日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「林修 先生」に関する記事

今はタレントとして有名に…/(C)日刊ゲンダイ

林修先生vs東新 衝突の背景に“社長のワンマン体質”!?

「今でしょ!」でブレークした林修先生に何が起きたのか。所属している東進ハイスクールとの間でトラブルが発生しているのだ。 発端となったのは、21日の林氏自身のブログ。「ご質問にお答えします」と題して、〈僕は一切作成に関わることはありません〉〈理由は、東進の模試作成を担当する部署の職員たちと、模試に対する考え方の乖離があまりにも大きく、一緒にやっていくのは不可能と判断し…

“科学界のインディ・ジョーンズ”長沼毅氏の時代到来?

「貼」の字を書けず…林修先生の“今でしょ!”ブームも終焉か

予備校「東進ハイスクール」で現代文講師を務め、「今でしょ!」でおなじみの林修(49)。13年に「今でしょ!」が流行語大賞を受賞してから2年が経った現在も6本のレギュラー番組を持っているが、そんな「知識人」「雑学王」としての地位が崩壊しつつある。 きっかけは3日放送の「ネプリーグ」(フジテレビ系)で「貼る」という漢字の書き取りクイズで「巾」に「占」という字を書いて不正…

所ジョージと林修センセイ

テレビの効果? 林修センセイ「授業スピードが2倍に」

「テレビに出るようになって、予備校の授業が今までの時間の半分で済むようになりました」というのは、“今でしょ!”でおなじみの林修(51)センセイだ。テレビ出演するようになって表現力が増し、今まで授業で話していたことがより的確に伝えられるようになったのだそう。 11日に行われた、所ジョージと林修の「人生で大事なことは〇〇から学んだ」(日曜19時58分~、テレビ朝日系。1…

“芸風”はお笑い芸人張り/(C)日刊ゲンダイ

“正統派”の河北麻友子 バラエティーで「体当たり芸」の理由

29日、河北麻友子(22)と鈴木奈々(25)が競馬歴25年の林修(48)の開いた「誰でもわかる日本ダービー講座」に参加。林が日本ダービーの歴史や過去のレースについて熱弁すると、競馬初心者の河北は「勉強になりました。逆に短くてよかった。先生、熱くなるとマニアックになるので」とさらりとかわしていた。 河北は「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)の金曜レギュラー。「バラエティ…

センス無し/(C)日刊ゲンダイ

愛人容認で逆ギレ 大阪人も笑えない橋下市長の冗談センス

<今でしょ>の林修先生もそうですが、勘違いしているタレント文化人にありがちなパターンです」(コラムニスト・桧山珠美氏) もう橋下も市長なんだから、冗談は「よしなさいっ!」だ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事