日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「黒田博樹 引退」に関する記事

すがすがしい語り口だった

“今季で最後”随所に 広島・黒田の引退をチームメイト語る

引退を本当に考え始めたのは9月過ぎでした」 18日、広島の黒田博樹(41)が引退を発表、広島市内で会見を行った。昨オフも引退を検討したが、複数の後輩選手から「ぜひ、来年も一緒にプレーしてください」と直談判されたことなどもあり、現役続行を決意。プロ20年目の今季は7年連続となる2ケタ勝利をマーク。25年ぶりのリーグ優勝に貢献したが、慢性的な右肩、首の痛みを抱え、昨年以…

男気があるだけに予断を許さない

10勝目前も痛恨の連続負け投手 広島黒田に「電撃引退」急浮上

昨23日のヤクルト戦で今季8敗目(9勝)を喫した黒田博樹(40)の去就についてだ。あと1勝して勝ち星が2ケタに届いたとしても、「電撃引退」する可能性が浮上しているのである。 黒田は昨オフ、年俸10億円以上でメジャーに残留できたにもかかわらず、古巣・広島に復帰。その際、目標を「2ケタ勝利」に設定したうえで、「それができなければ、(現役生活に)区切りをつけないといけない…

食うには困らないほど稼いだが…

メジャーでは多種多様 引退の黒田が見据える2ndキャリア

「リーグ優勝することができたし、満足いく野球人生だったと思う」 今季限りで引退した広島の黒田博樹(41)が4日、マツダスタジアムで会見、報道陣にこう言った。 今後は未定。「とりあえず野球から離れ、ゆっくりしたい」と、自宅のある米国のロスで骨休めをするようだ。「(将来は)日本とアメリカで20年もプレーさせてもらったので、さまざまな人に還元できるようなことがあれば還元し…

思わぬ“副産物”が…

カープに“6億円争奪戦”勃発 黒田引退でナインさらに奮起

日本シリーズ直前に今季限りでの引退を発表した広島の黒田博樹(41)は、25日の第3戦に先発することが決定。黒田は「残っているのは2チームだけ。お互いいいシリーズにできれば」と、意気込んだ。 黒田は15年に広島に復帰してからの2年間、多くの後輩選手に惜しみなく助言を送ってきた。精神的支柱としてチームを牽引した偉大なる先輩の引退発表に、「黒田さんの花道を飾るためにも、…

日米500試合登板も勝利ならず

最短KOで今季5敗目 「10勝ノルマ」広島・黒田の“引退確率”

広島の黒田博樹(40)が日米通算500試合目の登板を果たした11日のヤクルト戦で5回5失点KO。初回に先制点を許すと、二回には先頭の大引に右越えソロを浴びた。今季2本塁打の大引に140キロのカットボールを逆方向へ運ばれたのは威力もキレも欠いた証拠。五回には山田に25号3ランを左翼スタンドに運ばれ、この回限りでマウンドを降りた。5失点は5月1日のヤクルト戦以来となる…

近日中に自宅のある米国に戻る予定の黒田

広島監督は何年先? 引退の黒田を待つ悠々自適の米国生活

昨季、日米通算200勝を達成し、現役を引退した元広島の黒田博樹氏(41)が登板。最速134キロをマークした右腕は、同僚だった広島の新井貴浩をストレートで遊ゴロに打ち取り、「新井だけには打たれたくなかった。気持ちよく投げられた」と、笑顔だった。 黒田氏は近日中に日本を離れ、自宅のある米国に戻る予定という。引退直後から「少しゆっくりしたい」と話しているだけに、ユニホーム…

黒田は日本シリーズ第3戦に先発

第3戦先発で見納め? 広島・黒田が漏らしていた引退後

「黒田は来年、コーチで残るのかね? 残って欲しいけど、家族はロスにいるんだもんな……」 25日に敵地・札幌ドームでの日本シリーズ第3戦に先発する黒田博樹(41)の今後について、広島ファンの関心が高まっている。 黒田本人は引退会見の席上、来年以降については日本シリーズが控えていることから、多くを語っていない。メジャーの年俸20億円の巨額提示を蹴って、14年オフに古巣復…

