日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小泉進次郎特集

方向性が合う石破地方創生相(左)と小泉政務官(右)

総裁選“波乱”の予兆 カギを握る「石破茂&小泉進次郎」連合

そんな中、注目を集めているのが小泉進次郎政務官の動きである。 ■古賀元幹事長も“宣戦布告” 29日の毎日新聞夕刊には党重鎮の古賀誠元幹事長が登場した。党内議論をすっ飛ばした安倍首相のやり方に「我々の常識ではまったく考えられないこと」とコキおろし、「〈(総裁選は)信任選挙でいい〉〈無投票でいいじゃないか〉という意見が出てくること自体、私は自民党の危機だと思いますね」「…

13年に被災地入りした小泉復興政務官(左)と小野寺氏/(C)日刊ゲンダイ

小泉進次郎に被災者が怒り 直訴状で「ただの人気取りか」

小泉進次郎復興政務官が被災地の地元民からキョーレツな「直訴状」を突きつけられた。 地元民のほとんどが反対する巨大防潮堤建設を推進しているものだから、「あなたは現場で何を見ているのか」と痛烈批判を食らったのである。 直訴状にはこんなことが書かれている。 〈拝啓 小泉進次郎様 一時も早い復興をと力を注いで下さいまして本当にありがとうございます。ただ、申し訳ありませんが、…

メダリストの為末氏でも進次郎氏“説法”には勝てず

理論派の為末氏も完敗 小泉進次郎氏のオーラに陸連タジタジ

衆議院議員の小泉進次郎氏(34)だった。 最初に為末氏がプログラムの目的を話したものの、駆け足の説明に選手は「?」。質問コーナーでは選手は誰も手を挙げず、為末氏が無理やり指名するありさまだった。 その後、為末氏とのトークセッションに登場したのが進次郎氏。簡潔かつ力強い小泉氏の弁舌で選手を一気に引き込んだ。前段で「世界に視野を広げなくてはいけない」と強調していた為末氏…

親父以上のポチ

巻頭特集

健康ゴールド免許ってなんだ? ガッカリした小泉進次郎

自民党の小泉進次郎農林部会長ら若手議員が今週26日、2020年以降の社会保障制度のあり方に関する提言を発表したが、その内容たるや、おぞまし過ぎる。詰まるところ、健康の維持管理にカネをかけられない貧乏人はバッサリ切り捨てる、と宣言しているのに等しい。進次郎は親父そっくりの米国型の弱肉強食路線を地で行っている。 「人生100年時代の社会保障へ」と題した提言をまとめたのは…

小泉農林部会長の囲み会見

プロはこう見る 経済ニュースの核心

小泉進次郎「農林中央金庫はいらない」 正論と誤解

自民党の小泉進次郎農林部会長の発言が、農林系統金融機関に波紋を広げている。小泉氏は今月13日、農林関係会合後に記者団に答え、「(農林中央金庫の貸出残高のうち)農業に回っている金額は0.1%しかない。農業のためにならないのならいらない」と不満をあらわにした。 農林中央金庫の資金量は90兆円を超え、メガバンクに匹敵する規模を持つが、資金の半分以上は有価証券などで運用して…

小泉進次郎議員

仕草で分かる本音と建前

小泉進次郎「農林部会長」になっても人気が衰えない3つの理由

復興大臣政務官という目立つポジションから、自民党農林部会長という立場になった今も、注目を集め続けている小泉進次郎議員(34)。静岡県のミカン園を視察しただけでニュースになるほどの人気ぶりですが、彼の何がそんなに人を引きつけるのでしょうか? 過去の分析を見ると、「清潔感がある」「礼儀正しい」「謙虚」「会った記者の名前を一度で記憶する」「聞き手や質問者に視線を合わせる」…

入閣要請を断ったという小泉進次郎氏

自民農林部会長に起用…安倍官邸の巧妙な“小泉進次郎潰し”

