日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中山美穂 舞台」に関する記事

ファンも憧れるミポリンの恋愛至上主義

お騒がせ続きも…中山美穂の舞台に女性客が殺到するワケ

主演はデビュー30年にして舞台初挑戦となった中山美穂(46)。芸能界の注目度は高く、ロビーには岩井俊二、田中麗奈など中山宛てだけで20を超える祝花が。また、平日にもかかわらず男性客よりも中山と同世代とおぼしき女性を中心に多くのファンが詰めかけ、会場は超満員。通路に補助席をつくって観劇する客もいた。 いざ幕が上がると、舞台では百戦錬磨の勝村政信(52)や萩原聖人(4…

舞台の魅力にハマった?

中山美穂“復活のノロシ”は下北沢から 居酒屋で酌する姿も

オカッパ頭で颯爽と現れたのは、前衛芸術家の草間彌生ではなく、女優の中山美穂(46)。 開催中の東京国際映画祭「Japan Now」部門の岩井俊二監督(53)特集で上映された主演映画「Love Letter」(95年)のトークショーに28日出席し、同作の名場面を引き合いに観客から「お元気ですかー?」と尋ねられると、「私は元気でぇ~す!」。やや照れながら劇中のセリフをナ…

朗読劇には「期待外れ」の声が

初の朗読劇も声が震え…中山美穂の寂しき「デビュー30周年」

14日にデビュー30周年記念のオリジナルアルバムコレクションをリリースした中山美穂(45)。計25枚のボリュームで人気アイドル歌手としてヒットチャートを賑わせた過去を彷彿とさせるが、その数日前、彼女は人知れず人生初の朗読劇の舞台に立っていた。 その舞台は10日から12日の計3日間、博品館劇場(東京・銀座)で行われたリーディング公演「HAKUTO~白兎~」。旧知の仲で…

アイドルとアイドルのツーショット

AKB48島崎遥香 中山美穂との「緊張」のツーショット公開

AKB48の島崎遥香(22)が8日夜、女優の中山美穂(46)との珍しいツーショットをツイッターで公開した。 中山の主演舞台「魔術」を見に行ったという島崎は、「ツーショット...緊張!!笑」と、いつになくかしこまった様子。カメラにほほえむ中山に、ピンと背筋を伸ばして寄り添っている。島崎は中山と同じ事務所に所属しており、先輩の仕事ぶりに身が引き締まったようだ。 ファンか…

報道陣をスマホで逆撮り

中山美穂と破局報道…渋谷慶一郎氏の左薬指には指輪キラリ

昨年末に中山美穂(46)との“破局”が一部週刊誌に報じられ、またもや時の人となったご仁である。 公の場に顔を出すのは珍しいが、7日はテーマ曲を手がけたJ-WAVEの新番組「AVALON」(4月4日スタート、月~木曜22時)の制作発表会見に出席。まだ制作途中だというテーマ曲の一部が披露され、今後の展開について質問が及ぶと、東京芸大作曲科卒の日本を代表する音楽家らしいク…

話題の長髪を少しカット/(C)日刊ゲンダイ

「来年賞撮る」 高校時代の恩師も呆れた 辻仁成の“自意識”

女優の中山美穂との離婚問題が連日報道されるなど、騒動の真っただ中にいる辻仁成(54)。本業はミュージシャン、映画監督、演出家、そして芥川賞作家とマルチな文化人だ。 東京都日野市生まれ。保険会社に勤務する父親の転勤で、福岡、帯広と移り住み、そして中学3年から高校卒業まで函館で暮らす。函館西高等学校時代は柔道部で汗を流し、詩や小説を執筆しながらジャズ喫茶に通い、公民館で…

電撃婚から12年/(C)日刊ゲンダイ

辻仁成は「寝耳に水」 中山美穂離婚報道の“舞台裏”

セレブな生活を送っていたはずの中山美穂(44)の身に一体、何が起きたのか。 記事によると、夫婦は現在も長男(10)と3人でパリで暮らしているが、すでに離婚に向けた話し合いが始まっているという。子供の親権などクリアにしなければならない問題も多いが、2人の間の溝は埋めがたく、離婚は避けられない状況。それもこれも、09年当時、ハードロックに目覚めた辻が性別の垣根をとっぱら…

12年の結婚生活にピリオド?/(C)日刊ゲンダイ

中山美穂が辻仁成と離婚へ…焦点は長男の親権か

女優の中山美穂(44)が、夫で作家の辻仁成(54)と離婚に向けて話し合いをしていることが明らかになった。交際8カ月のスピード結婚から12年、2人で生活の拠点のパリと仕事場の日本を行き来しながら子育てを続けるうちに、溝ができたようだ。 中山は今月24日のCM会見で、左手薬指にあるはずの結婚指輪をしておらず、辻のことは一切、触れていなかった。プライベートな話題を意図的に…

None

あれもこれも言わせて

芸能界は元カノ元妻 呉越同舟の何でもアリだから面白い

その際は元夫の辻仁成、辻の元妻・中山美穂も交えて、ぜひ。…

28日、都内の稽古場から帰る辻/(C)日刊ゲンダイ

「わからない」連発 辻仁成なぜか離婚騒動“蚊帳の外”

中山美穂(44)との離婚騒動が表面化した作家の辻仁成(54)が30日、爆笑問題が司会のTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」のゲストコーナーに出演。爆笑の太田光からは、中山との出会いの言葉として有名な「やっと会えたね」で迎えられ、その後も「ミポリン~!」と叫ばれるなどケチョンケチョンな目にあった。 爆問にすれば渦中の辻の出演は飛んで火に入る夏の虫。オファーは騒動前だ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事