黒田の勇姿は見納めなのか

200勝とカープ優勝が花道…黒田“今季限り引退”に現実味

「200勝してチームが優勝したら、潔くユニホームを脱ぐんじゃないか……」 広島の黒田博樹(41)について、チーム周辺ではこんな話が出ている。 大記録をかけて臨んだ昨6日の中日戦は「高めに浮いた球をきっちり捉えられた」と話した通り、6回3失点で降板。野茂英雄に続いて2人目となる「日米通算200勝」は持ち越しとなったが、“記録達成”は時間の問題。気になるのはやはり、黒田…

None

New York メディアとファンの正体

NYでの黒田の評価がうなぎ登り

そんな中、孤軍奮闘しているのがヤンキース3年目の黒田博樹(39)だ。黒田は、日本時間4日のレッドソックス戦でも7回1失点と好投して10勝目(8敗)を挙げた。日本人初の快挙となる5年連続2ケタ勝利を記録した黒田は、ヤンキースの開幕ローテーションの中でただひとり、休みなく投げ続けている大黒柱だ。 しかし、黒田のパフォーマンスが地元メディアに「真のエース」として取り上げ…

10月25日の登板が最後となった

黒田博樹 男気の真実

「野球が楽しいと思ったことは中学生あたりからない」

日本シリーズ第6戦、札幌の「寿司職人」、レアードが八回表に満塁弾を打った瞬間、黒田博樹がマウンドに立つチャンスは永遠に失われてしまった。 広島、敗れる。 誰もが、当の日本ハムファンでさえ、最終戦で「黒田対大谷」の夢の対戦が実現することを望んでいたのだが――。最後の晴れ姿を披露することなく黒田はグラウンドから去った。 1997年に広島に入団し、メジャー生活も含めれば丸…

クールダウンが必要(写真は黒田博樹)

権藤博の流儀

現役続行か引退かで揺れる広島のエース

が、メジャーから8年ぶりに広島へ復帰した黒田博樹(40)を見ると、必ずしもそうでないことが分かる。注目の復帰1年目の今季は11勝8敗、防御率2・55。先発投手として十分に責任を果たしながら、本人はいまだ自身の去就を明らかにしていない。現役続行か、引退か。悩み揺れる胸中を「今年は野球人生でも最高のモチベーションで入った。これを超えるものを探すのは難しい」と吐露してい…

2月で40歳/(C)AP

「野村監督辞任」は広島からヤンキース黒田への“ラブコール”

続けて口にしたのが、ヤンキース黒田博樹(39)の復帰計画だ。 黒田は今季11勝9敗、防御率3・71と今季も先発ローテーション投手としての役割を果たしたが、ヤンキースとの契約延長は微妙な状況。ジラルディ監督は「投手陣最高齢だが、安定感はナンバーワン。来季も十分にできる」とラブコールを送り、キャッシュマンGMも「クロダとの残留交渉はオフの優先事項の1つ」としているものの…

チームメートと抱き合うジータ―/(C)AP

今季で引退のジーター 本拠地最終戦は“できすぎ”サヨナラ打

なお、この試合で先発した黒田博樹(39)は8回を3安打2失点と好投。本拠地最終戦をもり立てたが、12勝目(9敗)はならなかった。 ▽ジーターのコメント 「今日はどんなプレーをしたのか覚えていない。最初の打席もひじ当てを忘れたし。(ファンは)『サンキュー、デレク』と言ってくれたけど、自分は自分の仕事をしてきただけ。ここ数週間は変な気持ちだった。これまで楽しい日々でし…

