日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「藤浪晋太郎 大阪桐蔭」に関する記事

歓喜に湧く大阪桐蔭ナイン/(C)日刊ゲンダイ

大阪桐蔭・西谷監督が明かした“日本一のスカウティング”

一昨年は藤浪晋太郎(現阪神)、森友哉(現西武)のバッテリーで春夏連覇。彼らのような飛び抜けた逸材は確かにいないものの、プロ、アマ関係者が「大阪桐蔭のスカウティングは日本一」と口を揃えるように、他校がうらやむタレント集団であることは間違いない。 優勝投手になったエースの福島孝輔(3年)は福岡出身。飯塚ライジングスターボーイズでは捕手だった。同じチームには同級生の高浜祐…

夏は敵なしも……/(C)日刊ゲンダイ

“歴代トップの名将”に王手 「大阪桐蔭」春夏連覇の可能性

優勝は藤浪晋太郎(現阪神)がエースとして君臨した12年の1度。残りの3度はいずれも1、2勝しかできずに甲子園を去っている。昨秋の近畿大会は天理(奈良)に敗れてベスト8にとどまった。 前出の安倍氏が言う。 「春は選手もチームも発展途上の段階。時として番狂わせが起きるのはそのためです。また、春は投手力が勝敗を左右しやすい。県岐阜商の高橋純平(2年)は頭ひとつ抜けているし…

人気、注目度は抜群の高橋純平

阪神が県岐阜商・高橋に食指 藤浪以来の高校生ドラ1指名か

05~07年に行われた高校生ドラフトを除けば、過去13年間で高校生を1位で獲得したのは、12年ドラフトの藤浪晋太郎(大阪桐蔭)ひとりだ。 09年に菊池雄星(花巻東→西武)をクジで外したことはあったが、その年は結果的に大学生の二神が1位。13年ドラフトでは森友哉(大阪桐蔭→西武)、11年ドラフトでは高橋周平(東海大甲府→中日)を回避している。 1日のヤクルト戦には、1…

今季はまだ1勝

伸び悩む阪神・藤浪 「指導者に恵まれない不幸」をOB指摘

新人年から2年連続2ケタ勝利を挙げ、3年目の飛躍を期待された藤浪晋太郎(21)が思いのほか伸び悩んでいる。同期大谷翔平(20)は開幕5連勝を果たし、日本ハムのエースに成長しているのに、この右腕は1勝4敗、防御率3.20。今季初登板で初勝利を挙げてから、6戦続けて勝利から遠ざかっている。8日の広島戦では自己最速の158キロをマークするも、5回7失点でKOされた。阪神O…

藤浪(左)はマエケン(右)から何を吸収できるか?/(C)日刊ゲンダイ

先輩敬遠し…阪神・藤浪「マエケン自主トレ」直訴参加の狙い

14日、阪神の藤浪晋太郎(20)が都内で広島の前田らが行う自主トレに参加(写真)。「阪神にないものを勉強し、盗んで帰りたい」と話した。 今回の自主トレは自ら球団に直訴して実現。広島の選手だけが集まる中に単身で乗り込んだのは、飛躍のきっかけを掴みたい一心だろう。一方で藤浪は、大阪桐蔭の先輩である西岡、中田らが行った自主トレには不参加だった。 「あんなにイキイキとしてい…

None

ドラフト採点簿 オリックスが満点なら巨人と阪神は何点?

昨年は4球団の競合の末、藤浪晋太郎の指名に成功したが、今年は3球団の競合で大瀬良大地を外すと、続く日本生命の柿田裕太も3球団の争いとなり、DeNAに奪われた。 「柿田は阪神が意中の球団だったと聞いている。阪神は松本工高時代から注目していたし、日本生命に入る時にはいろいろと世話をしたともっぱらでしたからね」 とは、さる在京球団のスカウト。 阪神は3度目の正直で岩貞祐太…

None

どうする阪神 ドラフト“目玉”松井裕樹&森友哉からラブコール!?

森も、高校の先輩の藤浪晋太郎が在籍していることもあり、9月の国体の時には「自分は阪神ファン」と公言している。 が、当の阪神は、大学ナンバーワン投手の大瀬良大地(九共大)の1位指名が濃厚。森も外れ1位の筆頭候補という位置づけだ。 今季12勝を挙げたメッセンジャーが退団する可能性もあり、1位は「即戦力の先発投手という方針」を固めているといわれる。 10月初旬、阪神の球…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事