日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中島裕之 メジャー」に関する記事

メジャー出戻り組の4人

阪神も藤川狙いだった プロ野球は「メジャー帰り」になぜ垂涎

昨オフ、広島入りした元ヤンキースの黒田博樹(40=4億円)はともかく、ソフトバンクはメジャーで先発オファーがなかった松坂大輔(34)を3年12億円、オリックスは2年間で一度もメジャーに上がれなかった中島裕之(32)を3年最大12億円でそれぞれ獲得。しかし松坂は故障で一度も一軍で投げていないし、中島は走塁中に右太もも裏を痛めたかと思えば、先日は昼食中にぎっくり腰にな…

米国ではマイナー契約もありうる鳥谷/(C)日刊ゲンダイ

渡米の鳥谷も不安 共和党圧勝でメジャーはより“格差社会”に

12年オフに2年約6億円でアスレチックス入りした中島裕之(32)はメジャーで1試合もプレーしないままFAになった。同様に12年オフ、海外FAで海を渡った田中賢介(33=前レンジャーズマイナー)はメジャー契約を結べず、ジャイアンツと結果を出した場合にメジャー昇格もあるスプリット契約を結んだ。が、外野手に転向させられた揚げ句、メジャーではわずか15試合に出場しただけだ。…

メジャーでの評価はガタ落ちのイチロー/(C)AP

37億円補強のオリックス企むイチロー獲得の“ウルトラC”

前広島のバリントン(34)、前DeNAのブランコ(34)、前日本ハムの小谷野栄一(34)を補強しただけでは飽き足らず、米国帰りの中島裕之(32)まで獲得。FA宣言したエースの金子千尋(31)も残留させようという勢いだ。札束攻勢で選手をかき集め、さすがにお腹いっぱい、これで打ち止めかと思ったら、さらにとんでもない大物の獲得を画策していた。 米大リーグ、ヤンキースから…

松坂にかつての面影なし/(C)AP

メジャー帰りは弊害ばかり 積極補強に走る日本球界の“魂胆”

阪神は中島裕之(32=現アスレチックス)の獲得に興味を示し、オリックスも川崎宗則(33=ブルージェイズ)に触手を伸ばしているのだが、そもそも、これまでメジャーから帰ってきた選手で年俸に見合う働きをした選手はほとんどいない。阪神の西岡剛(30)、福留孝介(37)がいい例で、井川慶(35=オリックス)、岩村明憲(35=ヤクルト)、川上憲伸(39=中日)もファンや周囲の期…

糸井の希望は西海岸球団/(C)日刊ゲンダイ

橋本清の取りたて直送便“本音を聞きたい”

「英語も大丈夫」 メジャー挑戦“封印”のオリ糸井が明かす

■ダルや中島が太鼓判 日ハム時代の同僚だった現レンジャーズのダルビッシュ有(28)、侍ジャパンなどで一緒に戦ったアスレチックスの中島裕之(32)らとは今も国際電話やメールで連絡し合う仲で、彼らの挑戦がメジャーに目を向けるようになったきっかけのひとつだと言います。 「ナカジ(中島)とはつい最近も電話で話しましたよ。『糸井さんなら絶対にメジャーでも大丈夫ですよ』と言っ…

鳥谷は残留すれば、破格の好待遇/(C)日刊ゲンダイ

資金豊富で補強も大盤振る舞い…懲りない阪神の“金満体質”

一方、阪神は鳥谷の交渉と並行し、前アスレチックス2Aの中島裕之(32)の獲得も目指している。中島の代理人は鳥谷と同じボラス氏。「遊撃が守れる鳥谷流出の場合の“保険”だろう」(関係者)という声があるものの、関西出身で人気のある中島は、阪神にとって数年来の恋人。提示した条件は西武の「3年8億円」より上の「4年12億円」(いずれも推定)。結果的に鳥谷残留、中島獲得という…

