日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松井稼頭央特集

通算400二塁打をマークした松井稼頭央

通算400二塁打 楽天・松井稼頭央の「外野転向」は正解だった

楽天の松井稼頭央外野手(39)が14日の日本ハム戦の第1打席で三塁線を破るツーベース。これでプロ野球史上12人目の通算400二塁打をマークした。1755試合目での達成は、PL学園の先輩立浪和義(1868試合=元中日)を抜き歴代最速だ。 松井は西武時代の2003年オフにFAでメジャーのメッツへ移籍。守備の基本がまったくできておらずキャンプ前からマイナー選手のように、…

まだ結果は出ていないが…

まだ無安打オコエに苦言 楽天梨田監督に求められる“辛抱”

中堅の松井稼頭央は3月29日のロッテ戦で足を痛めて以来、大事を取って欠場中。ケガが治ればスタメンで使うから、オコエにチャンスはないというのだ。 しかし、その松井稼はケガで休むまで開幕から16打数無安打、オコエ同様1本も安打を打っていない。精彩を欠く40歳のベテランと、オープン戦で高卒新人らしからぬ適応力、対応力を見せた18歳。どちらを使うことが今後の楽天にとってプ…

「直接指導」の効果はいかに

横田と植田を熱血指導 虎金本監督“大化け”育成計画の本気度

そこそこパワーがある打者で、西武時代の松井稼頭央が頭にあるはず。彼のようなスイッチヒッターの遊撃手に育てたいのでしょう」 一軍では、金本新監督が植田内野手をスイッチに転向させて熱血指導。二軍では掛布監督が横田外野手に長距離砲の極意を伝授。確かにマスコミ受けする師弟関係ではあるが……。 ちなみに、習志野高からドラフト6位で入団した掛布二軍監督が30本を打ったのは入団5…

荷物の集積所はいつも大忙し

荒波相場に挑む 稼げる「鉄板」銘柄

アマゾンと親密な配送のプロ 「ファイズ」の他と違う戦略

「3PLといえば?」 そう清原、桑田、そして松井稼頭央、泣く子も黙るPL学園出身の3選手だ……ではなく、「3PL」とは「サード・パーティー・ロジスティクス」の略。直訳すれば、「第三者の後方支援部隊」のこと。ファイズ(9325)が使っている意味としては、「物流全体を一括して請け負う業者のこと」を指す。 本来の商ビジネスは、「メーカー→配送→消費者」という経路をたどるの…

メジャー志向の強い西武の菊池もスカウトに注目されている

MLBスカウトの“逆襲”

関係者と接触チャンス シーズンオフは“種まき”に格好の時

楽天の松井稼頭央がかつて、西武からFAでメッツに移籍したのも長年追いかけたスカウトの存在がポイントになったと聞いた。 メジャーを志す選手にとって、自分を真摯に追い続けてくれたスカウトや球団の存在はとてつもなく大きい。それがゆくゆく球団選びにつながるケースが多いだけに、我々も早い段階から“種まき”をする。 ただし、深追いし過ぎてストーカー呼ばわりされるようではむしろマ…

センバツ時の特製アルバム

「マエケン物語」 両親が明かすルーツ

「マエケン体操」誕生秘話

88年から02年までコーチとして松井稼頭央(現楽天)や福留孝介(現阪神)らを指導した清水は投手によく、10球連続で外角低めに投げさせた。桑田はやり遂げたが、他の投手はうまくいかなかった。清水は「前田は7~8球連続で投げ込んできた。自分が納得いくまで200球は投げ続けた」と言う。この特訓によって前田の武器である制球力に磨きがかかった。 ある日、清水は当時の監督だった…

日本の現役では最多安打

橋本清の取りたて直送便“本音を聞きたい”

現役最多安打の松井稼が語る 「対戦して手ごわかった投手は」

ボクの恩師でもあるその監督に「最も身体能力の高かった選手は?」と聞くや、間髪入れずに返ってきたのが松井稼頭央(39)の名前でした。 7月28日のソフトバンク戦で日本での通算2000安打を達成。大リーグでも615安打を放っている稼頭央は09年にすでに「名球会」入りを果たしているものの、「東北での達成。これほどうれしいことはない」と笑顔がはじけました。8月19日の西武戦…

キャンプで遠藤に指導

中日臨時打撃コーチ土井氏が太鼓判 高橋周“4年目の底力”

