日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「竹田恒和 息子」に関する記事

竹田会長は高橋氏の関与を否定

東京五輪2.2億円裏金疑惑 “渦中の黒幕”は直撃に潔白強調

日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が、キーマンとして国会で質問攻めにあっていたが、別の“疑惑のフィクサー”もいた。24日の参院の委員会で、名前の挙がった電通の元専務を本紙は直撃した。 2020年東京五輪招致をめぐる裏金疑惑は、13年の招致に際し、当時、国際オリンピック委員会(IOC)の一員だったラミン・ディアク氏(前国際陸連会長)が関連する「ブラック・タ…

竹田会長はヤル気なし

五輪裏金説明で二転三転…竹田JOC会長が嘯くデタラメ釈明

2020年の東京五輪をめぐる“裏金”招致疑惑で、すべてを知るキーマンは、招致委理事長だった日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長だ。 24日も参院文教科学委に出席し、委員から疑惑の説明を求められたが、用意したペーパーを意味もなく両手でぐるぐる巻きながら、落ち着かない様子でノラリクラリ。 「第三者の調査チームで検証」と、公金タカリの舛添都知事のような答弁を繰り…

JOC竹田会長は国会で発言を二転三転させた

東京五輪招致委“裏金疑惑”調査はオトモダチの出来レース

問題の焦点は、五輪招致委(理事長・竹田恒和JOC会長)が、コンサルタント会社「ブラックタイディングス(BT)社」とラミン・ディアク国際陸連前会長との関係を知っていたのか――だ。ディアク前会長は当時、五輪開催都市決定の投票権を持つIOC委員。招致委がBT社に支払った総額2・3億円のコンサルタント料の一部が、ディアク前会長の息子、パパマッサタ氏に渡っていた可能性は高く…

居直る2人(左からJOC竹田会長、馳文科相)

巻頭特集

だからワルが平気で居直る 不正に“感覚マヒ”の国民世論

招致委員会の理事長を務めたJOCの竹田恒和会長は「支払いはコンサルタント料」「正式な業務契約に基づく対価」と壊れたレコーダーのように連呼。自民党の招致推進本部長だった馳浩文科相は「ロビー活動を展開するため、より核心に触れる情報が必要だった」「多数派工作(のため)で、買収ではない」と居直った。ホント、「バカも休み休み言え」だ。 竹田会長が「実績のある代理店で、アジア…

JOC竹田会長「特別に高額というわけではない」と

“裏金”2.2億円の内訳も 元JOC職員が明かす五輪招致の裏側

JOCの竹田恒和会長によれば、「国際的にみてコンサルタント会社なしに招致は勝ち得ないといわれる。本人から売り込みがあった」そうだ。コンサルタント料は全額、招致活動経費89億円の中から捻出されたという。 前出の春日氏がこう言った。 「ルール違反だからとか、予算の範囲を超えているからとムゲに断ろうものなら、他の都市に票が流れ、すべてがパーです。そうならないためにも相手…

JOCに呆れ顔…

「我々は被害者」 東京五輪裏金疑惑でJOCが呆れた言い訳

参考人として予算委に出席したJOCの竹田恒和会長はコンサル会社について「ペーパーカンパニーではない」などと主張したが、本当にきちんと調べたのか。欧米メディアによると、同社は明らかに“実体がない”。会社名の「ブラック・タイディングス」は、ヒンディー語で「黒いカネを洗浄する」という意味だ。本社はボロボロのアパートに置かれている。 しかも、民進党の追及チームによるヒアリ…

13年9月ブエノス・アイレスで東京が五輪開催地に決定した瞬間、万歳をする安倍首相ら(央)

五輪招致「裏金疑惑」 責任転嫁で逃げ切り図るJOCの悪辣

仏検察は裏金だったとみて、現地当局と連携して捜査を進めているが、日本オリンピック委員会(JOC)会長で、既に解散した招致委の元理事長・竹田恒和氏は「業務に対する正当なコンサルタント料」と説明。JOCの平岡英介専務理事も当時、招致委の事務局長を務めていた“キーマン”に責任を押し付けるような発言をし、調査に及び腰だ。 ■「やましいことない」の言葉を信じたって… 民進党が…

IOC委員だったディアク(右)の息子に…

東京五輪「裏金」疑惑 日本スポーツ界築いた“信頼”水の泡

日本オリンピック委員会の竹田恒和会長は「我々はフェアに招致活動をした。問題はない」と反論したが、ここまで金銭の授受が明らかになった以上、日本がカネで「五輪開催」を買ったと言われても仕方ない。 日本は、88年名古屋、08年大阪、16年東京の五輪招致に失敗。同じ過ちを繰り返すわけにはいかない安倍晋三首相は、自らアラブ諸国を回って支援を呼びかけ、招致演説で福島第1原発の…

東京五輪採用へ21日に合同会議を行った/(C)日刊ゲンダイ

東京五輪「野球復活」に冷や水浴びせる米国とキューバの思惑

21日、世界野球ソフトボール連盟のフラッカリ会長、日本野球機構の王貞治特別顧問らが、大会組織委員会の森喜朗会長と日本オリンピック委員会の竹田恒和会長を表敬訪問。会談後、フラッカリ会長は「とてもいい雰囲気だと思う」と悦に入っていたものの、キューバや米国の思惑が東京五輪の野球、ソフトボール復活に冷や水を浴びせる可能性は高い。…

None

華原朋美が知らない 恋人候補「竹田家」の借金トラブル

現在、慶大講師を務める竹田氏はJOC会長・竹田恒和氏の息子で、明治天皇の玄孫という超サラブレッド。互いに独身。このまま関係が熟せば当然、結婚も視野に入ってくる。 「もし結婚したら絵に描いたようなシンデレラストーリー。薬物中毒のドン底から這い上がった歌姫が王子様に見初められるなんて、おとぎ話のようです」(芸能リポーター)という声ももっともである。 だが、竹田家は過去…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事