自民党の農林部会長への就任が内定している小泉進次郎氏(34)。20日の総務会で正式決定される予定だ。さっそく、「進次郎は火ダルマになる」「安倍首相による嫌がらせ人事だ」の声が飛んでいる。 自民党の農林部会長は、誰もやりたくないポストだという。 「農林部会が大荒れになるのは確実です。TPPによって日本の農業が打撃を受けることは分かっていたが、打撃どころか、野菜、果実、…

痛烈に安倍政権を批判した小泉氏

まるで“入閣拒否” 小泉進次郎氏が安倍政権に痛烈ダメ出し

10月7日とされる内閣改造で入閣が噂されていた小泉進次郎復興政務官が強烈な安倍批判で肘鉄を食らわした。30日、都内で行われた政治解説者・篠原文也氏が主宰する勉強会でのことだ。小泉氏はいきなり、アベノミクス批判をかました。 「みなさん、不思議だと思いませんか。オバマ大統領がフェイスブックのザッカーバーグ(CEO)に“従業員の賃金を上げろ”と言うなんて、ありえませんよ。…

小泉進次郎氏とインタビューを掲載した神奈川新聞

小泉進次郎氏が批判 安保無理解「原因つくったのは自民党」

自民党の小泉進次郎衆院議員(34)が吠えた。9月25日付の神奈川新聞がインタビューを掲載。安保法案への理解が広がっていないことについて「原因をつくったのは自民党自身」と痛烈に批判しているのだ。進次郎氏が報道機関の単独インタビューに応じるのは初めてのこと。よほど、今の安倍政権に思うところがあったのだろう。 国会で憲法学者が「安保法案は違憲」と指摘した直後に、高村正彦副…

こぢんまりとしたたたずまい(右)

熱愛報道の小泉進次郎氏 お相手と舌鼓の高級寿司食べてみた

“政界のプリンス”こと小泉進次郎氏(34)の熱愛スキャンダル。日刊ゲンダイは、進次郎がホテルでの逢瀬の前にパートナーの女性と舌鼓を打ったという高級寿司屋に“突撃”した。もちろん、やじ馬根性である。 寿司屋は指紋認証付きの会員制。ただし、ランチタイムは指紋認証が「オフ」になる。「5000円から」というハードルさえ乗り越えれば誰でも行けるのだ。 店は表参道の路地にある。…

初ロマンスが報じられた小泉進次郎氏

小泉進次郎が来夏結婚へ 相手は“藤原紀香似”のバツイチ美女

言わずと知れた小泉家の4代目、小泉進次郎・復興政務官(34)の“嫁取り”の準備が着々と進んでいる。5日発売の「週刊文春」が報じた“藤原紀香似の美女”が、その相手とみられている。 同誌によると、7月24日未明、進次郎氏はくだんの女性を表参道から東京プリンスに“お持ち帰り”。一緒に入ったデラックスダブルの部屋からは、「可愛いねえ~」などと言う彼の声が聞こえてきたという。…

どこに行っても人気者

小泉進次郎がハーフ美女と熱愛報道 事務所「把握していない」

小泉進次郎(33)にハーフの恋人がいるらしい、と永田町で話題になっている。以前から、ハーフ美女との関係は囁かれていたが、最新号の「フライデー」が、〈そういった会合を通じてハーフの美人ヘアメイクアップアーティストと親しくなり、シティホテルや赤坂の議員宿舎で密会したという情報もある〉と報じたことで、一気にウワサが広がっている。 「指摘されているのは、かつて芸能事務所に所…

相変わらずの人気/(C)日刊ゲンダイ

福島知事選に向け父親の“露払い” 小泉進次郎と官邸の距離

焦点の石破幹事長並みに注目を集めるのが、党内きっての人気者、小泉進次郎氏(33)の処遇だ。 現在、復興政務官を務める進次郎は通常国会の閉会後、精力的に被災地詣でをこなしている。7月以降、計8日間にわたって被災3県に足を運び、大半を福島訪問に費やした。今週4日も会津に出張し、9日には、いわき市の「ハイスクールサミットin東北」に出席。 ハイペースな福島行脚に加え、発言…