若手野手の台頭が近年の課題となる中で、西武コーチ時代に清原和博をはじめ、松井稼頭央、中島裕之、中村剛也らを育て上げた名伯楽は、レギュラーを狙う中日の野手たちをどう見ているのか。 ――今年は大半の新人選手が一軍キャンプに帯同しました。 「新人はみんないい素質を持っていますよ。たとえば遠藤(ドラフト7位=東京ガス)にしても、近いうちにレギュラーを取れる逸材だと思う。あと…

やるしかない

名伯楽が頭下げて起用打診 オリ中島に期待される“恩返し”

不動の遊撃手だった松井稼頭央(現楽天)が前年にメジャー移籍。誰を後釜にするかと首脳陣が悩む中、土井氏が名前を挙げたのが中島だ。 しかし、当時の中島は03年に一軍で44試合に出場するも、遊撃を守ったのはわずか2試合。その守備も、お世辞にもうまいとは言えなかった。守り勝つ野球をモットーとする伊東監督(現ロッテ)以下、首脳陣が難色を示す中、土井氏は頭を下げてこう言った。 …

「オオタニ」にはキャッシュマンGMがゾッコン/(C)日刊ゲンダイ

大谷より先にメジャー挑戦しそうな「日ハム選手」の名前

このオフは米国のロスで楽天の松井稼頭央と自主トレをする。来季から外野に転向する松井稼が陽に教えを請うといわれているけど、陽岱鋼は松井稼にメジャーの話をじっくり聞くつもりだといいます。3年後に取得予定の海外FAか、その前年のオフのポスティングが有力です」 ちなみに同GMが陽岱鋼をチェックしているかどうかは定かじゃない。…

波乱の船出/(C)日刊ゲンダイ

デーブ楽天監督就任 ファンは早くも主力選手大量流出を危惧

それに加え、松井稼頭央(39)や、ジョーンズ(37)といった主力も楽天を出ていくのではと危惧する声も出始めた。 大久保監督就任前には、マー君を育てた佐藤義則投手コーチ(60)の退団が発表されていることから、則本昂大(24)や松井裕樹(19)ら投手陣までダメになるんじゃないかといった悲観的な声もある。 楽天の大久保監督をめぐっては、三木谷オーナーと立花球団社長に対して…

衰え知らず/(C)日刊ゲンダイ

朝まで“痛飲”もチームに貢献 楽天・松井稼「不惑目前」の体力

8日の日本ハム戦で、楽天の松井稼頭央(38)が五回までに4打数4安打のバカ当たり。4本目を打った時点で8点差ということもあり、代走を出されてベンチに下がった。 今年の10月で39歳というベテランも、内野のレギュラーを後輩に譲る気はさらさらない。守備位置こそ遊撃から三塁に移ったものの、出場した66試合中、63試合でスタメン出場している。 グラウンドの外でも、体力は並…

レッスンは金曜日/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

浅草橋でレッスンプロ 元巨人・簑田浩二のセカンドライフ

最近では秋山幸二、野村謙二郎、金本知憲、松井稼頭央などがいるが、この記録が注目されたのは83年にこの人が阪急時代に達成してからだ。その後、巨人でも活躍した簑田浩二さんだ。今どうしているのか。 簑田さんと会ったのはJR総武線浅草橋駅前の「友愛ゴルフアカデミー」。このゴルフ練習場で毎週金曜日にレッスンを行っている。 「53のときに日本インストラクタープロゴルフ協会に入会…

None

マー君メジャー入りで大事なのは人間関係より「情報漏洩防止」

松井秀喜、松井稼頭央、藤川球児やダルビッシュのアーン・テレムをはじめ、佐々木主浩やイチローのトニー・アタナシオ、松坂大輔や川崎宗則のマーク・ピーパーらが人気どころ。知人や先輩の紹介やコネで決まるケースが圧倒的だった。すでに日本人選手とのパイプが出来上がっている代理人がほとんどだったものの、田中が選んだクロースはこれまで日本人選手を担当した経験がない。テレムらに比べて…

None

「顔コワ~イ」サンド伊達、ももクロにイジられ大喜び?

最高気温15度と肌寒い会場内では、ベテランの松井稼頭央がネックウオーマーを目の下まで上げるというフル装備。パッと見、誰だか分からない姿に伊達は「単なる銀行強盗ですね」とツッコみ、会場の笑いを誘った。 かと思えば、サプライズゲストとして登場した「ももいろクローバーZ」からは逆にイジられる場面も。“モノノフ”(ももクロのファンの総称)であるチームのエース・田中将大のため…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事