日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

宮里藍特集

復調が期待された宮里藍だったが…

悲願の優勝は厳しく…宮里藍が出入り激しい1オーバー70位

【全英リコー女子OP】 復調が期待された宮里藍(31)だったが、初日は3バーディー、4ボギーの1オーバー70位タイだった。 ドライバー平均飛距離118位(248.172ヤード)の宮里は同1位L・トンプソン、同26位M・ウィーの飛ばし屋2人とのペアリング。1打目から2人に大きく引き離され、2打目でユーティリティーを使うなど、パワーの違いを見せつけられ、ついていくだけで…

ドライバーは好調だったが…

課題のパットが絶不調…宮里藍は後半崩れ初日1オーバー

【全米女子プロ選手権】 「ボールが飛ぶ人にも、飛ばない人にも難しいセッティング」 メジャー会場特有のタフな設定を警戒していた宮里藍(30)。イン発進の初日は11番パー5で3打目をピンそば1.5メートルにつけてバーディー先行。 あとは、「欲を出さずにどうやってパーセーブするか」という事前のプラン通りじっと我慢のプレーが続いた。 1アンダーで折り返して3番パー4で2つ目…

高速グリーンを慎重に読み切る宮里藍

最終日18位も不振脱出に手応え 宮里藍の何が変わったのか

1977年全米女子プロに勝った樋口久子(現LPGA相談役)以来、39年ぶりのメジャー優勝が期待された宮里藍(30)。 今大会は初日67で回って首位タイに躍り出ると、2日目も2つスコアを伸ばしてトップの座をキープ。3日目は71とスコアを1つ伸ばしただけで通算8アンダー5位に後退。それでも首位と2打差は十分に逆転V圏内だ。 最終日は最終組から3組前でプレー。先にスコアを…

31歳でオッサン化はまだ早い

女子プロ「イイ嬢」「ダメ嬢」どっち?

宮里藍(日本14勝、米国9勝・30歳)

でも、そんな宮里藍も来月には31歳かぁ。時って残酷よね。ブームを呼んだ「藍ちゃん」って、口が裂けても言えないわ。 アマ時代からずっとライバルで友達の横峯さくらが結婚したから、焦りがあるのかしら、なんか心にゆとりがないみたい。 イライラ全開オーラが出ていて、若年性更年期症状まで出始めているみたいだから、気を付けてちょうだい。 そんな気持ちがウエアにも表れている。おば…

今季メジャー初戦で好スタート

初日首位の宮里藍 “強気パット”が悲願メジャーVへのカギ

【ANAインスピレーション】 宮里藍(30)が悲願のメジャータイトルに向けて好スタートを切った。 前週の起亜クラシックでは3年ぶりの初日首位発進から、3年ぶりにトップ3と復調の兆しを見せたが、その時の好調なゴルフをキープしている。 初日は出だし1番で1メートルを入れてバーディーを奪うと、2番パー5はグリーン上のマウンドを利用して3打目を2メートルに寄せて連続バーディ…

奇跡の復活なるか

ひさびさ好成績で逆転も 宮里藍「リオ代表候補」に急浮上

宮里藍(30)が先週の起亜クラシックで3位に入り、13年3月RRドネリーファウンダーズの2位以来、約3年ぶりのトップ5フィニッシュとなった。世界ランクは157位から一気に67位上がって90位、日本人選手29番手から10番手に急浮上した。 リオ五輪の日本人女子代表選手(2枠)は、7月11日時点の世界ランクで決定する。現在、日本人トップは38位の宮里美香(26)で、4…

None

私の時代 今の女子ツアー

高3のアマ宮里藍の優勝に危機感を感じた

当時、高校3年生だった宮里藍さんが、清元登子さん以来30年ぶりのアマチュア優勝です。 その大会に私は出場していませんが、宮里さんの優勝がすごいと思うよりも、自分たちプロゴルファーの力のなさ、これでいいんだろうか、と真っ先に頭に浮かびました。 プロゴルファーとしての立場の怖さ。やはり、一応プロと名前がついたスポーツ選手ですから、アマチュアに負けてしまう自分たちの危機…

得意のパットにも衰えが…

有村智恵の米撤退表明に「宮里藍も日本に戻るべき」の声

宮里藍(30)が7月に行われる全米女子オープン(7~10日)の地区予選会に出場したが、プレーオフで敗れ、上位3人に与えられる本大会の出場権を逃した。 宮里にとって、全米女子オープンはアマ時代から優勝を目標に掲げている特別な大会。2014年まで10年連続で出場を果たし、09年、11年には6位に入ったものの、それ以降成績が低迷。昨年に引き続き、2年連続で大会出場は難しく…

ショートパットにミスがなくなった

プロ求道

宮里藍は好調時のパットが戻ってきた

さて初日、2日目と首位に立った宮里藍(30)に期待が集まりましたが、最終日に崩れて4年ぶりの米ツアー10勝目はお預けになりました。とはいえ、1、2メートルのショートパットをミスしなくなった。強かった時のパットに戻ったので、焦らずに試合を組み立てられるようになりました。 決勝2日間は硬くなったグリーンにボールを止められず苦戦しましたが、よく耐えていました。調子は上向…

宮里藍は復活のきっかけを掴んだか

宮里藍「起亜クラシック」最終日爆発で3年ぶりトップ3

【起亜クラシック】 2012年7月のアーカンソー選手権を最後に3季も優勝から遠ざかり、米ツアー10勝目に手が届かない宮里藍(30)。 今季女子メジャー初戦のANAインスピレーション(31日開幕)の前哨戦で、初日は久々に首位に立つ好スタートを切ったが、2日目9位、3日目15位と順位を下げた。だが、通算6アンダー発進の最終日に爆発。7バーディー、1ボギーの66で回り通算…

