日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「長瀬智也 番組」に関する記事

「画が持つ役者」「愛すべきジャニーズ」と絶賛の声

冬ドラ俳優“辛口”通信簿

ドラマ評価も上昇 TOKIO長瀬智也は男女にモテる“人たらし”

視聴率対決では堀北真希主演の「ヒガンバナ」に5連敗中なのは、TOKIOの長瀬智也(37)主演の「フラジャイル」。しかし、初回視聴率で最大の1.6%だった差が、最新の第5話ではわずか0.5%にまで詰め寄ってきた。 堀北と共演のDAIGOの新婚効果が薄れてきたことも一因だろうが、長瀬への評価が少しずつ高まっていることを視聴率急追の理由に挙げる視聴者が多い。 「当初は偏屈…

バラエティーとは勝手が違った

結婚バブル終了…「ヒガンバナ」失速させたDAIGOの演技力

出演中のドラマ「ヒガンバナ」も、主演の堀北真希とのダブル新婚効果で、同時間帯放送の長瀬智也主演の「フラジャイル」(フジ系)との“水10対決”を制して初回から5連勝を飾っていた。 ところが、ついに17日放送の第6話で視聴率8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と初の1桁台陥落。一方の「フラジャイル」は9.2%で、水10対決が話題になった14年10月クール以…

主役の重圧から解放された?

冬ドラ女優“辛口”通信簿

「フラジャイル」ヒロイン役好評 武井咲は“準主役”で光る

今期は長瀬智也主演の「フラジャイル」に花を添えるヒロイン役に甘んじているが、今の武井にはそのくらいのほうが気が楽かもしれない。なんせ、今回もキャスト発表直後から原作ファンに「ヒロイン役が武井とはガッカリ」などと叩かれたほど。 しかし、初回放送直後からその評価は一変。主演の長瀬に振り回されるヒロイン役が案外、好評なのだ。“今までと違う武井がカワイイ”という好意的な感想…

制服コスプレの次の一手は?

冬ドラ女優“辛口”通信簿

ドラマ低調…堀北真希に囁かれる“コスプレ以上”の大勝負

視聴率こそ初回11.2%(以下、数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)と、裏番組の「フラジャイル」(長瀬智也主演)を上回ったが、14年に放送されたスペシャルドラマ版の11.3%を超えられず、日テレの看板枠ともいえる水10枠としては低い水準の平均11.0%にとどまっている。 特に第2話では、誘拐された被害者を助けるために、身代金引き渡し役に指定された被害者の娘の…

None

日本ダービー 「笑った」TOKIOと「泣いた」石橋貴明

レース前にボーカルの長瀬智也が国歌を独唱したTOKIOは、メンバーの山口達也と国分太一が、優勝した(2)ワンアンドオンリーの単勝馬券をともに1万円購入。単勝の払戻金は560円だったため、それぞれ5万6000円をゲットしてホクホク顔と一部スポーツ紙で報じられていたが、実は一番楽しんでいたのは松岡昌宏だったという。 「馬券の買い方は豪快。万単位で穴馬にブチこんでいました…

None

「三億円事件」 なぜここまで日本人を引きつけるのか

特に何かの節目というわけでもないのに、昨年10月期に放送された長瀬智也主演の連ドラ「クロコーチ」(TBS系)のキャッチコピーは、「三億円事件、完結。」。フジテレビも、昨年末にドキュメンタリー「独占追跡!三億円事件“最後の告白者たち”~真犯人の影…45年目の新証言~」を放送。負けじとテレビ朝日はつい先日、「開局55周年記念 松本清張ドラマスペシャル 三億円事件」を田村…

None

ジャニーズ乱立の秋ドラマ “別格”は長瀬主演の「クロコーチ」

日本テレビ、フジテレビ、TBSと在京キー局のほとんどが起用する中、専門家が「今後に期待」と声を揃えるのが、長瀬智也(34)主演の「クロコーチ」(金曜22時~、TBS)だ。 ドラマ批評家のこうたきてつや氏はこう言う。 「キャラクターの造形がどこか懐かしいドラマ。悪徳刑事に扮する長瀬の役どころは『タイガー&ドラゴン』(TBS)で演じたヤクザの虎児を思わせて、妙に憎めない…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事