日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「山井和則 民主党」に関する記事

None

衝撃 アベノミクス「GDP伸び率」あの民主党政権に完敗

民主党の山井和則衆院議員が今月、内閣府に対して民主党政権時代と安倍政権下で実質GDPはどれだけ伸びたのか――を比較できる数値を求めたところ、数値は民主党政権の方が断然、良かったのだ。 この結果には驚きだ。内閣府経済社会総合研究所の調べによると、民主党が政権を奪取した2009年7~9月期から、政権を明け渡す12年10~12月期までの実質GDPの伸び率が「5.7%」だ…

野党議員からの追及でついに“落ちた”(左は甘利前大臣)

「事実なし」が一転…UR職員が甘利事務所“口利き”におわす

民主党の山井和則衆院議員は1日の記者レクについて、「私がUR総務部長に『口利きやあっせんを否定もできないのでは?』と質問すると、『はい。それはあります』と早口で答えていました」と振り返る。 1日の記者レクにしろ、翌日の「民主党追及チーム」の会合にしろ、UR職員の声はとにかく小さかった。言質を取られないよう、発言をボカしていたのかもしれないが、ハッキリしたのはUR側…

URにとって甘利前大臣は恩人

国会で重大証言 URが自ら認めた甘利事務所との“共犯関係”

疑惑を追及している民主党の山井和則議員はこう言う。 「URにとって甘利氏は(行革担当相として民主党政権時代に進めた)民営化を“阻止”した恩人。だからこそ、秘書も強気に出られたのでしょう。つまり、今の自民党政権はURの用心棒。その政権を守るために頑張っているのだろうが、いよいよツジツマが合わなくなってきています」 あらためて地検特捜部は、何をチンタラやっているのか。…

野党はこれで安倍政権を倒せなければオシマイだ

巻頭特集

何が「ワナ」だ! ハレンチ“甘利疑惑”の謎と裏側の全貌

今回の疑惑を追及する野党特命チームの中心メンバー・民主党の山井和則衆院議員が言う。 「甘利大臣の疑惑は、UR問題に発展していくと思う。URは当初、2000万円だったはずの補償費用を、甘利氏側の要求に応じて2億2000万円に吊り上げたという疑惑が浮上しています。URは国交省のほぼ全額出資の組織です。今回、甘利氏側の口利きに応じていたことがはっきりすれば、それはあくま…

新証言が飛び出した

甘利大臣ワイロ疑惑で新証言 “口利き”で補償金2億円増か

民主党の山井和則議員はこう言う。 「2億2000万円の補償金について、真実なら極めて悪質性が高い話です。今後、URなどにヒアリングし、事実を明らかにしていきます。関係者らを国会に参考人招致することも検討するのは言うまでもありません」 URに「補償金吊り上げ」の件を問い合わせたが、広報担当者は「調査中」と口を閉ざしたまま。国交省の天下り団体として数千億円規模の税金が…

民主議員が詰め寄るなか審議終了散会宣言する渡辺委員長

派遣法審議打ち切りで加速する安倍政権の「労働者イジメ」

強行採決は国会史上、初の暴挙です」(民主党・山井和則衆院議員) ■今後も“乱発”される強行採決 現場では、すでに法案成立を見越した「解雇準備」の動きが出ている。法改正により、派遣期間が無期限の「専門26業種」も最長3年の有期に変わり、これで40万人が解雇の危機にさらされる。山井議員に相談してきた40代の派遣女性は、早くも派遣会社からこう宣告されたという。 〈9月1日…

民主党の山井和則衆院議員

注目の人 直撃インタビュー

民主党・山井議員 「労働者は歴史上最大の危機を迎えている」

働く人にかくも冷酷な安倍政権の実態と、法改悪の恐ろしさを野党の論客、民主党衆院議員の山井和則氏(53)に聞いてみた。 ――春闘は史上最高ベアに沸いて、サラリーマンも浮かれているように見えますね。 実は、大ピンチなのです。今の国会は労働者にとって、歴史上最大の危機を迎えている。なぜかというと、「悪の3点セット」のような法案が出されて、数の力で押し切られようとしているか…

テキトー答弁で混乱拍車/(C)日刊ゲンダイ

トンチンカン答弁連発…塩崎厚労相は派遣法改悪に関心なし

厚労委理事で民主党の山井和則衆院議員がこう言う。 「大臣答弁にはビックリしました。法案の内容と正反対のことを言うのですから。派遣が固定化するのかどうかは、法案の根幹の部分です。塩崎さんはGPIFや株価で頭がいっぱいで、派遣法のことなんて全くわかっていないのでしょう。大臣答弁ひとつで、何十万人もの派遣労働者の人生を左右するんですよ。塩崎さんは、事の重大さがわかってい…

逆切れ開き直り/(C)日刊ゲンダイ

「賃金上がっている」と強弁&逆ギレ 安倍首相の無責任発言

24日の衆院予算委員会では民主党の山井和則議員が「現金給与総額(パートを含む労働者が受け取る基本給と残業代、ボーナスを合わせたもの)は下がっているじゃないか」「実質賃金は2013年下半期で過去4年最悪のマイナス1.3%に急減した」「これから増税、物価高になるのに、いつになったら賃金が上がるのか」と問いただした。 すると、安倍は現金給与総額が下がっているのは「短時間の…

None

秘密審議でどんどん決まる 「クビ切り特区法案」の薄汚い手口

こんなやり方は前代未聞です」(衆院議員・山井和則氏=民主党) それでも安倍内閣は今週末にも戦略特区法案に「解雇規制緩和」を盛り込むかどうかを最終決定。そうなれば、関連法案を11月上旬に閣議決定し、臨時国会に提出する段取りだ。 <労働者の権利を「岩盤規制」と目の敵> 決め方も問題ならば、法案の中身も見過ごせない。最大の問題は法の下の平等だ。この特区だけはクビにできる、…