None

内藤雄士が分析 トッププロの企業秘密

宮里藍飛距離を生むハイトップ、ハイフィニッシュ

宮里藍プロの大きなスイングの特徴のひとつに、ハイトップ、ハイフィニッシュというものがあります。 トップの手の位置が高く、それと対称形になるように、フィニッシュでも手の位置が高くなっています。 スイングの基本は左右対称ですから、高い位置からスタートして高い位置に収まるのは当然ですが、この高い位置から腕が落ちてくる落差が、155センチと小柄にもかかわらず、背の高い外国人…

None

内藤雄士が分析 トッププロの企業秘密

宮里藍両足で地面をがっしりつかみ重心をキープ

宮里藍プロは現在の女子ツアー人気に火をつけた立役者です。 高校生でプロに交じってミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで優勝したのが2003年。そこから女子ブームが開花したといっても過言ではありません。さらに渡米して米女子ツアーでも強豪選手と伍して華々しい活躍ができたのも、やはりしっかりしたスイングの持ち主だったからというのは間違いありません。 藍ちゃんのスイングの特…

None

グリーン黙示録

宮里藍の「タフになり過ぎない」の意味

前半の宮里藍はすばらしいゴルフで6アンダー。しかるに午後はパープレイ。結局は12アンダーの17位タイ。日本人4名の中では最上位になったが、わたしが心に残ったのは、「自分に対してタフになりすぎないように気をつけるつもりです」という試合後のコメントである。前半の6アンダーは強気のパットがことごとく成功したと思われるが、後半は2バーディ2ボギー。43位から17位に上昇し…

プレー中も表情が冴えない

国内4戦連続予選落ち 宮里藍の「復活」に一番必要なモノは?

【日本女子オープン】 2日目58位タイ発進から巻き返しを狙った宮里藍(30)。前半のインは3バーディー、2ボギーと1つ伸ばして折り返した。しかし3番パー4でダブルボギーを叩くと、7番ボギー、上がりの9番パー5では1メートル足らずのパーパットを決められず、アウトはバーディーなし。カットラインに1打届かず、通算8オーバー62位タイ。今季は日本ツアーに出場した4試合すべて…

None

初日80位Tの宮里藍 “特権”食いつぶし米ツアーにしがみつく

78位と当落線上の宮里藍(30)にとって、出場が確定している大会は、今週のメジャーが最後だけに好スタートを切りたかったところだ。 試合前に、「メンタルが課題。パッティングのストロークではなく、どこまで自分を信じてプレーできるか」と語っていたが、不安が的中してしまった。 イン発進の初日は、出だし10番パー4の3打目に絶妙のアプローチを見せて1メートルに寄せながら、パー…

キャディーに慰められるようでは…

国内戦連続予選落ち…凋落目立つ宮里藍の気になる今後

【サントリーレディス】(兵庫・六甲国際ゴルフ倶楽部=6511ヤード・パー72) 所属契約を結ぶサントリーのホステスプロとして4年ぶりに出場した宮里藍(29)。26位発進の2日目は1バーディー、5ボギーとスコアを崩して通算3オーバー66位。5月のサロンパス杯もホステスプロとして出場しながら、これで国内戦2試合連続予選落ちと凋落ぶりばかり目立った。 「なかなかうまくいか…

プロアマ戦でゲストの山本浩二氏(左)とラウンドする宮里藍

「全米女子プロ」捨て国内大会出場 宮里藍“心変わり”の理由

11日に開幕する女子プロゴルフの「サントリーレディスオープン」(兵庫・六甲国際GC)に、4年ぶりに出場する宮里藍(29)が10日、プロアマ戦に出場。冠企業と契約しているホステスプロとあって、同伴者の山本浩二氏(野球評論家)らに笑顔を振りまきながら最終調整を行った。 それにしても、なぜ今日本にいるのか? 藍が主戦場としている米女子ツアーは今週、メジャー第2戦の全米女…

スコアが伸びず冴えない表情の宮里

国内ツアー4年ぶりの予選落ち 宮里藍はゴルフ“劣化”深刻

【ワールドレディス・サロンパス杯】(茨城GC東C=6550ヤード・パー72) 今季、日本ツアー初出場の宮里藍(29)は注目の国内初戦で予選落ちに終わった。「ワールドレディスサロンパスカップ」2日目、イーブンパー35位タイからスタートした宮里は、後半16番でダブルボギーを叩くなど、通算5オーバーの67位に後退。60位タイまでのカットラインに1打届かず、史上9人目の国内…

None

宮里藍41位タイ 「不安を抱えてメジャーは勝てない」の指摘

【ANAインスピレーション】(カリフォルニア州ミッションヒルズCC=パー72) 初日4アンダー単独2位につけて、「今度こそ悲願のメジャーに勝てるか」とファンに期待を持たせた宮里藍(29)だったが、終わってみれば通算1オーバー41位タイだった。 また、決勝進出の日本勢は宮里美香(25)が1アンダー29位タイ、上原彩子(31)はイーブンパー35位タイ、横峯さくら(29)…

復調のきっかけをつかめない宮里藍 (C)日刊ゲンダイ

パット改善せず…それでも宮里藍が米ツアーにこだわる理由

39位スタートの宮里藍(29)はスコアを3つ落とし、通算9オーバー44位タイに終わった。 「短いチャンスをポロポロ外してしまった。(パットは)改善の段階にあるので、地道に続けていくことで自信の厚みが出る」(宮里) イーブンパー12位でフィニッシュした宮里美香(25)が、通算119パットだったのに対し、藍は133パット。3日目には38パットするなど、改善の兆しは全く見…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事