18…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事