歯切れはサッパリ/(C)日刊ゲンダイ

滋賀知事選で応援 小泉進次郎は「脱原発」「自衛権」に触れず

決戦の週末を前に人気者の小泉進次郎復興政務官を投入し、巻き返しに必死だ。 10日、現地入りした進次郎氏は彦根駅前と南草津駅前で応援演説。自公推薦の小鑓隆史候補(47)とは父子家庭で育った共通点があるとかで、小鑓候補は新聞配達をした苦労人だと持ち上げ、「小鑓の<やり>は思いやりの<やり>」などと、得意の人情トークで聴衆を盛り上げた。が、争点の原発再稼働にも集団的自衛権…

投票日まで連日投入/(C)日刊ゲンダイ

沖縄市長選で大苦戦 安倍自民が小泉進次郎に迫る“踏み絵”

焦った安倍周辺は、人気者の小泉進次郎(33)を投票日まで連日、投入する方針だという。 「安倍さんの周辺は、<進次郎には都知事選の穴埋めをしてもらう>と考えているようです。都知事選の時、進次郎は<除名された舛添さんを応援する大義がない>と正論を吐いて応援を拒否した。安倍さんの周辺は、いまでもあの時のことを許していない。沖縄市長選で安倍首相に対する“忠誠心”を見るつも…

None

細川陣営逆転の秘策は小泉進次郎「副知事指名」

なんと、小泉進次郎を「副知事」に指名するプランだという。 「もともと権力欲の薄い細川元首相は、長く都知事に居座る気はない。最初から捨て石になる覚悟で“原発ゼロ”を掲げて出馬している。都知事に当選しても1期4年務めたら潔く引退し、その後を進次郎に禅譲するつもりだといいます。細川さん本人は、このプランを早い段階から温めている。進次郎に経験を積ませるために、まず副知事に指…

「脱原発」で続行/(C)日刊ゲンダイ

キーマンは河野太郎…小泉純一郎の「自民乗っ取り」計画

あまり知られていないが、河野と息子の小泉進次郎は、すごく仲がいい。一昨年の衆院選で、ただひとり進次郎の応援に入ったのが河野だった。圧勝確実の進次郎の選挙区に行きたがる議員は多かったけど、他はみんな断られた。例の脱原発本も、進次郎を通じて小泉元総理に届けたそうです。河野太郎総裁―小泉進次郎幹事長なら、国民からも絶大な支持を得られるはずです」(自民党関係者) そうはいっ…

None

都知事選最終日 自民党戦々恐々の進次郎“サプライズ演説”

「細川・小泉陣営が最終日の8日にサプライズを仕掛けるという情報が流れているのです」(自民党都連関係者) それで、「小泉進次郎議員が細川の応援演説に立つのではないか」と、警戒を強めているのだ。 細川は当初「小泉さん以外は選挙カーの上に上げない」と言っていたが、6日、初めて佳代子夫人と並んで立った。これも「サプライズ」の布石なのか。 いち早く、舛添不支持を表明した進次…

世論無視の露骨な“お友達人事”

総裁任期延長に異論噴出 実行本部に首相の“お友達”の裏目

党きっての人気者の小泉進次郎農林部会長も「なぜ今なのか」と言い出した。 今度ばかりは、“お友達人事”が裏目に出る可能性もある。 「高村さんは舌禍の常習ですし、茂木さんは選対委員長を務めた7月の参院選で、身体検査に失敗して候補者選定を混乱させた張本人。調整はおろか、ヘタをすれば党内がグチャグチャになりかねない。石破さんが体を張って止めると言っているのも不穏です」(永田…

二階俊博自民党幹事長

安倍内閣の無能・無名大臣を裸にする

党より派閥優先も…二階俊博幹事長の子分はお騒がせ続き

小泉進次郎まで応援に投入したのに勝てなかったことで、王国は落日。衆院の地盤の三男への世襲に黄信号がともったと囁かれた。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事