逃げ切り許さん(左は甘利前大臣)

ヤクザ顔負けの威圧…甘利氏秘書「UR恫喝」の一部始終

追及を続ける民主党の山井和則衆院議員はこう言う。 「絵に描いたような斡旋利得処罰法違反の構図です。しかし、安倍政権の力が強すぎて、法務省もビビっている。このまま東京地検特捜部が動かなければ、斡旋利得処罰法をつくった意味がなくなってしまう。甘利氏の睡眠障害が治ったら、本人に話を聞くつもりです。『行方不明』とされている元秘書2人も、出てこなければ“捜索”するしかありませ…

安倍首相と新浪剛史氏

安倍官邸やりたい放題 国民の年金資金で企業にアメとムチ

民主党の山井和則衆院議員はこう言う。 「安倍官邸の『GPIFは俺らのカネなんだ』という発想からくるもので、国民の年金を自分たちの都合のいいように流用しているんです。その延長線上でこうしたエスカレートした発言が出てきた。経済財政諮問会議は“国の最高意思決定機関”です。思いつきの発言で済まされるものではありませんよ」 GPIFといえば、2015年7~9月期の運用で約8…

破格の独身寮(東久留米市)

独身寮は月1128円…年金機構の宿舎は家賃も“常識外れ”

民主党の山井和則衆院議員はこう言う。 「常識では考えられない家賃です。年金機構の金銭感覚のなさには、ただただ呆れるばかり。民間企業では考えられません。ムダな施設もいち早く処分すべきです。年金機構法改正の議員立法は簡単にできます。改正に反対する党はいませんから、国会が開かれれば即、成立するでしょう。こういうムダ遣いをなくすために国会は存在するはず。すぐにでも臨時国会を…

「漏れた年金」知らんぷり

年金機構は“返上”も…塩崎厚労相「ボーナス満額」受給の厚顔

1日の厚生労働委員会で、民主党の山井和則衆院議員に「ボーナスは返納しないのか」と追及されると、塩崎大臣は「(不正アクセス事案)検証委員会の報告を受けて、決めたい」と話すのみ。安倍首相や菅長官についても、内閣官房は「委員会の検証結果を踏まえて検討する」と答えたから、ホトホトあきれる。 すでに、年金機構の水島藤一郎理事長ら常勤役員10人への賞与(総額1800万円)の支…

誤解を招くお詫び文書の文面

年金情報流出 今度はお詫び文書で“詐欺をアシスト”のお粗末

この「お詫び文書」に関しては、3日の厚生労働委員会で、民主党の山井和則衆院議員が問題点を指摘。その場で塩崎恭久厚労相は「配慮を欠いた」と謝罪し、文面の変更を明言している。実は、この時点ですぐに対応すれば、1万6000人に誤解を招く文書が送付されることはなかった。しかし、日本年金機構の水島藤一郎理事長は「すでに準備に入っておりますので」と答弁しながら、対応しなかった…

投げやり答弁/(C)日刊ゲンダイ

大臣いつまで…田村厚労相が暴露した残業代ゼロ法案の正体

民主党の山井和則衆院議員から「年収1000万円(という条件)は5年後、10年後も変わらないのか」「翌年に500万円になるということはないのか」と突っ込まれると、田村はこう答えたのである。 「私がいつまで大臣をやっているかわかりませんので、明確に<ないです>と言い切れない」 ■明日は知らぬ存ぜぬ これはぶったまげるような答弁だ。法律を作る以上、大臣が代わって運用の実態…

None

「ベア企業が2桁に…」? 安倍首相、国会答弁でもう大ウソ

いや、ひょっとしたら、「賃上げとベースアップの区別がついていないんじゃないか」(民主党の山井和則衆院議員)なんて声も上がっていた。経済オンチのオツムではあり得るだけに怖くなる。 「安倍首相がどういうつもりで言ったのか分かりませんが、極度のゴマカシ、詐欺的答弁だと思いますね。企業は半永久的な人件費増につながる“ベースアップ”に応じるわけがないのです。なぜなら、消費増税…

テンプは272人の社員のリストラを支援(左は明確な答弁を避けた塩崎大臣)

安倍政権の基準厳格化もザル “首切りビジネス”は止まらない

この問題を国会で徹底追及している民主党の山井和則議員はこう言う。 「王子HDとテンプスタッフの“首切りビジネス”は許し難いことです。ところが、塩崎大臣や王子HD、テンプスタッフも問題を明確に認めようとしません。これがおとがめなしならば、首切りが“自由化”されたも同然。日本にいる約6400万人の労働者は、将来的に路頭に迷うことにもなりかねません。今後もしっかりと追及し…

メモは黒塗りだらけ

資料は“黒塗り”だらけ 甘利事務所かばうURの苦しい弁明

記者レクの後に、国会内で開かれた「甘利大臣追及チーム」に出席した民主党の山井和則議員はこう言う。 「UR側の話は週刊誌報道とも少しずつ食い違いが出てきており、不可解です。そもそも、甘利事務所の秘書と12回も会っておきながら、『口利きがない』は通りません。黒塗りされているとはいえ、メモを見ると、UR職員が建設会社との補償金額を具体的に挙げ、第三者であるはずの甘利事務…

終値は前日比398円安の1万6017円

年金運用損10兆円のGPIFに「参院選の争点にするべき」の声

そんな事態にもなりかねません」(民主党の山井和則衆院議員) 国民の老後は野党共闘にかかっている。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事