マウンドに別れを告げた

黒田博樹 男気の真実

麦わら帽子かぶり釣り フロリダで見せた穏やかな笑顔

その日、黒田博樹はのんびりと釣り糸を垂らしていた。挨拶をすると、笑顔で返答してくれたのが昨日のことのように思い出される。 彼がヤンキースに移籍した2012年2月のこと、話を聞くためにキャンプ地のフロリダ州タンパを訪れた。 キャンプ期間中、日本のプロ野球の球団は全員がホテルに泊まるが、メジャーの場合は選手たちが期間貸しの家に住む。 ヤンキースが手配した家には庭があり、…

広島の25年ぶりリーグ制覇に貢献

広島で3人目 男気・黒田の「15」永久欠番は“監督手形”か

今季限りでの引退を表明した黒田博樹(41)の背番号「15」が、広島の永久欠番になることになった。球団幹部が一部メディアに「苦難の歴史と優勝を経験した黒田が、(広島に復帰して)お金以外の価値観があるという一石を投じてくれた」と話したという。 広島の永久欠番は、ともに1970~80年代に活躍した山本浩二氏の「8」、衣笠祥雄氏の「3」に続く3例目。日本一を逃した男気エース…

再びマウンドに戻ってきた黒田だが…

球団本部長らに聞く 広島「黒田監督誕生」は14年先?

あっち(米国)に家族がいるし、しばらくゆっくりしたいみたいだから」 去る18日に引退会見を行い、昨25日の日本ハムとの日本シリーズ第3戦に先発した広島の黒田博樹(41)。引退会見に同席した鈴木清明球団本部長(62)を試合前の札幌ドームで直撃すると、来季の入閣は否定した。 20億円ともいわれるメジャーからのオファーを蹴って広島に復帰して2年。「男気」旋風を巻き起こし、…

日米200勝はまたお預けになったが…

広島・黒田の来季残留 球団の“切り札”は10億円と新井貴浩

広島の黒田博樹(41)が13日、前半戦最終戦の巨人戦に先発。七回途中6失点で降板し、5敗目(6勝)を喫した。前回6日も6回3失点で足踏み。大記録達成は後半戦に持ち越しとなった。 現役か引退か――。昨季終了後、黒田は悩んだ。11月の終わり、「野球人生最高のモチベーションで(米国から)帰ってきたし、1年を終えて燃え尽きた思いがある」と発言。進退を保留したまま、なかなか気…

チームを引っ張る黒田

予定通りG戦に先発も 黒田の“男気”に広島球団ビビる理由

9日の阪神戦で左アキレス腱上部に打球を当て緊急降板した広島の黒田博樹(41)が、予定通り中6日で巨人戦(16日)に先発することになった。 黒田はここまで3試合に先発し、2勝0敗、防御率1・35はリーグ3位の成績。エースの前田健太(28)が抜けた今季、開幕からベテラン右腕がチームを引っ張っている。 集客面でも貢献度は計り知れない。黒田が広島に復帰した昨季、広島は球団…

黒田は球界最高年俸に

黒田が契約更改 「広島での優勝」にこだわり現役続行決意

「想像以上に評価をしていただいた」 17日に広島の黒田博樹(40)が契約更改し、今季4億円から2億円増となる6億円プラス出来高でサイン。昨オフ、メジャーの16億円オファーを蹴って広島に復帰。11勝8敗、防御率2.55の成績以上に、観客動員が今季過去最高の211万人を記録するなど大フィーバーしたのは“黒田効果”のたまものだろう。 これで来季の球界最高年俸となっただけで…

ネックは体の問題か…

引退か現役続行か…広島・黒田が決断できない本当の理由

来季の去就をいまだ決めかねている広島の黒田博樹(40)。11月30日には松原徹選手会事務局長(享年58)を偲ぶ会に出席し、報道陣に「今年は最高のモチベーションで(米国から)帰ってきた。燃え尽きたという気持ちが強い。心技体で体を動かすのも心。今年を超えるモチベーションを探さないと……」と、悩める心境を吐露している。 今季は年俸21億円ともいわれるメジャーからのオファ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事