日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中田翔 ネックレス」に関する記事

中田翔はオシャレのつもりかもしれないが…

プレー中にぶらぶら 日ハム中田のネックレスに「不快」と苦言

日本ハムの4番・中田翔(26)は首から太くて長い金属製のネックレスをぶら下げてプレー。途中、ユニホームの外に飛び出したネックレスが邪魔になったのか、何度もアンダーシャツの中に押し込むシーンもあった。 「よく運動選手がしているような短いものならまだしも、そんな長いジャラジャラしたネックレスをされたら、見ている方の邪魔になりますよ」と、プロ野球ファンの作家・麻生千晶氏が…

3億円の攻防が予想されたが…

希望額届かず渋顔のハム中田 実は球団に“圧勝”の舞台裏

「自分の希望額とは違いましたけど、インセンティブ(出来高払い)が良かったので」 日本ハムの主砲・中田翔(26)が4日、札幌市内の球団事務所で契約更改。4500万円増の2億4500万円プラス出来高でサインした。 今季は全試合に出場して自己最多の102打点、30本塁打をマーク。3億円の攻防が予想されながら、いざ、フタを開けてみれば上がり幅は1億円どころかその半分にも満た…

3位で意気消沈

ひねくれスポーツ論

プレミア12 優勝していたら想像するだにさぶイボが立つ

中田翔は「ミスタープレミア」ともてはやされ、ますます日焼けして金ぴかネックレス金髪でのし歩き、栗山の指図など鼻で笑ってブンブン振り回すも三振ばかりでますます北海道の鼻つまみと化そう。 松田なんぞプレミア一の声からしノリノリ男と自負し、メジャーリーグまで行けるかどうかわからんが、たぶん3Aあたりでベンチで吠えまくって川崎宗則もどきとなって古巣への復帰を探る勘違い野郎…

11年目の平田良介

一年中手放せないこの一品

中日・平田良介が肌身離さぬ「24金ネックレス」の“効用”

公式戦では100打点を目指して頑張っていきたいと思っています」…

最近はおとなしめだけど…

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

日本ハム中田翔の長距離イメージは「見た目が9割」

日本ハムの4番・中田翔が纏う“長距離砲っぽさ”がすごい。今季チームが日本一に輝いたこともあってか、その貫禄と迫力はさらに増した。 しかし、引っかかるのは中田の年度別成績である。以前にも本連載で書いたが、彼がこれまでのプロ9年間で記録したシーズン最多本塁打は2015年の30本。12年以降はこの年を除けば、すべて20本台。また、打率3割以上を記録したのも13年の1度だけ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事