モヒカン頭で心機一転の中島裕之/(C)日刊ゲンダイ

「終わったこと」 オリ中島裕之“屈辱の2年”振り返りを拒否

3年ぶりに日本球界に復帰したオリックスの中島裕之(33)が、キャンプ第1クールから精力的に動いている。12年オフにアスレチックスに移籍しながら、一度もメジャー昇格はなし。そんな中島が復活を遂げることができるのか。本人に胸中を聞いた。 ――今日で第1クールが終了。メジャーや西武と比べてオリックスはどうですか? 「メジャーはともかく、日本は2球団目だし、まだキャンプが始…

米国では失格の烙印を押された格好の中島/(C)日刊ゲンダイ

目の色変えて獲得名乗り 中島裕之に振り回されるプロ野球界

日本球界復帰が確実といわれていた前アスレチックスの中島裕之(32)が、「米球界残留」を口にしているという。近い関係者に「メジャー契約じゃなく、マイナー契約でもいい」と言っているそうで、契約内容にこだわらず、もう1年だけアメリカでのプレーを希望しているというのだ。 中島は12年に海外FA権を行使してアスレチックスと2年総額7億円という巨額契約を結んだものの、一度もメジ…

オリ金子も再調査の対象だというが…/(C)日刊ゲンダイ

補強はほぼ全滅…阪神はなぜ選手に敬遠されてばかりなのか

前アスレチックスの中島裕之(32)、日本ハムからFAの大引啓次(30)にも触手を伸ばしているのだが、こちらも苦戦必至といわれる状況だ。 ■タフな選手でなければやっていけない 昨年もFAで中田、鶴岡をソフトバンクに奪われ、先発ローテの久保にはDeNAに出て行かれた。 阪神は巨人に匹敵する老舗の名門球団。久保は阪神について以前、「施設はいい、給料はいい、人気はある。環境…

None

競争熾烈! 日本人マイナー選手「生き残る選手」の名前

ナックルの使い手であるエースのディッキーも、2ケタ勝ったのはメジャー8年目でしたから」 ■和田毅はメジャーのローテ入りの期待も レンジャーズの田中賢介(32)、ブルージェイズの川崎宗則(32)、アスレチックスの中島裕之(31)は、昇格のチャンスこそあってもあくまでも「控え」としてだ。 「レンジャーズは小技を使える野手が少ないだけに、田中が自分の役割を理解すれば5人目…

和田監督(右)も中村GMも勝負の年/(C)日刊ゲンダイ

広岡達朗氏が喝! 「鳥谷は放出したらと阪神社長に伝えた」

このオフ、金子千尋や中島裕之らの補強に動いて失敗したでしょ。「補強全敗」なんて言われてますが、これはフロントも指導者も育成に目を向け、勉強をする絶好の機会になるはず。これを生かさないといけませんよ。 最近は西岡剛や福留孝介など、FAやメジャー帰りの選手を補強してチームをつくってきた。それで勝てると思うのは錯覚なんです。何のために毎年ドラフトで新人を獲得しているんだ…

両チームはグラウンド外でも火花/(C)日刊ゲンダイ

有力FA選手補強巡り…巨人vs阪神“争奪合戦”早くも勃発

■アスレチックス中島獲得も狙う両チーム 野手の目玉は、メジャーでくすぶり続けているアスレチックスの中島裕之(32)だろう。3Aで打率・128と低迷し、現在は2Aに降格、今年で2年契約が満了し、ア軍は3年目のオプションを行使しないことが決定的で、中島は日本球界復帰も視野に入れている。 「特に獲得に力を入れているのが巨人と阪神」とは、さる代理人関係者だ。 「巨人は、0…

「貢献したい」と抱負語った中島だが本心は?/(C)日刊ゲンダイ

中島のオリックス入りに隠された代理人ボラス氏の“思惑”

中島裕之(32=前アスレチックス)のオリックス入りだ。 中島は5日の記者会見で、「チーム(オリックス)が優勝を目指して変わろうとしていると聞いて、自分が貢献したいと思った」と決断の理由を話したが、そもそも本人は阪神入りを希望していたという。それがなぜ、急転直下で関西のライバル球団になったのか。 一説では「オリックスが阪神の提示額(4年15億円)を上回る4年20億円と…

