日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

久保田佳代に関する記事

飲む前に対策を

成功のヒミツ失敗しないコツ

薬剤師と医師が推奨 二日酔い封じる2つの漢方薬の効果

漢方薬局「氣生」オーナーで漢方薬剤師の久保田佳代さんが、「“今晩はたくさん飲みそう”という時には、とりあえずこれを服用してみて下さい。ハイ、どうぞ」と、差し出してくれたのが、「五苓散」と「黄連解毒湯」。五苓散は、「アルピタン」に配合されている成分。過剰な水分やアルコールの排出を助けてくれるという。 「黄連解毒湯は血の熱を冷ます清熱解毒剤です。『酔快』と呼ばれるくら…

写真はイメージ

不調を訴える人の共通点は「言い訳」にあった

新宿3丁目で「氣生薬局」を開く漢方薬剤師の久保田佳代さんは、不調を訴える人には共通点があるという。それは「言い訳」だ。 疲労感が強く、夜あまり眠れないと訴える30代の女性は、秋が深まっても“ナマ足”だった。 久保田さんは「足を冷やすと、体も冷え、疲労や不眠につながる」と説明したが、女性は「寒くないので、ナマ足でも平気なんです」と言う。手を触ってみると「久保田さんの手…

写真はイメージ

「男の悩み」に効く漢方

抜け毛、薄毛が漢方薬で改善できる場合も

「髪の悩みも漢方薬で改善できる場合があります」 こう話す漢方薬剤師で氣生薬局(東京・新宿)CEOの久保田佳代さんによれば、髪に関係しているのは「血」と「腎」。 漢方では「髪は血余なり」といわれ、全身をめぐる血が不足して循環が悪くなると「抜け毛」「パサつき」「コシ・ツヤ・ハリがなくなる」「白髪の増加」などが見られる。 また「髪は腎の華」ともいわれ、腎の働きが低下すると…

漢方薬剤師で氣生薬局CEOの久保田佳代さん

「男の悩み」に効く漢方

「海馬補腎丸」と「補中益気湯」で疲れを取り精力アップ

漢方薬剤師で氣生薬局(東京・新宿)CEOの久保田佳代さんが言う。 「これらは、男性の妊活にも用います。精子の数が極端に少なかった方が、海馬補腎丸や補中益気湯を飲んだことで、精子数が3倍になったケースもあります」 「漢方薬は苦手だが、この2つだけは明らかに効果を実感できるので飲み続けている」と話す男性も多いという。 疲れの中には、眼精疲労もある。「飲む目薬」の異名を…

None

漢方達人をめざせ!

味がわからなくなった

久保田佳代/「漢方の氣生」代表、薬剤師、心理カウンセラー)…

None

漢方達人をめざせ!

イライラする

久保田佳代/「漢方の氣生」代表、薬剤師、心理カウンセラー)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事