日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鳥塚しげき特集

加瀬邦彦さんの訃報にファン衝撃

がんと闘い…ザ・ワイルドワンズ 加瀬邦彦さん「自殺」の謎

加瀬さんは食道がん、鳥塚しげき(68)は胃がん、植田芳暁(67)は大腸がん、島英二(67)は胃がんだったが、全員克服。 冗談交じりに「ワイルドガンズ」と名乗ることもあった。生涯で作曲した曲は700曲以上。体調が優れず、精神的に不安定になっていたというが、何が加瀬さんに自死を選ばせたのか――。…

「蒼い月の唄」を褒めた加山雄三

今は3人 ワイルドワンズは死なず!

新曲を聴いて「これ、いいね」と言ってくれた加山雄三

鳥塚しげき 50年前と同じ声で歌えるのか心配だったけど、みなさんに大丈夫だったって言ってもらえてホッとした(笑い)。 島英二 加瀬さんの代わりに僕が12弦ギターを弾いたんだけど、当時の音を再現できたと思う。 鳥塚 僕はついこの前、23日に69歳になった。3人合わせて205歳。全員が、がんサバイバーの「ワイルドガンズ」だけど、4月にはなかのZEROホール、5月には習…

「蒼い月の唄」の入った最近のCD

今は3人 ワイルドワンズは死なず!

加瀬さんが亡くなった後 自宅から未発表の譜面が見つかって…

鳥塚しげき すごくいいメロディーで、アレンジを僕らで考えたらステレオタイプなものになってしまいそうで、それはもったいない。何か新しいものにしたいということになって、今をときめくプロデューサーに相談して、最新式の音楽をつくろうってことになった。 島英二 加瀬さんも新しいものが好きだったしね。若い作詞家やアレンジャーたちがチームになって、加瀬さんのメロディーを仕上げて…

楽屋を訪れ言葉をかけた沢田研二

今は3人 ワイルドワンズは死なず!

ライブを見に来てくれた沢田研二「安心した」の一言

鳥塚しげき 3人でやっていかなきゃならないということになって気付いたのは、加瀬さんの存在の大きさ。加瀬さんがいた時は、演奏する曲のアレンジから何から全部加瀬さんが最終決定していた。加瀬さんがいなくなってからは、それを3人でやらなきゃならないんだけど、どうやって決めたらいいか分からないんです。 植田 でもすぐに、加瀬さんから「いつまでもメソメソしてないで、早く3人で…

故・加瀬邦彦さん

今は3人 ワイルドワンズは死なず!

テニスに凝っていた加瀬さん、Vのラインの入ったパンツを買ったのに…

鳥塚しげき その方がステージ上で動きが出るんだよね。加瀬さんはそこまで計算してた。 植田 やることなすこと斬新だったね。 鳥塚 加瀬さんが考えた曲順やステージ構成は勉強になった。初めは言われるままやってたけど、僕らもだんだん理解できるようになって。今、3人でやる時に、この経験が大いに役立ってる。 植田 既成のものが好きじゃなくて、必ず新しいスパイスをかけるんだ。 …

(写真右から)鳥塚しげき、植田芳暁、島英二

今は3人 ワイルドワンズは死なず!

グループサウンズ時代のイタズラに「ごめんなさい」

◇ ◇ ◇ 鳥塚しげき 加瀬さんがメンバーを公募して僕らが集まって、デビューしたのが66年。「想い出の渚」が大ヒットして、アマチュアだった僕らがあっという間に人気者になっちゃった。 植田芳暁 でも、そんなに人気があるって認識してなかったね。初めて自分たちがブレークしているって認識したのはデビューして3カ月くらいしてから。飛行機で広島に行った時、タラップを下りたら空…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事