08年の日本シリーズでも乱闘騒ぎ/(C)日刊ゲンダイ

「12億円」報道も マイナー止まり中島裕之に巨額契約の怪

一体どんな大物選手を獲得するのかと思いきや、アスレチックス傘下2AからFAになった中島裕之(32)である。 米国移籍した昨季から2年間、メジャー昇格はなし。今季は開幕こそ3Aで迎えたものの、4月下旬に2Aに降格。そのままシーズン終了まで2Aで過ごした。 そんな選手に8億だの10億だのと払う価値はあるのか。 西武時代は球界でもトップクラスのスター選手だったのは間違いな…

今は2Aにいる中島/(C)日刊ゲンダイ

坂本、村田への仕打ち? ア軍中島「巨人入り」の仰天情報

米マイナーリーグに所属する複数の中南米出身の格安選手をリストアップする一方で中島裕之(31)の調査も行った。西武の主砲として11年間で打率・302、162本塁打、738打点の実績を誇る、あの中島である。 12年オフに海外FA権を行使してアスレチックスに入団。総額650万ドル(約6億5000万円)の2年契約プラス出来高という好条件を手にしたが、しかし、1年目の昨季は左…

熱視線を浴びる中島/(C)日刊ゲンダイ

アスレチックス中島巡り…楽天vs阪神vsオリ争奪戦勃発

アスレチックスでプレーする中島裕之(31)に日本の複数球団が興味を示し始めているという。 中島は12年オフに海外FA権を行使してアスレチックスと2年契約したものの、キャンプで左太ももを痛め、そのままDL入り。以後、一度もメジャー昇格することなく1年目を終えた。 マイナー契約で臨む今季も、現地時間11日(日本時間12日)にようやくオープン戦初出場にこぎつけたが、遊撃守…

None

自由契約になればオフの主役に 日本球界で「ムネリン株」急上昇

川崎のメジャー移籍に始まり、中島裕之も西武からアスレチックスにFA移籍した。日本を代表する遊撃手といえば、巨人の坂本や阪神の鳥谷くらい。相対的に見ても川崎の評価が高まっている」(某球団編成担当) 獲得に乗り出しそうな球団はどこか。そのひとつが阪神だ。正遊撃手の鳥谷は、以前からメジャー挑戦を視野に入れている。この日は、関西のスポーツ紙が一斉に鳥谷が流出危機になっている…

会見で満面のスマイル/(C)日刊ゲンダイ

オリvs阪神 「中島争奪戦」本当の“勝者”はどっちだ?

5日、米アスレチックス2Aをお払い箱になった中島裕之(32)の入団が決定。背番号1のユニホームに袖を通し、会見で「勝つためにいいところで打ちたい。打点を多く挙げられるように」と抱負を語った中島の姿に、声を失ったのは阪神の球団幹部だろう。 阪神にとって中島は、国内FA権を取得した11年から水面下でラブコールを送っていた3年越しの恋人。今回も他球団に先駆けて調査を始め…

来日初の満塁弾を放ったビシエド

“第1号”竜ビシエド活躍 あの大物代理人に他球団が熱視線

中日は、編成を兼務する森ヘッドが13年オフにチームに復帰して以降、太いパイプを持つドミニカルートで直接助っ人を獲得してきただけに、代理人を介した契約自体が異例です」(放送関係者) ボラス氏といえば、松坂大輔、中島裕之らがメジャー挑戦した際に代理人を務め、中島とは今も契約を結んでいる。 「ボラス氏がエージェント契約を結んでいる選手を、助っ人として日本に送り込んだのは、…

早くも方針転換か

若手育成重視からFA補強視野…金本阪神に早くも“ブレ”懸念

昨オフも金子千尋(32)、中島裕之(33)の獲得に手を挙げている。せっかくポジションが空いてもすぐに補強で穴埋めされるため、若手の出場機会が限られ、生え抜きが育たない要因といわれてきた。 その結果、選手は高齢化し、いびつなチーム構成になり、それを補うためにまた補強を繰り返す。これではいつまでたっても生え抜きなど育つわけがない。その点を懸念する金本監督は「できれば補強…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事